鏡面仕上げの状態確認


映り込みと平滑度


これまで、鏡面仕上げに向けて、耐水ペーパーで仕上げてきたオピネルのブレードでありますが、ここに来て、このまま最終仕上げに持っていってよいのか? …と、疑問を生じるようになってきました

現在の状態は、このようなものです
一見、そこそこ鏡面に仕上がっているようにも見えます


改めてブレードの表面を、よく見てみましょう


わざと照明を反射させ、ブレード表面の平滑度を見てみます

小さなくぼみが多数、ピンホール状のものと溝状のものが、一面に生じているのがわかります

裏面も見てみましょう

裏面もひどいですね
裏面は平面が出ていたので、砥石でそこそこ削ってからペーパー掛けしたはずなのですが、それでもこの状態です

さらに、画像を大きく拡大してみましょう

あぁ、これは、ひどい


裏面も、まあ、ひどいこと…
ボッコボコです。あれだけ磨いたというのに


ミクロの平滑度は、コンパウンド掛けでかなり仕上がっているのですが、マクロの凹凸が取り切れていません
このため、映り込みはまあまあなものの、光に反射させてみると小さな凹凸が目立ってしまうという、少々残念な状態になっていました


鏡面仕上げの方法を変更 - どうしてこうなった?

耐水ペーパーでの鏡面仕上げは、特別な器具が必要なく、当てゴムがあればいいくらいです
そのため、費用もさほどかからず、簡単にトライすることができます

耐水ペーパーの番手を順々に上げていくことで、金属表面の平滑度が上がっていき、鏡面仕上げにすることができます

ただ、今回は対象素材の状態が悪かったため、今一つの仕上がりになってしまいました

おそらく、新品ブレードのグラインダー跡を消す程度なら、耐水ペーパーとコンパウンドだけでも、ある程度は満足できる状態まで仕上がったのではないかと思います


ですが今回は、ブレード表面に生じた黒錆のおかげで、腐食痕周辺が弱くなっており、その部分が深めに削れてしまったようです
また、そうして生じたピンホールに耐水ペーパーの粒子が食い込み、これを一定方向に磨き続けたことで、溝状の凹みに広がってしまったようです

番手を上げるたびに研磨方向を変え、前の番手でできた「目」を消すことで、このような研ぎムラを防止するのが定石なのですが、ナイフは形状が細長いために直交方向には磨きにくく、このような仕上がりになってしまいました


このまま同じ手法を続けても、状況の改善は難しいと判断し、別の方法を選択することにしました

これまで手作業でやってきましたが、電動工具の力を借りて、より美しい仕上がりを目指すことにします


・・・はい、そうです
実際、最初から電動工具を持ち出すべきでした(大いに反省)




次ページ:赤棒でバフがけ(下地出しのやりなおし)

目次に戻る:オピネル 鏡面仕上げ