Gerber フィレナイフ


実用的なフィレナイフ


一言インプレ
  • 水場で生きる、握りやすいグリップ
  • シースにシャープナーが付いている
  • ポルトガル製ガーバー


Gerber フィレナイフを使ってみた印象


アウトドアでの釣り&キャンプで、魚をさばくために購入しました
細身で刃の長いフィレナイフは、魚だけではなく、キャンプでの調理全般にも使うことができ、使い勝手が良かったです

滑りにくいゲイターグリップ

グリップの部分が合成ゴムで覆われており、細かな凹凸が付けられていますので、水に濡れた手で扱っても滑りにくく、使いやすいです
釣り上げた魚をさばく際は、内臓を抜いたりエラを取ったりするため、手がヌルヌルしたり、鱗が付着したりしてナイフが滑りやすいですが、このグリップはなかなかできが良く、悪条件でも滑りにくくできています

手がも時は、刃付は、必要にして充分であり、極端に高いレベルを求めない限り、箱出しでそのまま使えます

一体型はメンテナンスが楽


友達は、大ぶりのオピネルのフィレナイフを持っていましたが、こちらのほうが実用的でありました
折りたたみタイプではありませんので、収納時の長さがかさばりますが、柄が木製のオピネルと違って水分を含まないので、ナイフ全体を水に浸けて洗うことができて良いのです




Gerber フィレナイフ 諸元


  • 鋼材:420HC ステンレス刃物用鋼材
  • 柄:ガラス繊維入りナイロン ゲイターグリップ加工
  • シース:ベルトループ、シャープナー付 シース重量39g
  • サイズ:全長18cm ブレードの長さ15.5cm 刃渡り14.5cm 刃厚1mm 重量83+39=122g