ダマスカス包丁のデメリット 3


ダマスカス模様は、消えることもある

3.ダマスカス模様の耐久性

ダマスカス鋼材の模様は、薄い黒色酸化皮膜によって形成されています(模様のコントラストが強いものは、この酸洗処理によるものが多いです)

この酸化被膜は、金属表面に設けられた「薄膜」でしかありませんので、鋼材本来の色ではありません。当然ながら、硬いものに当ててしまうと、酸化皮膜が削り取られ、下から地金の銀白色が露出します

硬度差を利用してブラスト処理で模様を出している場合は、表面の微細な凹凸の違いによって積層模様を浮き立たせているため、ある程度の耐久性はありますが、あくまでも程度の差であり、砥石を当てるなどして表面の凹凸を削り取ったり、傷が入ってきたりすると、模様がわかリにくくなります

ダマスカス包丁の側面に錆が浮いたので、研磨剤で磨いたら模様も消えた。」とか、「砥石で研いだら研ぎ傷が付いたので、サンドペーパーで磨いたら模様がわからなくなった。」ということは、ダマスカス包丁購入者には結構ありがちです

「自分でダマスカス模様を復活させようとして、酸洗処理(エッチング)をするため、強酸性の液体に包丁ごと放り込んだ結果、柄の木材が侵されてしまい、包丁として使いなくなった。」という笑えない話もあったりします

ダマスカス模様が薄くなってしまった場合、ダメ元でスーパーブルーなどの黒染薬品や、塩化第二鉄溶液を使ってみるのもありかもしれませんが、薬品の取り扱いも含めて、エッチング処理に習熟している方でなければ、おすすめできるものではありません
そもそも、高価なダマスカス包丁に対して、経験のない個人が、ダメ元で酸蝕処理をかけるというのは、リスクが大きすぎます

包丁は実用品ですので、使用に伴って刃は丸くなりますし、側面にも傷が入ってくるものです
ダマスカス模様自体は、主に装飾目的で施されているのものですが、傷か入りやすい部分に装飾があるというのはどういうことなのか、よく理解した上で購入に踏み切らなければ、後々後悔することになりかねません

このように、ダマスカス模様は、美麗な外観が最大のセールスポイントであるにもかかわらず、模様の耐久性が高くはなく、取り扱いによっては、模様が薄くなったり目立たなくなったりすることもある
  …というのが、3つ目のデメリットです

ちなみに大手包丁メーカーである「藤次郎」では、自社製品に限り「ダマスカス模様出し」を行っています
このようなアフターサービスが提供されているところからも、「ダマスカス模様が消えて困っている」というケースが一定量あることが伺えます(ちなみに藤次郎のダマスカスは、ブラスト処理です)

また、ダマスカス模様に似た外観を持つものとして、『墨流し』が挙げられますが、墨流しをダマスカスと呼ぶのは、和の伝統打刃物を作っている方々に失礼だと思いますので、ここでは別物として考えます

墨流しも積層構造を持つため、似たところもあるのですが、切刃鋼材が側面にも積層されているところや、ステンレス系の素材ではない点が大きく異なります
墨流しは、炭素鋼と軟鉄を何層にも重ねて鍛接鍛造したものであり、砥石を当てても模様が消えることはありません。ですが、美しいコントラストを引き出すためには、「内曇り砥石」など、砥石の選択も重要になりますので、これはこれで専門家の領域になります

前ページ:ダマスカス包丁のデメリット 1~2  次ページ:ダマスカス包丁のデメリット 4



「ダマスカス包丁について」に戻る   包丁・ナイフ・刃物 の目次に戻る