包丁の樹脂ハンドルは、どれも同じではない


ヘンケルス

樹脂ハンドルは、どれも同じではない

樹脂ハンドルは、どれも同じだと思ってはいけません。素材によって特製が異なります
安っぽいプラ材、高級感を醸し出せるエンジニアリングプラスチックなど、さまざまです

公式ページの商品画像は、プロのカメラマンが撮影しているため、どの包丁も魅力的な質感に写っていますが、実際の包丁を家庭で使い込むと、見た目の違いが如実に現れてきます

まずは、ヘンケルスがハンドルに使用してる樹脂素材を一覧表にしてみましょう

モデル名 ハンドル素材
ロストフライ POM樹脂
ベルリン ABS樹脂
HIスタイル エリート
セーフグリップ サントプレン
HIスタイル PP樹脂
ケルン

この中でおすすめできる樹脂素材は、POM樹脂(ポリアセタール)とABS樹脂、そしてサントプレンです

はっきり言ってしまうと、PP樹脂(ポリプロピレン)は、あまりおすすめではありません

PP樹脂(ポリプロピレン)が、おすすめではない理由

ポリプロピレンは、分類すると汎用の結晶性樹脂に相当します
身近な使用例としては、ビールケースや自動車の内外装用黒色樹脂パーツが挙げられます
この素材は、紫外線の影響などによって表面の艶が失われ、徐々に白く粉を吹いたようになってきます

このように、ポリプロピレンは耐候性に優れておらず、長期間使用していると外見の「やれ」が目立つようになり、非常に安っぽく見えてくるプラスチックです

また、POM樹脂やABS樹脂に比べると、硬度や耐摩耗性も低いため、比較的傷が入りやすい素材でもあります
そのため、新品の時はさほどでもありませんが、使うにつれて「プラスチック感」が露呈し、「安物感」が出てしまいやすい樹脂素材と言えます

100均の包丁(ダイソーのGalaxy万能包丁)も、樹脂ハンドルですが、これにもPP樹脂が使用されています
なぜPP樹脂を使用するかと言うと、材料コストが安いからにほかなりません

会社の給湯室や町内会の集会所など、「予算がないので、とにかく低価格で!」という場合には良いですが、家庭で使う分には、おすすめしにくいハンドルです

そのため、今回の「ヘンケルスおすすめ包丁ランキング」でも、PP樹脂を採用している「ケルン」と「HIスタイル」は、どちらも低評価・低順位となっています

ABS樹脂は、耐摩耗性と強度に強く、耐久性のあるプラスチック

「ベルリン」と「HIスタイルエリート」に使用されているABS樹脂は、一定の機械強度があり、光沢のある表面に仕上げることができるため、家電製品の外装パーツに多用されています

家電製品のリモコンは、このABS樹脂製がほとんどです。ちなみに、LEGOブロックもABS樹脂でできています
ABS樹脂は、本来は「アクリロニトリルブタジエンスチレン共重合合成樹脂」なのですが、名称が長すぎるため、ABS樹脂と略称で呼ばれています

POM樹脂は、5大汎用エンジニアリングプラスチックのひとつ

一方、「ロストフライ」に使用されているPOM樹脂は、エンジニアリングプラスチックの代表格のひとつです
割れにくて削れにくく、自己潤滑性も持っているため、歯車や軸受けなどの動力伝達部品にも使用されます
耐摩耗性に優れているため、リコーダーや自動車のシフトノブなどにも使われています
POM樹脂は、正しくは「ポリアセタール」、もしくは「ポリオキシメチレン」です
「ジュラコン」という商品名(商標)が有名になってしまったため、POM樹脂を指して「ジュラコン」と呼ぶ場合も多いです


POM樹脂とABS樹脂は、どちらがおすすめ?

さてこの、ABS樹脂とPOM樹脂ですが、包丁のハンドルとしての適性を考えると、POM樹脂の方がおすすめです

POM樹脂はプラスチック特有のカスカスした感じがなく、一定の弾性があるため、しっとりした触感と艶感を出すことができます (表面をどのようなテクスチャーに仕上げるかにもよります)
端的に言ってしまうと、プラスチックではあるものの、それなりに品位のある高級感を出せるのが、このPOM樹脂なのです

残念ながらPOM樹脂ハンドルの包丁は、(ヘンケルスでは)ロストフライしかありませんが、上位ブランドであるツヴィリングでは定番のハンドル素材として多用されています

例を挙げると「アーク」、「ツインプロHB」などの定番包丁、さらには、ル・コルドン・ブルー共同開発の「ツヴィリング ディプロム」もPOM樹脂ハンドルです

ビクトリノックスでは、高級包丁である「グランメートル」のハンドルにPOM樹脂が採用されています

包丁のハンドルに使うプラ素材としては、PP(ポリプロピレン)よりもABSが、そしてABSよりもPOM(ポリアセタール)樹脂の方が、おすすめです

サントプレン樹脂とは?

