ダマスカス包丁を買わなかった理由


最初は、ダマスカス包丁を買うつもりでした

個人的なことを書きますが、わたしも最初は、「ダマスカス包丁は切れ味も良さそうで、外見も魅力的だし、欲しいなぁ(でも、ちょっと高いなぁ)」 …と思っていました

価格が高い包丁だけに、購入に慎重になり、いろいろと調べているうちに、これまで書いてきたようなダマスカス包丁のデメリットについて、判ってくるようになってきました

包丁は実用品である以上、機能が最優先されるべきであり、外観の美しさは、機能美の結実した結果であって欲しいものです

ダマスカス包丁は、包丁側面を美麗にあしらうために、コストが犠牲になったり、機能が制限されている部分があります

また、包丁は自分で研ぐことにしていますので、研ぎ師さんが歓迎しない包丁、評価しない包丁は敬遠したいところです


ダマスカス包丁を持っている方も沢山おられるでしょうから、このようなことを言うのは申し訳なく思いますが、個人的な感想を正直に言ってしまうと…

「ダマスカス模様」は、消費者の財布の紐を緩くするために、あざとく付けた装飾模様であり、包丁本来の切れ味には影響しない(もしくは制限している部分さえある)…としか思えません

買っても損ではない、けれどもダマスカスは、「お買い得な包丁」ではない

それでもダマスカス模様は魅力的であり、人気の包丁である事もよく理解できます
実際、とてもよく売れている、売れ筋の包丁です
多数のメーカーが、ダマスカス包丁を自社ラインナップに加え、美辞麗句をあげつらってセールスにいそしむありさまです

驚いたことに、歴史ある伝統工芸を標榜する、手打ち鍛造刃物の生産者の方々も、こぞってダマスカス包丁を生産しています(そうでもしないと、生き残れないのでしょう)


話がいらぬ方向に流れてしまいました、ここらで整理してまとめてみましょう

わたしがダマスカス包丁を買わなかった理由は、「これ見よがしの外観重視だから」…です
「外観だけで中身がない」とまでは言いません(切刃はそれなりにいい鋼材を使っています)
ですが、包丁に詳しくなるにつれて、ダマスカス模様が付いているというだけで、真っ先に購入候補から除外するようになりました

そもそも、ダマスカス鋼に似せた積層鋼材を『ダマスカス鋼』と呼んだり、ダマスカス模様をつけた包丁を『ダマスカス包丁』と呼ぶこと自体が、あまりにも安易であり、ともすると消費者を欺いていると批判されかねない行為です。(そもそもあれは、ダマスカス鋼とは全く異なるものなのですから)

そのような、消費者に誤解を与えかねない製品は、購入に値しないと思うのです

長文をお読みいただき、誠にありがとうございました。「ダマスカス包丁について」は、これで終わりです。
この文章が、包丁やナイフなど、刃物に関する生産者と消費者の、双方の利益に寄与することを、切に願います。

 ▲ 前ページ:ダマスカス包丁よりもコスパの良い包丁は?



 人気のダマスカス包丁は、本当におすすめなのか? に戻る

 包丁・ナイフ・刃物 のメインページに戻る