オピネルのブレード取付


オピネルのブレードを組み付ける


ブレードを取り付けます
オピネル ブレード組み付け

ブレードの下に敷いているのは、紙製の簡易ナイフシースです

今回の「オピネルナイフの鏡面仕上げ」は、作業を何度にも分けて行っているため、作業中断時にブレードを安全に保管するため、このような簡易シースに納めていました

オピネル 組み立て 工具

工具を用意して、組み立てに入ります
ブレードの穴の部分と、その周辺箇所は、シリコングリスを薄く塗っておきました
画像は刃を納めてピンを挿入した状態です

オピネルナイフの組立

  1. ブレードにマスキングテープ貼って、作業時の養生を行う
  2. ブレードを柄に挿入、柄の穴とブレードの穴を揃える
  3. ピンを挿入し、ハンマーで打ち込む
  4. セーフティリングを上からかぶせた状態で、マイナスドライバー等でこじって切り欠き部分を広げ、元通りに嵌める
分解時にピンのカシメ部分を削り取っているので、再度かしめることはできませんが、セーフティリングを嵌めてしまえば、まず問題はありません

ピンの挿入抵抗がゆるゆるだったとかいう場合は、ブレードの保持に不安が出てよろしくないと思いますが、そういうケースは、分解時に無理な作業をしない限りならないと思います


とはいえ、こういう作業に慣れていない場合は、『いろいろやったけど元に戻せない』という可能性もあります
DIY作業の得手不得手は、人によってかなりの開きがあります

作業難易度と自分の練度、使用できる工具、これまでの経験などを総合判断して、自己責任で作業しましょう!

次ページ:オピネルを砥ぐ(刃付して完成)



目次に戻る:オピネル 鏡面仕上げ