サントプレンは、分類すると「オレフィン系エラストマー樹脂」にあたります
ムチムチとした張りのある弾力を持った素材です
樹脂ではありますが、プラスチックというよりもゴムに近い素材です

セーフグリップ
「セーフグリップ」(上の画像の包丁)に使用されているサントプレンは、コルクと同程度の硬さがあり、爪を押し当てるとわずかに凹みます(腰のない柔らかさではありません)

POM樹脂やABS樹脂のように、硬度のあるカチッとした素材ではありませんので、一律に比較はできませんが、濡れても滑りにくく、安定した握り心地を得られるため、おすすめの素材の一つです

ただ、外観や質感は硬質ゴムに近いものがありますので、高級感という面では分が悪いことも否めません
(上の画像は、我が家にある2年半使った状態のセーフグリップです。きれいな状態を保っているのは、研ぐ度に丁寧に洗浄しているためです)

ヘンケルスの包丁で、木製ハンドルはないのか?

木製(積層強化木)のハンドルは、ヘンケルスにはありません
樹脂グリップと、ステンレスグリップの2種類しかありません

ヘンケルスも、昔は積層強化木ハンドルの包丁を作っていましたが、「機能、生産性、コスト等を総合的に考えた場合、ハンドル素材は樹脂を使用するべき」だと判断したのでしょう
積層強化木ハンドルの包丁は、製造されなくなってしまいました

このように、西洋系の刃物会社は、高級な包丁でも樹脂ハンドルを採用するのがトレンドとなっています(趣味性の高い製品は除きます)

一方で日本の包丁メーカーは、低価格帯の包丁は樹脂ハンドル、中級・高級包丁は積層強化木ハンドルと、相場が決まっています

このあたりは、素材に対する考え方の、国民性の違いとでも言うべきでしょう

樹脂素材は、耐久性や耐水性など、包丁のハンドルに要求される性能では全く問題ない水準に達しています
素材としての性能や合理性だけを考えれば、(安物のプラ素材を除けば)「樹脂ハンドルがベスト」とも言えるのです
ですが、日本の消費者は「プラスチックは安っぽい」と捉える傾向があり、「木質感」を高く評価する傾向にあります
(そのため、国内メーカーは積層強化木をやめることができずにいます)

ヘンケルスも、ある程度日本のマーケットに合わせて商品開発をしているのですが、ことハンドルに関しては、ドイツの合理性を優先させているもようです


おすすめの包丁(外観より切れ味重視でランキング)

家庭用のおすすめ包丁(安い価格で、最良の切れ味を)

ダマスカス包丁について(本当におすすめ?)

包丁のトップページ に戻る

ヘンケルス包丁の選び方(全モデル解説) 目次

  1. ヘンケルス包丁の選び方 - 鋼材で選ぶ必要はない
  2. ヘンケルスの鋼材 - 特殊ステンレス刃物鋼とは?
  3. 樹脂ハンドルは、どれも同じではない
  4. ケルン - (第6位)安っぽいPPハンドル
  5. HIスタイル エリート - (第5位)コスパ悪すぎ
  6. HIスタイル - (第4位)変なハンドル
  7. セーフグリップ - (第3位)滑りにくいムチムチ素材
  8. ベルリン - (第2位)ヘンケルスらしい
  9. ロストフライ - (第1位)定番ロングセラー
  10. 結論1(樹脂ハンドル) - ヘンケルスおすすめ包丁ランキング
  11. ケルンM(第4位) - すべてがパッとしない
  12. HIユニティ デイリー - (第3位)ツルピカ溝付で良いのか?
  13. ミラノα(第2位)弱点が少ない
  14. MODERNIST - (第1位)国内販売が望まれる
  15. 結論2(オールステンレス) - ヘンケルスおすすめ包丁ランキング