ヘッドライト専用クリーナーの弱点と限界


ヘッドライトの黄ばみ取り

このページは、ヘッドライトの黄ばみ取り(くすみ除去)の解説(2ページ目)です

ヘッドライトカバークリーナーの弱点と限界について、
さらに、専用クリーナーでは実現できない3段階磨きなどについて説明します

 ヘッドライトの黄ばみ取り剤のすべて - 目次

  1. ヘッドライト用黄ばみ取り剤の正体 ページ1

    「専用クリーナー」と「液体コンパウンド」は、何が違う?(成分比較)

    液体コンパウンドで充分なのに、なぜ「専用クリーナー」が販売されているのか?

  2. ヘッドライト専用クリーナーの弱点と限界現在のページ

    専用品以外で、代用可能なコンパウンド

    深く削ってきれいに仕上げる - 3段階磨き

    多段階研磨を安く済ませる方法、セット品のコンパウンド

    より大きな研磨力が必要な場合は?

  3. ブルーマジックとピカールはヘッドライト磨きに使えるか? ページ3

    コーティング剤の同梱は決め手になりえるか?

    ネットにはびこるレンズ磨きのガセ情報(と悪い磨き方)

    ヘッドライト黄ばみ取り剤の「まとめ」

ヘッドライト専用クリーナーの弱点と限界

ヘッドライト専用クリーナーの弱点と限界

前のページで解説したように、ヘッドライト専用のくすみ取り剤に使用されている研磨剤は、粒子サイズは、0.7~1ミクロンのものが使用されています
極めて小さい微粒子のため傷が付きません(現実には傷は付いているのですが、肉眼では判別できないのです)
この、超微粒子を使っているというところが、専用研磨剤の弱点であり限界でもあります

研磨剤のサイズが1ミクロン以下であることのメリットは、実質的に傷が付かないことですが、デメリットとしては、粒子が小さすぎて研磨力が低いことが挙げられます

劣化の度合いが軽い場合、このデメリットは顕在化しませんが、劣化が激しい場合やスクラッチ傷が深めに入っている場合は、いくら磨いてもきれいにならない場合があります
劣化が奥深くまで進行している場合、充分に削り取ることができないからです

メーカーとしては、大きなサイズの研磨粒子を使って研磨力を高めることは、技術的には何の問題もないのですが、そうすると逆に、「磨いたらかえって傷がついた!」と、ユーザーから多大なクレームを受けることになりますので、実質的に大きな粒子を使うことができません

このため各社一様に、研磨力は低いことを承知の上で、磨いても(実質的に)傷がつかない1ミクロン以下の研磨粒子を使わざるを得ないのです

これが、ヘッドライト専用黄ばみ除去剤(くすみ取り)の弱点と限界です

専用品以外で、代用可能なコンパウンド

ヘッドライト黄ばみ取り剤の正体が分かったところで、粒子サイズが同等の液体コンパウンドにどのようなものがあるか、具体例を上げてみましょう

0.7~1ミクロンのコンパウンドの例
SOFT99
超鏡面用
9800

1ミクロン
Holts
鏡面仕上げ用
極細リキッド

1ミクロン
ウィルソン
超微粒子
ホワイト車用

0.7ミクロン

これらは、平均粒径が0.7~1ミクロンの液体コンパウンドですので、ヘッドライトの黄ばみ取り専用クリーナーと同等です(もちろん、ボディ(車体)にも使うことができます)
粒度が小さいため、仕上がりの平滑度は良好ですが、引き換えに研磨力が小さく、傷取りには向きません
いわゆる「極細」のコンパウンドに相当します

深く削ってきれいに仕上げる - 3段階磨き

ヘッドライト専用黄ばみ取り剤の弱点と限界を紹介しましたが、それではその弱点を克服するにはどうしたらよいのでしょうか?

それほど難しいことではありません。粒度の大きなもの(番手の小さなもの)から順に磨いていくことで、深く削ってきれいに仕上げることができます

簡単に言うと、粗目→中目→細目と、順番に研磨の目を細かくしていく方法で、金属の鏡面加工などでも使われます(研磨の基本でもあり、「番手を上げる」とも言います)

具体的な番手の上げ方の例

下記、1→2→3の順に磨きます
  1. ブルーマジックで、劣化した層を深めに削り取り
  2. ピカール金属磨きで、表面を整える(目を細かくして、上の番手に繋ぐ)
  3. ウィルソン超微粒子・ホワイト車用で、ツルピカの平滑面にする
123
ブルーマジックピカール金属磨きウイルソン超微粒子
5ミクロン3ミクロン0.7ミクロン

これは、ヘッドライトカバー表面の劣化が激しく、深めの研磨が必要な場合に有効な手法です
劣化が軽微な場合は、「3」のみで充分きれいになります
また、劣化の度合いが中程度で、それほど深く研磨する必要が無いようでしたら、「2→3」のみでも構いません

ここでは確実性を重視して「3段階」にしていますが、必要に応じて「1→3」の2段階にするのもありでしょう
2の工程を省いても、上手に磨いて番手を繋げば問題なく仕上がります(ただし、中間工程を省く分だけ、最終工程の「3」の磨き時間は伸びることになります)

