手作りピザ(オーブン要らずで、石窯に迫る味)


このページは、現在編集中です
自分でピザ生地とトマトソースを作り、とある方法で焼いてみたら、非常に美味しかったので、定番レシピのランキング上位として暫定的にあげています

ピザ・手作り

画像のピザは、わたしが初めて焼いたピザです
始めて作ったにしては、おいしそうに焼けましたし、味も申し分ありませんでした

具材はとてもシンプルで、手作りのトマトソースとチーズのみ、生地は粉から作った手作りです

何の変哲もないシンプルなピザですが、とてもおいしそうに焼けているでしょう?
家庭で焼いたものですが、石窯で焼いたように、美味しそうな焦げ目が付いています

通常、家庭でピザを焼く場合は、オーブンを使いますが(もしくは、魚焼きグリル)、オーブンではどうしても、石窯のような高温にすることができず、おいしそうな焦げ目がつきません

ピザを焼くのに最適な石窯の温度は、400度以上と言われています
一方、家庭用オーブンの最高温度はおおよそ230~250度程度です
(製菓用やパン焼きに特化したオーブンですと、最高温度300度を超える製品もありますが、あまり一般的ではなく、しかも高価です)

結局のところ、家庭でピザを焼く場合には、高温で一気に焼き上げることが難しいため、低い温度となってしまい、その分長く加熱することになります
そのため、パリッとした焼き上がりや、香ばしい焦げ目が出せないのです

このページでは、家庭でできる、高温で香ばしい焦げ目の付く焼き方を紹介します

ピザ・手作り
ピザを焼く前の状態

家庭で石窯焼のようなピザを焼く方法

鉄のフライパンと、クッキング用バーナーを使って、上下から過熱します
こうすることで、オーブンや魚焼き用グリルでは真似のできない高温で、一気に焼き上げることができます

焦げ目の付け方も思いのままです

「鉄のフライパン」と指定したのは、テフロン加工(フッ素樹脂)のフライパンですと、高温に耐えられないからです
フッ素樹脂の耐熱温度は260度前後ですので、バーナーで直火を当てると熱による分解が始まり、有害なガスが発生します
そのため高温に耐えられる、タフな鉄製のフライパンが望ましいのです
スキレットのように、柄まですべて鉄でできているフライパンが良いです(プラスチック部分が溶けかねないので)


ピザ・手作り
モッツアレラチーズとピリ辛ソーセージのピザ

ピザ・トマトソース
手作りトマトソース

ピザ生地・手作り
ピザ生地(発酵前)

ピザ生地・発酵
ピザ生地(発酵後)

ピザ生地・手作り
ピザ生地(伸ばしてクラストにする前の状態)

このページは、加筆修正中です
詳細なレシピや、調理手順は、おいおいアップする予定です


レシピ一覧に戻る