「萌黄」- 関孫六のおすすめ包丁を選ぶ


関孫六のおすすめ包丁 ベストの一本はどれか?(ページ5)

関孫六

関孫六のおすすめ包丁 - 目次

  1. 「わかたけ」「ほのか」- 高炭素ですらない
  2. 「茜」- 口金がイミテーション
  3. 「匠創」- オールステンゆえのデメリット
  4. 1次選考通過分
  5. 「安土」「桃山」- 切れ味は良いが…
  6. 2次選考通過分
  7. 鋼材グレード順に並べてみよう
  8. 「萌黄」- 樹脂ハンドルの功罪
  9. 「くじゃく」「木蓮」- コスパが中途半端
  10. 関孫六のおすすめ(最終選考)
  11. 「いまよう」- 単層ブレードのベストバランス
  12. 「べにふじ」「青藤」- 中堅グレード王道ど真ん中
  13. 評価を終えて - あとがき

「萌黄」 - コスパは良いが、樹脂ハンドルをどう取るか

「萌黄」
名称 口金 ハンドル 構造 鋼材グレード ブレード 公式価格
萌黄 無し 樹脂 中通し 茜 > 萌黄 > 匠創 3枚合 3630

萌黄

はっきり言うと萌黄は低価格です。コスパが良いです。なぜかと言うと樹脂ハンドルだからです
二次選考を通過した「おすすめ包丁」の中では、唯一の樹脂ハンドル製品となっています

決して鋼材が安物だからというわけではなく、樹脂ハンドルにすることで、ハンドル整形に必要な切削・研磨の加工コストが大幅に低減され、その分製品価格を大幅に低く設定できるのです。熟練職人がベルトサンダーでハンドルを削り、手作業で滑らかな面に仕上げる必要がないのです

鋼材グレードで言うと、「萌黄」は「茜」と靭性が異なる程度で同一硬度。そして「茜」は、「べにふじ」「青藤」あたりと同グレードです。つまり、「萌黄」は、「べにふじ」や「青藤」に、かなり近いグレードの鋼材を使用していると言うことができます

ただあえて言うならば、国産メーカーが作る樹脂ハンドルの包丁は、見た目がダサくて格好が悪いのです
(このあたりは、ビクトリノックスの樹脂ハンドル製包丁を見習って欲しいものです)

とはいえ、「おすすめ包丁」の二次選考に残っただけで、充分優秀だと言うこともできます

樹脂ハンドルでも構わないし、むしろ予算が少なめなので、安くてもしっかり使える包丁が良いという場合は、「萌黄」がおすすめの包丁となり得ます
一次選考で除外しましたが、ダミー口金が許せるのであれば、「茜」も同様におすすめです

【 評価・萌黄 】
樹脂ハンドルで価格は安いが、その分コスパは優秀
ただし外観も安っぽいので、見た目を気にしない向きにはおすすめの包丁

 ● おすすめ包丁の目次 に戻る


Echo Show 10
スマートディスプレイ

with Alexa
次のページ 「関孫六・くじゃく/木蓮」 を読む

関孫六の上級グレード
「関孫六プレミア おすすめ包丁」はどれ? を読む

「包丁・ナイフ・刃物 」の目次に戻る