日本橋木屋 スウェーデン鋼 牛刀(MISONOブレード)


日本橋木屋の牛刀

木屋 牛刀
日本橋木屋の牛刀です

細かいところをよく見てみると、手をかけてハンドメイドで作っている部分が多いことが判ります
鋼材はスウェーデン鋼とされているもので、要はハガネです (スウェーデン鋼=ハガネではありません。ステンレスのスウェーデン鋼も存在します)

一言でいうと、年代物でハガネの牛刀です。どちらかというとかなり高級な部類に入ると思います

少し使ってみましたが、よく切れると同時に、刃の靭性がしっかりあります
刃体が薄いことも相まって、しなやかな感じがあります

このあたりは、牛刀としてなかなかいい塩梅に仕上げていると感じました
「使い手のことを、わかっているなぁ~」という感じです
カチンカチンに硬い包丁は、意外に使いにくいものです

木屋 牛刀 ハンドル

見たところ、ハンドルに使われている木材は積層強化木ではなく、縞黒檀のようです

積層強化木(パッカーウッド)が一般的に使われるようになる前は、このような水に強い木材が使用されていました
製造年度までは判りませんが、かなり昔に製造された牛刀であることは確かです

古い包丁にしては保存状態も良く、刃体に腐食等の瑕疵は見受けられません
ハンドルの方も、鋲(かしめピン)に若干の隙間が生じているのと、左側の木材に僅かな浮きが見られる程度です

ミソノ 牛刀
裏面を見ると、「MISONO 特製鍛造」の刻印があります
販売が「日本橋木屋」、製造はミソノであることが判ります


木屋 牛刀
最初に驚いたのが、この小刃の幅の細さです

昔の牛刀ですので、刃付け前の状態で販売していたのだろうと思いましたが、さにあらず。きちんと刃が付いていました 驚きです
これはつまり、刃を丁寧に抜いているため、刃の厚みが薄くなっており、その結果として小刃幅が狭くなっているもようです(鈍角に刃付けしているわけではありません)

ミソノのクオリティがスゴイのか、はたまた、日本橋木屋が「このような刃に仕上げて欲しい」と特注要望を出しているのかまでは判りませんが、いずれにせよ大したものです

現在カスタム中

日本橋木屋 牛刀
Misono
スウェーデン鋼 牛刀

この牛刀は、現在カスタム中です

柄の木材は縞黒檀とはいえ、無垢の木材ですので、漆塗りを施して中子の耐水性を高める措置を施しています
製造時の細かなバリや傷なども丁寧に取っているので、少々時間がかかっています

完成後は、こちらのページでお披露目する予定です

これと同じ牛刀は、Misonoの「スウェーデン鋼の包丁」が相当します(左の画像の商品)
製造年度が異なりますので、刻印のロゴや柄の材質など、細かな仕様は変更されていますが、真鍮製の鋲や口金、全体的な造りなどは同じになっています
現在では名称がEU鋼に変わっていますが、これは鉄鋼メーカーの買収・合併等の理由により、会社がワールドワイド化し、「スウェーデン」とは言いづらくなってきたためです。この場合のスウェーデン鋼とEU鋼は、同じ鋼材だと考えて良いです
日本橋木屋の「スウェーデン鋼の包丁」も良いですが、「日本橋木屋」という刻印が入るだけで値段が一段高くなってしまいます(ブランド料です。致し方ありません)

名より実を取るのであれば、Misono製がおすすめです(中身は基本的に同じですので)


おすすめの包丁(外観より切れ味重視でランキング)

家庭用のおすすめ包丁(安い価格で、最良の切れ味を)

ダマスカス包丁について(本当におすすめ?)

包丁のトップページ に戻る