貝印 関孫六10000CL 三徳包丁


仕上げが丁寧 スタイリッシュな高級三徳包丁


一言インプレ
  • 包丁としては高めの価格設定ではあるが、手にして納得の仕上げの良さ
  • 鏡面仕上げの刃面、白木の柄、一体型口金、ゴージャス!
  • 箱出し時の刃付は、かなりの高水準
  • 鋼材の接合部分に、貝印の高い技術力を感じさせる
  • 刃持ちの良さ、研ぎやすさ、耐蝕性など、全体的にバランス良くまとまっている

貝印関孫六10000CL

10000CLを使ってみた印象

刃付の精度

刃付が大変しっかりしており、箱出し状態でそのまま使えます(砥石に当てて、本刃付けをする必要性を感じません)
かなりキレキレの刃が付いておりました

コストのかかった丁寧な仕上げ

安物の包丁は、峰やアゴの部分にバリが残っていたり、角張っていたりして、「鋼材を打ち抜いて作りました」という感じが伝わってくるのですが、この10000CLからは、丁寧に仕上げた高級包丁の質感が伝わってきます

刃の側面の仕上げも、かなりコストがかかっています
大抵の包丁は、研磨をかけてはいるものの、グラインダー跡が残っているのが普通ですが、この10000CLは、仕上げの異なる二種類の鏡面仕上げになっています

下半分は、よく磨かれた鏡面仕上げです
上半分も、一見鏡面に見えますが、よく見ると非常に目の細かい梨地の鏡面になっています(梨地の鏡面とは妙な表現ですが、そうとしか言いようがありません。一体どうやってこの質感を出しているのでしょうか?いずれにせよ、かなりコストのかかった仕上げになっています)


柄の作りも凝っている

柄の部分も、かなり凝った作りになっています

一体型の口金は、刃と口金を溶接した後に、溶接ビードを削り落として作られており、よくある仕上げではありますが、この部分の切削と研磨の仕上げが丁寧であることに驚かされます(金属加工に興味のない方は、なんとも思わないかも知れませんが…)

柄の断面形状については、口金付近は三角形の角を丸めたようになっていますが、柄尻に行くに従って徐々に円形となるように整形されており、握りやすく、手に当たるところもありません
金属製の柄とは異なり、持った時に温かみがあり、気温の低いときに握っても冷たさを感じません

また、木目の入った白木の柄は、白木にニス掛けしただけのようにも見えますが、実はこれ、積層強化木とのことです
強化木というのは、木材にフェノール樹脂を浸透させて作るのですが、これは透明な樹脂でも使用しているのでしょうか?白木の美しさが失われていません
また、積層というのも、普通であれば板状の木材を重ねて積層するものですが、10000CLは、円柱形状と円筒形状を組み合わせているようです(柄の尻を見ると判ります)

このような手のかかった作り込みは、安物の包丁では決して真似のできないものであり、職人による手仕上げ工程によるところが多いでしょう

丁寧に扱い、大切に使っていこうと思いました

コンポジット接合に驚いた

10000CLはコンポジット技術を使用して刃体を作っているそうなのですが、実際に購入するまでは、「一体何のことやら?」と思っていました
貝印の公式画像で見る限りは、接合の合わせ筋が二本あり、一般的な「三枚合わせ」や、「割り込み」とは違うように思えました

実物を観察してわかったのですが、どうやらこの包丁は、峰側(波状の合わせ筋より上部)が、一枚の鋼材でできており、そこに、「3枚合わせ」にした切刃を接合して作っているようです

アゴ部分の断面を見ると、接合跡を横から見られるのですが、接合面が刃の厚みの分しかないことに驚きます
接合面を、アゴから刃先にかけて波状にすることで、接合する長さを稼ぎ、接合強度を増やしているようですが、このような少ない面積で薄い板状の鋼材を接合しているというのには、本当に驚かされます

このコンポジット技術を使用することで、コバルト含有の高価な鋼材を切刃の部分のみに抑えることができ、材料費を抑え、商品としてのコストパフォーマンスを高める事ができるのだと思われますが、作業工程は増えますし、他には類を見ない構造(15000STを除く)ですので、かなり挑戦的な構造だと思います

接合面の強度に自信を持っていなければ、とても製品化することはできず、切れ味に直接的に関与する部分ではないものの、貝印の技術力の高さを感じました


貝印 関孫六 10000CL 三徳包丁 諸元


  • 型番:10000CL AE-5254
  • 鋼材:ステンレスクラッド複合材(切り身/ハイカーボンステンレス刃物鋼、側金/ステンレス)
  • 口金:ステンレススチール柄/積層強化木
  • サイズ:全長295×刃幅45×柄の高さ23mm、刃渡り165mm 刃厚2mm 重量160g(実測148g)


10000CLは、「15000STで培ったコンポジット技術を使って、エレガントなデザインとコストパフォーマンスを追求したモデル」と位置づけられています