おすすめ包丁ランキング(総評と感想)


ランキングを終えて、総評と感想


今回のランキングは、関孫六プレミアシリーズ限定です

また、どちらかというと、包丁を自分で研いで、高い切れ味を出せる人のための、包丁マニア向けのランキングではないかと思います
自分で研がない場合でも、信頼できる研ぎ師さんに定期的に包丁の研ぎを依頼している方も、このランキングを参考にして良いと思います

包丁は、「簡易シャープナーで研いています」という方は、切れ味の違いがさほど出ませんので、見た目と価格、グリップの好みだけで決めても構いません

とはいえ、厳密に言えば、プレミアシリーズグレードの鋼材を、簡易シャープナーで研ぐのは全くおすすめできません
刃が付かないわけではないのですが、鋼材のグレードが高いため、ブレードの硬度も高めのものが多いのです。そのため、シャープナーの研磨面に負荷がかかり、シャープナー自体が短い期間で消耗してしまうのです


「砥石で研ぐなんてとても無理!」、「研ぎに出すと、その間包丁が使えないから、それも無理!」という方もおられると思います
どうしても、「簡易シャープナーで刃を付けるのだ」という方は、最初からやや柔らかめの鋼材を使用している、普及価格帯の包丁を使用することをおすすめします
鋼材の硬さが程々な分だけ、シャープナーの研磨面が硬度負けせずに、刃付けがしやすいです
そういった鋼材は、炭素含有量も少なく、錆びにくく、粘りも強いので、ラフな取り扱いにも耐えてくれます
硬さが出ていない分だけ、刃持ちはほどほどかもしれませんが、その分こまめにタッチアップしてあげればよいのです

そのような場合、今回のランキング対象となるプレミアシリーズの包丁は、「すべておすすめできない」ことになりますが、そもそも簡易シャープナーで研ぐというのであれば、その包丁のポテンシャルを最大限に引き出すことは難しいですので、どの包丁を使っても、それほど違いは出ないと言っても良いでしょう

それでしたら、ノーマルシリーズの簡単に刃が付く鋼材の方がおすすめです
シャープナーでも刃が付きやすいし、シャープナー自体も比較的長く使うことができます
ただ、使い続けると鎌刃になるので要注意です(アゴと刃の先端が研ぎにくく、中央部分のみが研ぎ減ってくるため)


小さなお子さんがおられるなど、おちおち包丁を拭いていられない場合は、ランキング下位の包丁が錆びにくいのでよいかもしれませんが、その場合は、端からプレミアシリーズを除外して、ノーマルシリーズから選ぶほうが良いです


切れ味が良いのはどの包丁?とよく言われますが、極論すれば、どの包丁もきちんと研げば素晴らしい切れ味になります。そういう意味ではどれも同じです
また、どんな効果な包丁でも、研がずに使い続ければなまくらになります
大きく違いが出るのは、刃持ちの良さですが、それにしたって極端に違うわけではありません
むしろ、使い方のほうが大きく差が出ます

是非とも、包丁をよく手入れして、こまめに研いで使ってやって下さい
よく切れる包丁は、使っていて、実に気持ちの良いものです


▲ 前ページ:第1位:関孫六10000CL(ステンレス包丁)



「おすすめ包丁ランキング」に戻る

「包丁・ナイフ・刃物 」の目次に戻る