オピネルを砥ぐ(刃付)


オピネルを刃付する

鏡面加工と組み上げが無事終了し、この後は刃付けして完成となります

なんといっても刃物です。鏡面のオピネルといっても、切れ味が悪ければ見掛け倒しです
ピンピンに刃付して、刃物として復活していただきましょう

鏡面オピネル刃付前
(掲載画像は、刃付前のものです)

今回は、鏡面加工前に刃引きを行い、意図的に切れなくしています(研磨時の怪我防止措置として行いました)
刃引きを行った上に研磨を繰り返したため、刃先が丸くなっており、全く切れませんでした

刃付には、まず下地出しにも使用した800番の砥石で刃筋を整え、6000番の仕上げ砥石で研ぎ上げました

その後、もう少し追い込めるかなと思い、独自の手法で簡易的なスロッピングも施しました
最終的には、「さすがはハガネ!」と唸らせてくれるだけの、素晴らしい刃が付きました

(鏡面加工時の研磨により、切刃周辺の厚みが減り、刃の抜けが良くなっているというのも、切れ味に貢献していると思います)

オピネルを砥ぐ - アゴがないので根本が砥ぎにくい

オピネルのブレードは、アゴがないので、根元の部分が研ぎにくいです
根元の部分まできっちり砥ごうとすると、砥石がセーフティリング上部に当たり、その周辺に傷を付ける恐れがあります

もともと、この手のアゴの無い形状のナイフは、ブレードの根元周辺はあまり活用しませんので(というよりできない)、やっきになってブレードの根本まで入念に刃付を行う必要はありませんが、それでも柄の先端を、砥石の角に当ててしまうことはあったりするものです

丁寧な作業を心がけたい方は、セーフティリング周辺をマスキングテープ等で養生すると良いでしょう
砥石に当ててしまったときなどに、予期せぬ傷を防止することができます

鏡面オピネル6

オピネルを砥ぐ - ブレード先端の反った箇所が砥ぎにくい

普段研いでいる刃物が、三徳包丁やペティナイフ、あとは鎌型の薄刃包丁などですので、オピネルのようにポイント(ブレード先端)が高く、峰方向に大きくカーブしている刃物は、砥ぐ際に気を使います

普段ナイフばかり砥いでいる方なら、慣れたものかもしれませんが、包丁などの刃筋が直線に近いものに慣れているせいでしょうか、小刃の角度を先端まで揃えるのに神経を使いました

ブレードの根本からネイルマークまでのところは、ほぼ直線ですので、砥石に対して『線で砥ぐ』ことができますが、そこより先の刃筋は『点で砥ぐ』感じになり、適正な角度で柄を持ち上げて砥がないと、刃の角度を一定にすることができません

そういう意味では、オピネルの標準ブレードの刃付は、「鋼材の硬さから言うと刃付しやすいが、形状的にはやや難しい」と言って良いのではないかと思います

とはいえ、せり上がった先端部分は、どちらかというとあまり活用されないと思いますので、躍起になって先まで念入りに仕上げる必要がどれほどあるかというと、少々疑問でもあります
先端部分を少々手を抜いて仕上げても構わないのであれば、刃付はぐっと容易になります


鏡面オピネル3

鏡面オピネル2


次ページ:オピネルの切れ味






目次に戻る:オピネル 鏡面仕上げ