オピネルのブレード形状について


どうしてポイント(ブレード先端)が上がっているのか?

オピネルの標準ブレードは、形状がトレーリングポイントに近く、ポイント(ブレードの先端)がかなり高めです

オピネル ブレード形状

大雑把に言うと、スキナー(狩猟時の皮剥ぎナイフ)に近い形状でもありますが、オピネルを狩猟用途で使う人は、そんなに多くはないでしょう

実際のところ、食材を切る用途においては、一般的なドロップポイントの方が刃渡りの長さをフルに活用でき、使いやすいものです
ところが、オピネルのようにポイントがせり上がっていると、先端の方はあまり使いでがなく、刃渡りを十分に使うことができません
No.10サイズの刃渡りは10センチですが、実質的に使える長さは8.5センチ程度ではないかと思うのです

※ ブレード先端を活用しにくいというだけで、ピクニックナイフとして使いにくいとか、そういう意味ではありません
※ ちなみに、オピネルのラインナップには「ガーデンナイフ」というものもあり、こちらはドロップポイントに近いブレード形状です

先が反り上がっているのは、柄に合わせているから?

では、どうしてわざわざこのような形をしているのだろう、と疑問に思うのですが、おそらくこれは、『ブレード形状の方を柄に合わせている』 …のではないかと思います

もしも、ドロップポイントのブレードをオピネルの標準ハンドルに付けてしまうと、ブレードの先3割ほどが、柄の中に潜り込む形になり、ブレードを開きにくくなってしまいます。ブレードの開閉が渋くなった時には、特に苦労することでしょう
だからといって、ブレードに合わせて柄の方を削ってしまうと、今度はあの絶妙な握り心地が失われてしまいます
そういう意味では、オピネルの標準ブレードの形状は、あの握りやすい柄の形状に合わせて作られているのではないかと思います

フランスパンに切れ目を入れる?

他にあるとすれば、サンドイッチ用というところでしょうか?
食パンでつくる方ではなく、フランスパンに切れ込みを入れて食材を挟むタイプの方です

フランスパンの横っ腹に切れ目を入れる場合、ポイントが下がったナイフですと、先端を使って切り込んでいくしかないのですが、オピネルの標準ブレードですと、反り上がった部分で切り込んでいきやすく、なかなか使いやすいです

オピネルは、峰部分が厚めのハードユース系のナイフはなく、ピクニックナイフとして使い場合が多いでしょうから、この用途ですと納得できるかなと思います

 



Mirror finished Opinel
柄の断面が映り込む、鏡面のオピネル
鏡面になってスマホが映り込むオピネル

「オピネル 鏡面仕上げ」を、最後までお読みいただき、ありがとうございました


目次に戻る:オピネル 鏡面仕上げ