トマトと玉ねぎのマリネサラダ


シンプルなおいしさ! トマトと玉ねぎのマリネサラダ

葉物野菜がなくてもサラダは作れるのです
玉ねぎは日持ちするし、トマトもそこそこ持つので、材料の使い回しもしやすいです

サラダの材料

トマト中:1個 160g 
玉ねぎ中:1/4個 60g 

シンプルに、これだけです

ドレッシング

 オリーブオイル 大さじ1.5(15g)
 レモン汁 大さじ0.5(6g)(レモンが無い場合は、酢を1.5倍にする)
 酢 大さじ1 (14g)
 塩 1g (2.5~3つまみ)
 砂糖 1g

オリーブオイルとビネガーのシンプルなドレッシングに、レモン汁を加えています
ポッカレモン100は、レモン果汁100%なので、わたしはそれで代用しています

重量で測る場合は、オイル15g→ レモン汁(+6g)21g→酢(+14g)35g
 ・・・です

香り高く仕上げたい場合は、スパイスを加えましょう

 粗挽き胡椒 少々
 バジル少々(できれば加えたい)
 オレガノ少々(あれば足してね)

スパイスを加えなくても、充分おいしいけど、加えると香りが引き立つよ!

作り方:トマトと玉ねぎのマリネサラダ

(サラダボウルのみで作る、ズボラな作り方版)
サラダの器に、ドレッシングの材料をすべて投入、よく混ぜる
玉ねぎをみじん切りにするして、器に投入し、再びよく混ぜる
(こうすることで、ドレッシングの乳化が進み、とろみもついて、いい塩梅になります)
トマトをくし切りにして、器に投入、混ぜて絡ませます
すこし寝かせたらできあがり(寝かせずにすぐ食べると、玉ねぎが辛いよ!すこし待ってね!)
お好みで、スパイスを振っていただきましょう!


ポイント:
寝かせるのは、15分~30分ほどで充分です(短時間だと玉ねぎ辛め、長時間だと玉ねぎ甘めに仕上がります)
冷蔵庫で寝かせてもいいけど、あまり冷やしすぎると味が死んでしまうので、そこそこにしましょう
(冷たさが先に立って、トマトの甘味などが感じられにくくなり、やわらかな味の膨らみがなくなります))
玉ねぎはみじん切りの状態で少量を食べてみて、辛味を確認します
辛味が強ければ水に晒します、辛味が弱ければそのままでも構いません(わたしはほとんど水晒しせずに、ダイレクトに使っています)

できればよく切れる包丁で作りましょう。トマトや玉ねぎの組織を潰さずに作るとフレッシュに仕上がります



用途とか、おすすめの機会とか

トマトも玉ねぎも常温保管が効くので、キャンプや山食に使えます、災害時もOK
スポーツをして汗をかいた後に食べると、非常においしく感じます
スープジャーに入れれば冷たいまま持ち歩けるし、トマトを小さめに切れば、魔法瓶にも入れて保管できます(タッパーと保冷剤でもいいけど)
個人的には、作り置きして登山に持っていったり、マラソンやマラニックなどのレース後に食べる用として準備しておきたい料理です
特にマラソンなどは、エイドで出るのは甘いものが多いので、レース後にこのような酸味のある食べ物を食べると、本当に生き返る心地がします
 

レシピ一覧に戻る