バフがけで 包丁を鏡面に近づける


青棒、白棒、赤棒でバフがけを行い、包丁を徐々に鏡面に持っていく

包丁を赤棒でバフがけした状態
赤棒をバフに付けて、包丁を磨きます
画像に映ってはいませんが、使用工具はプロクソンのミニリューターと砲弾型のコットンバフです

今回使用しているサイザー46という研磨材は、厳密には赤棒ではないのですが、そこそこ粒子が大きく、粗磨き用として販売されています
研磨粒子が通常の赤棒とは異なり、アルミナですので切削力が高めで、深めに削れます(画像でも、盛大に削れ目が付いていることが判ります)
前述の、2000番の砥石でついた凹みも、この時点で修正することができました

さらに白棒でバフがけを行い、包丁をより鏡面に
白棒で番手を上げて、さらにバフがけします
細かいことを言うと、前述のサイザー46と白棒は、研磨粒子のサイズに大きな違いはありません
ですので、この場合「番手を上げる」というのは正確な表現ではないのですが、白棒の方が研磨粒子の硬度が(相対的に)低いため、当たりが柔らかく、ワークへの食いつきが浅めに入ります
おかげで、サイザー46の研磨痕が、かなり目立たなくなり、少し鏡面に近づいてきました

前のページでも言及しましたが、番手や粒子サイズだけで一律に比較せず、研磨力も考慮して作業すると、失敗を防ぎ、効率の良い作業につながります

青棒で包丁にバフがけを行うと、かなり鏡面に近づく
青棒でさらにバフがけします

青棒は、そこそこ研磨粒子サイズが細かいですので、上手に磨けばこの時点で鏡面の包丁になるはずです


今ひとつ鏡面になっていないのは、単に「バフがけが下手くそ」なのが主原因ですが、使用したバフにも改善余地がありそうです
より柔らかめのバフを使うか、より外径の大きなバフを使うことで、接触面積を大きくすれば、さらにきれいに仕上がると思います
今回使用した砲弾型のバフは、接触面が「線」に近いため、振動が出やすく、また研磨時の面圧が強めにかかっています、そのため結果として、研磨粒子を深く食い込ませすぎているようです

面積は小さくてもよいので、「面」で磨けるようなバフが必要だと感じました。電動工具もミニリューターではなく、ミニサンダーの方が適していると思います

とはいえ、ここまで目を細く均一に仕上げていれば、後は手慣れた「手磨き」で、容易に鏡面の包丁に持っていくことができます
ブレードの厚み抜きも含めて、ここまで長い道のりでしたが、ようやくゴールが見えてきました

 ▲ 前ページ:耐水ペーパーで傷目を細かくし、磨き作業に入れるかどうか確認

 ▼ 次ページ:コンパウンドで包丁を鏡面に仕上げる



 ● 関連ページ1:ペティナイフの鏡面仕上げ(方法・手順)

 ● 関連ページ2:オピネルナイフの鏡面仕上げ

 ● 関連ページ3:藤次郎 DPコバルト合金鋼割込 ペティナイフを使ってみた

 ● 関連ページ4:藤次郎のDPコバルト合金鋼は、本当にV金10号なのか?

刃物記事一覧 に戻る