耐水ペーパーで傷目を細かくし、磨き作業に入れるかどうか確認


2000番の耐水ペーパーを軽めに当て、包丁表面の凹凸や深い傷を浮かび上がらせる

耐水ペーパーで包丁を鏡面に近づける
包丁に2000番の耐水ペーパーを軽く当て、深めに入ってしまった傷や凹凸を浮かび上がらせ、このまま磨きに入ってよいか、再確認します

「前の工程が2000番の砥石でしたので、同じ粒度の研磨剤を続けて使うのは、意味が無いではないか?」と考える方もおられるかと思いますが、研磨粒子のサイズが同じでも、粒子の硬度(食いつきの良さ)、ベース素材の硬さ(この場合は『紙』と『石』)などの違いがあるため、同じ2000番でも大きな違いが出ます

この場合では、耐水ペーパーの2000番の方が、砥石に比べて当たりが柔らかく、研磨粒子が深く食い込みにくいため、やさしく(薄く)、かつ均一に研磨することができます
そのため、数字の上での番手は同じですが、実際に番手を上げたのと同じような効果が出ています

この確認作業では、全体的におおむね良好であることが確認できましたが、2000番の砥石の切削力が高かったこともあり、包丁の刃面中央部分に、薄い「削りむら」ができていることがわかります(おそらく、角度がぶれて、砥石の角で擦ってしまったのでしょう)
砥石の平面を出す際に、もう少し角を大きめに面取りしておけばよかったのですが、後悔先に立たずです
切削力の高い砥石というものは、往々にしてこういうデメリットが出ることがあります(前述した通りです)

とはいえこれは、「その部分のみ僅かに凹んでいる」といった、平面のムラです
このまま仕上げていけば、途中で判らなくなるような薄い磨きムラであり、後々残るような傷とは異なります。そのため、さして問題にはなりません
包丁やナイフには、荒砥でガシガシ削らないと消えないような凹みもあったりします(えくぼといいます)
それに比べれば、無視してかまわない程度の軽微なムラです
このまま、「鏡面仕上げの工程に入っていって問題ない」と判断しました(これまでの作業は、鏡面仕上げの下準備でしかありません)

ちなみに、ここまでの鏡面出しの下地出し作業を、240番の耐水ペーパーから開始して、400番、800番、1200番、1500番と、順次番手を上げてゆき、2000番まで持ってきても構いません(そちらの方が、より一般的で平易なやり方です)


 ▲ 前ページ:鏡面の下地出し(包丁の傷を消して下地を作る)

 ▼ 次ページ:バフがけ(青棒、白棒、赤棒)で 包丁を鏡面に近づける



 ● 関連ページ1:ペティナイフの鏡面仕上げ(方法・手順)

 ● 関連ページ2:オピネルナイフの鏡面仕上げ

 ● 関連ページ3:藤次郎 DPコバルト合金鋼割込 ペティナイフを使ってみた

 ● 関連ページ4:藤次郎のDPコバルト合金鋼は、本当にV金10号なのか?

刃物記事一覧 に戻る