「ピカールとブルーマジックを磨き比べてみました~!」というのは愚の骨頂


ピカールもブルーマジックも、共に鏡面仕上げ用の研磨材です

研磨粒子はどちらもアルミナ、粒度が僅かに異なるのみ

個人のブロクなどで、「ピカールブルーマジックを比較してみました~」、「さて、どちらの方がピカピカになるでしょうか~」などとやっているのを目にすることがありますが、ああいうのは、いかがなものかと思います
見ていてこちらが情けなくなります。バルカン人なら「非論理的だ」と、言い放ちたくなるところです。小学生の自由研究ではあるまいし、もう少し大人のアプローチで攻めていただきたいものです

重要なのは、研磨粒子の粒度(平均粒子サイズ・番手)と材質(硬度)です
これら2つが、研磨における決定的な要素になります
他には、研磨粒子を分散させているベース材などが挙げられますが、あくまでも副次的なものであり、本質的な要素とはなりえません
青棒などの固形研磨材においては、「バフの乗り」の良し悪しなど、ベース材の優劣で使いやすさに差が出る場合がありますが、どちらかというと些末な要素でしかありません

ちなみに、 ピカール液 もブルーマジックも、研磨粒子はアルミナですので硬度は同じです
研磨材の平均粒子サイズは、ピカール液が3ミクロン、ブルーマジックは5ミクロンです
ピカール液のほうが粒度が小さいから優れている。 …というわけではありません

粒度が小さくなればなるほど、研磨できる深さが浅くなります。ちなみに、1ミクロン以下になると本当にわずかしか削れません

無理を承知で、あえて比較するとどうなるのか?

5ミクロンの方が、3ミクロンの粒子よりも切削効率は良いですが、相対的に荒い面に仕上がります
逆に、3ミクロンの方が、5ミクロンの粒子よりも木目の細かい研磨ができますが、その分浅くしか削れませんので、切削効率は劣ります

つまり理論上は、 ブルーマジック の方が切削効率に優れ、ピカールの方は仕上げ面の目の細かさにおいて優れている、…ということになります

これらはあくまでも、「理論上はそうなります」という話です
ピカールとブルーマジックは、数ミクロン程度の差異しかありませんので、切削効率や仕上げ面の目の細かさの違いは、顕著に感じられるものではありません
目視や体感では、さほど違いが感じられない程度と言っても、あながち間違いではありません(どちらも鏡面に仕上げるための研磨材であり、最終仕上げ用のコンパウンドですので、当然といえば当然です)

ちなみに、15ミクロンと5ミクロンの違いであれば、確実に差を感じ取ることができます(切削効率や、仕上がり面の目の細かさの違いが、如実に現れます)

下地の状態次第では、これらの差異は逆転することもある

また、さらに突っ込んだ話をすると、研磨する際の下地の状態にも左右されます
表面がわずかにくすんだ程度の良状態なら、酸化皮膜を磨き取るだけですみますので、より粒子の細かいピカールの方が、きれいな仕上がりが期待できます

ですが、素材表面に細かなスクラッチ傷が入っている状態であれば、より切削力のあるブルーマジックの方が、傷消し効果が高いため、結果的に良い状態に仕上がる場合があります(目の細かいコンパウンドでは、深めの傷が取り切れないため)

このように、ワークの表面状態に合わせ、最適な粒度(番手)を使い判ることが重要です

ワークの素材と硬度(焼入れの有無)、現状の表面状態(傷の有無)、そういった条件を無視して、双方を磨き比べるのは、意味がないだけでなく、愚かな行為です(恥ずかしいのでやめましょう)
「ワーク」とは、研磨される方の「物、パーツ」などを指す用語です

粒度(番手)の大小に優劣はありません

このように、ピカールブルーマジックを比較するのは、2000番のサンドペーパー1800番のサンドペーパーの優劣を比べるようなものです
研磨粒子の素材が同じで、番手がわずかに違うのみであれば、その違いはわざわざ実験をしなくても分かろうというものです
このような比較は、まさしく愚の骨頂と言わざるを得ません

同じ番手の研磨材でも、材質の違いを比較するというのであれば有意な情報になります
炭化ケイ素とアルミナを比べると、炭化ケイ素は粒子の角が立っているため、ワークに食い込みやすいですが、アルミナの粒子は丸みがあるため、当たりが柔らかく、はっきりとした違いを感じます

研磨材は、ワーク(磨く対象)の硬度や平滑度に応じ、最適なものを、状況に合わせて使用しましょう

鏡面仕上げの実例

鏡面仕上げの包丁
画像はDIYで包丁を鏡面にしたものです(手順・方法については、包丁の鏡面仕上げをご覧ください)

ピカールでもブルーマジックでも、適切な研磨作業を行えば、この程度の鏡面に仕上げることは十分可能です(全く問題ありません)
下地を丁寧に仕上げ、鏡面にする下準備さえ整っていれば、さほど難しくはない作業なのです(実は、下地を整える作業の方が、手間暇がかかって難しく、この作業の精度次第で、最終的な鏡面の完成度に大きな差が生じます

実際にこの包丁を仕上げる際には、最終工程に、0.7ミクロンの ウィルソン超微粒子 を使っていますので、ブルーマジックよりもピカールよりも、さらに番手の細かいコンパウンドを使用しています
実際には、1ミクロン以下のコンパウンドを使用するのは、「自己満足の領域」だと考えて差し支えありません
目視での違いが顕著に出るわけではありません。わずかに輝きの白みが増す程度です。5ミクロン程度で、十分鏡面に仕上がります

 ● 関連ページ:ピカールの粒度と研磨素材

 ● DIYでやる!:オピネルの鏡面仕上げ

包丁・ナイフ・刃物のページに戻る