Henckels セーフグリップ 小包丁


軽く小さく握りやすい = 使いやすい


一言インプレ
  • 小さく、握りやすく、取り回しやすい、
  • 高齢者が持つべき包丁、ひとり暮らしにも良い
  • もっと評価されるべき、サンプトレングリップ
  • 研ぎやすく、刃付けしやすい硬度
  • こんなに安くてよいのか? 素晴らしいコストパフォーマンス

ヘンケルス セーフグリップ包丁

Henckels セーフグリップ 小包丁を使ってみた印象

刃付の精度

安い包丁なのであまり期待していなかったものの、結構精緻な刃付をしています
中国製との表示がありますが、品質管理がしっかりしているのか、特に目立つような仕上げの荒さも感じられず、こと切れ味に関しては、最終刃付を日本国内の大手刃物会社に委託しているのではないかと、そう思わせるような刃に仕上がっています

ヘンケルスのセーフグリップは、はっきり言ってしまうと低価格帯の包丁ではありますが、それでもこれだけの刃に仕上げていることに驚かされます
極端に高いレベルを求めない限り、箱出しでそのまま使うことができます

Henckels セーフグリップ

サンプトレングリップは握りやすい

サンプトレンというのは、エクソンモービルが商標を保持している、オレフィン系エラストマー樹脂です
固さと弾力を併せ持った樹脂で、力をかけるのに充分な固さはあるものの、爪を押し当てるとわずかに凹む適度な弾力性があり、握り心地が非常に良好です
特に、水に濡れた手で握っても滑りにくいところが素晴らしく、積層強化木や、金属製の一体中空柄(モナカハンドル)ではどうしても真似のできないところです

樹脂ハンドルというのは、高級感が出しにくいため、廉価な包丁で使用されることが多いですが、見かけの高級感よりも、実際の使い勝手を重視するのであれば、非常に優秀な素材です

また、グリップ形状はどちらかというと細身に仕上げられており、手の大きな人は小さめに感じるかもしれません。逆に言うと、女性や手の小さい方にとっては、とても使いやすいハンドルに仕上がっています

サンプトレングリップ
補足:食洗機には入れないように注意書きがありますが、おそらくこれは、エラストマー樹脂の熱可塑性を考慮してのものでしょう。熱いものに接すると柔らかくなって変形する恐れがあります(熱湯消毒に不向きですので、食品工場などでの使用には適さないかもしれませんが、家庭内一般用途としては、まったく問題ないと思います)

高齢者や女性にこそおすすめしたい、軽重量と持ちやすさ

包丁の重量が軽く、手の負担になりません。これは大きなメリットです

76gという重量はペティナイフ並に軽く、超軽量の部類に入ります(三徳包丁なら150~170g程度、小三徳包丁でも120g前後の重量が一般的です)

この軽重量とグリップの良さがあいまって、握力が低めの高齢者なら「これ一択」と推したくなるような、使い勝手の良さがあります(実際にこの包丁は、家人の高齢者のために購入しました)
手のサイズが小さめの女性や、「包丁が重い」と思ったことのある人も同様に、非常に使いやすく感じると思います

高齢になると、手指の油分が失われて乾燥しがちになり、物を掴んでも落としやすくなります
また、年齢を経るに従って、指先の器用さも少しずつ失われていくため、包丁には、「軽く、握りやすく、滑りにくい」ことが強く求められます。
流行りの金属製モナカグリップは、見た目が格好良いのですが、水濡れ時に滑りやすく、高齢者にはおすすめすることができません
お年を召した方には、握りやすくて摩擦係数の高い素材を使用した、セーフグリップのような包丁がおすすめできます

軽い包丁 ヘンケルス セーフグリップ

小包丁(小三徳包丁)は、小さなキッチンでも使いやすく、ひとり暮らしにぴったり

一般的な三徳包丁は165mm程度の刃渡りがありますが、この包丁は「小三徳」ですので、140mmとやや小ぶりです
三徳包丁に比べて、長さが25mmだけ短いのですが、その分取り回しが良く、一人暮らしのワンルームキッチンにはジャストサイズです

家族が大人数のため、キャベツやカボチャを常に丸ごと買うような方には向かないかもしれませんが、カット済みの食材を買う機会の多い方なら、このような小さめの包丁のほうが使い良いと思います
『小さく・軽い』というのは、どうしても安っぽく見られがちですが、見た目にとらわれず、道具としての機能で考えると、1~2人程度の食事を用意するための家庭用包丁としては、極めて実用的です

小三徳と三徳包丁
上は通常サイズの三徳包丁(関孫六10000CL)、下の小包丁(小三徳)と比べて、刃渡りが25ミリ大きくなっています
ヘンケルスのセーフグリップシリーズには、この小三徳以外にも、ペティナイフや三徳包丁、牛刀などもラインナップされています

刃物としてどうなのか?鋼材は?

ヘンケルスの包丁は、通常『X50CrMoV15』という刃物鋼材が使用されており、セーフグリップの鋼材もおそらく『X50CrMoV15』ではないかと思われます

『X50CrMoV15』は、硬度もHRCスケールで56~54程度ですから、普通に使う分には、最も使いやすい硬度だと思います。HRC60以上の高硬度鋼材と比較すると、刃こぼれもしにくく、研ぎやすいため、(刃物マニアや料理人の方を除いて考えれば)こういった適度な固さの包丁のほうが、よほど使いやすいのではないかと思います
砥石でしっかり研ぎ上げれば、家庭用包丁としては申し分ない刃が付きますし、簡易シャープナーでも刃をリフレッシュしやすいので、砥石を持っていない方でも扱いやすいでしょう

ヘンケルスの刃物鋼材

非常にコスパが高い理由は?

安物の鋼材を使用しているからではありません。前述のように刃物鋼材には充分なクオリティのものが採用されています
コストパフォーマンスが高い最大の理由は、樹脂製グリップを採用しているからです
樹脂製にするおかげで、コストがかかる口金と柄の加工を行う必要がなくなりますので、その分商品価格を抑えられるというわけです

包丁の口金は、一体型の場合は、溶接後に切削研磨して継ぎ目のないように仕上げねばなりません
よりコストのかからない『合わせ口金』の場合でも、峰や柄との間に段差が生じないように、それなりの研磨工程が必要です(このため、低価格帯の包丁では、コストを抑えるために口金無しのタイプが多いです)

柄も、『本通し』の場合ですと、鋼材と積層強化木をビス止めした上で、継ぎ目が出なくなるまで研磨する必要がありますし、中空金属のモナカハンドルも、高い技術とコストのかかる手法です

一方の樹脂製グリップは、そもそも口金を設ける必要がなく(水分の多い環境下でも腐ることがないため)、複雑な形状も、金型さえ作ってしまえば、射出成形で簡単に作ることが可能です

わたしの持っている刃物の中では、ビクトリノックスのパーリングナイフも樹脂製の柄を採用しており、セーフグリップ包丁と同様に、恐ろしく低廉な価格を実現しています
このグリップはポリアミド樹脂でできており、サンプトレンのような弾力性はありませんが、梨地仕上げのため滑りにくく、側面の微妙な窪みが指にフィットして、非常に使いやすいです




ヘンケルス セーフグリップ 小三徳包丁 諸元


  • 型番:15559-140
  • 鋼材:1.4116(X50CrMoV15) ステンレス刃物用鋼材
  • 柄:サントプレン(オレフィン系熱可塑性エラストマー)
  • サイズ:全体長246mm 刃渡り:140mm 刃厚1.5mm 刃幅38.5mm 重量76g
刃物記事一覧 に戻る