「2」の工程を飛ばす場合は、「3」に移る前に、面圧を落としてやさしく磨き、研磨剤の食い込み量を減らすことで、実際の番手よりも高い状態に仕上げるなど、番手間のつながりを意識した磨き方をしてください(若干ですが上の番手に繋がりやすくなりますし、前工程で付いた傷の目が浅くなりますので、次工程の所要時間が短くなります)

ウィルソン超微粒子には、ホワイト車用(0.7ミクロン)と濃色車用(0.5ミクロン)の2種類があり、若干番手が異なりますが、ここでは0.7ミクロンの方をおすすめします
研磨に要する時間や手間を無視し、仕上がり面の平滑度だけを重視するなら0.5ミクロンに分がありますが、0.7ミクロンの方が下の番手から繋がりやすいからです。これならば、「2」の工程を省いたときでも、1→3と繋がりやすいです
また、粒径で0.2ミクロン程度の差であれば、仕上がりの差異は肉眼ではほぼ判りませんし、上からシリコンやワックスなどのトップコートをかけてあげれば、違いが全く判らなくなるからでもあります

多段階研磨を安く済ませる方法、セット品のコンパウンド

粒度の異なるコンパウンドを別々に購入するのは面倒ですし、それなりに費用がかかってしまいます
そのような場合は、下記のようなコンパウンドのセット品がおすすめです

セット品である分だけ、一つ一つのサイズ(容量)は少なめになりますが、個人使用のレベルであれば量的に問題ありません
ヘッドライトであれば、5台分くらい磨いてもまだ余ると思います

3つの粒子サイズでワイドレンジ対応、コンパウンドのセット品
ホルツ
液体コンパウンドセット
SOFT99
液体コンパウンドセット
SOFT99
コンパウンドトライアルセット
7μ + 1μ + 0.2μ
3μ + 1μ + 1μ以下
15~10μ + 3μ + 1μ

ホルツのコンパウンドセットは、7μ + 1μ + 0.2μですので、順番に使えばワイドレンジな研磨とツルピカな表面平滑度を出すことが可能です(0.2μまで番手を上げる意味があるのかどうか、いささか疑問にも感じますが、「そこまで番手を上げられる」というのは、一つの魅力でもあります)

SOFT99の液体コンパウンドセットは、極細目の粒径が1ミクロン以下となっており、0.7なのか0.5なのかよくわからないところが残念ですが、仮に0.5とした場合には、3μ + 1μ + 0.5μとなり、各番手の開きが少ないため使いやすいです
ホルツ製品ほどワイドレンジではありませんが、逆に確実な仕上がりが期待できます(前の番手で付いた傷が消えないなどの、番手を繋ぐ際の失敗が防止できます)

SOFT99のトライアルコンパウンドセット(チューブ入)は、15~10μ + 3μ + 1μとなっていますので、かなりのワイドレンジです。ここまでいくと、丁寧に時間をかけて順番に研磨していけば、「やや深めのスクラッチ傷でも取れるレベル」です
価格もリーズナブルですので、低費用に抑えたい場合にはもってこいです。また、劣化具合が軽微で深めに研磨する必要がない場合は、番手の低いものを使わずに、3μ→1μの2段階施工でも充分な効力を発揮するでしょう
この商品は液体コンパウンドでなく、チューブ入りの半練りですので、ウェスに薄く塗り広げて使ってください。液体状にした方が使いやすいという場合は、少量の「CRC 556」や、灯油で溶いて使っても大丈夫です(液体コンパウンドの溶剤もケロシンが使われていますので、成分的には「ほぼ同じ」です)

より大きな研磨力が必要な場合は?

万一、さらに大きな研磨力が必要となった場合は、10~15ミクロン程度のコンパウンドを使用して下さい
この粒度になると、研磨粒子の材質がシリカやアルミニウムシリケートになりますが、高硬度金属を研磨するわけではありませんので、問題なく使用可能です

また、製品の態様も液体ではなく、「半練り」になりますが、研磨剤の粒度にベース剤の粘度を合わせているだけですので、気にする必要はありません
粒子サイズがこの程度の大きさになると、液体中では沈殿して底部に固着しがちなため、製品の均一性を重視してベース剤の粘度を上げているのです

粒径が大きな研磨剤を使用することで、より深く、効率良く表面を削ることが可能になります

施工後は一時的に目が粗くなりますので、傷が入ったように見えますが、その後に前述の3段階磨きで順次番手を上げていけば、傷の目が次第に細かくなり、最後には光沢のある表面が現れます

大きな研磨力が魅力、粒径10~15ミクロンのコンパウンド
ピカール
ラビングコンパウンド
ピカールネリ SOFT99
コンパウンド細目
15ミクロン
シリカ
10ミクロン
アルミナとシリカ混合
10~15ミクロン
アルミニウムシリケート

さて、このページでは専用クリーナーの弱点と限界、およびそれらを克服する方法を紹介いたしました

次のページでは、ブルーマジックとピカールはヘッドライト磨きに使えるか?、研磨後のコーティング剤塗布について、CRC5-56が有効というのはガセ情報か?、などについて解説いたします


無断転載やコンテンツのパクリを禁止します 画像パクリを見つけて通知・示談にした例