DIYで包丁を鏡面仕上げに(方法・手順)


包丁の鏡面仕上げ 目次(包丁・ペティナイフ)

鏡面仕上げの包丁
作業対象包丁:藤次郎 DPコバルト合金鋼割込 ペティナイフ(120mm)

  1. 包丁の傷を大まかに消す

  2. 包丁を研ぎ抜いて厚みを削ぐ(ブレード整形)

  3. 鏡面の下地出し(包丁の傷を消して下地を作る)

  4. 耐水ペーパーで傷目を細かくし、磨き作業に入れるかどうか確認

  5. バフがけ(青棒、白棒、赤棒)で 包丁を鏡面に近づける

  6. コンパウンドで包丁を鏡面に仕上げる

  7. 鏡面に仕上がった包丁


包丁を鏡面仕上げにした 感想


今回は、軽く傷が入った状態から鏡面に仕上げる事になりました

見た目は派手に傷が入っていましたが、それほど深い傷ではありませんでしたので、極端に時間もかかることなく、無事に仕上げることができました。DIYとしては上出来だと思います

また、三枚合わせのステンレス系包丁(ペティナイフ)ということで、側面鋼材の硬度も硬すぎることなく、切削研磨も快適に行うことができました
以前、炭素鋼のオピネルを鏡面に仕上げたときは、焼入れの入った全鋼ブレードの硬さと、腐食痕の深さに、根負けしそうになりましたが、それに比較すると、かなりスムーズに作業できたと思います

傷を消している途中で、「この際だから、ブレードの厚みも薄くしよう!」と方針変更してしまったため、最初に行った傷消しの研磨作業が無駄になってしまいましたが、結果的にはシャープなブレードに整形することができ、満足しています

DIYで包丁を鏡面にする際の、注意と心得


ここでは包丁の鏡面仕上げについて、具体的な作業内容を解説しています
ですがこれが、ベストのやり方というわけではありません

元に戻ってのやり直しや、作業途中での方針変更など、紆余曲折もありますし、使用している道具は、自己保有の砥石や研磨材など、ありあわせのものです。(小さめのサンダーがあれば、砥石は使わなくても済むと思いますし、最終段階での『手磨き』も省けると思いますが、持っていないのでこのような工程をたどりました)

ネットに書いてあることを鵜呑みにして、そのまま作業しても、たいていうまくいきません
このページを見て、鏡面仕上げの参考にされる方は、「あくまでも参考」だと考えて、自分の作業環境、所有工具、対象となる包丁に合わせ、最適な方法を模索してみてください(こうやれば鏡面になるというものではありません)


重要なのは、研磨材の食い付き具合や削れ具合などを、そのつど自分の目でよく確認し、判断を適宜修正しながら、作業を進めていくことです
次の番手に上げてよいのか、それとも下地の段階に戻って、傷を取り直すのか、判断するのは自分自身です(大抵の人は、『一定時間磨いたから』というイージーな理由で、次の番手に上がりがちです)

また、人によって作業対象は作業環境はさまざまです
それぞれの包丁によって、ついている傷やグラインダー跡の深さ、鋼材の硬度が異なります
三枚合わせの包丁の場合、側面材の硬度はどの製品もたいして変わりませんが、一枚物の包丁の場合(海外製の包丁に多い)使用されている鋼材によっては、かなり硬度が異なります
この場合、価格が高価な製品ほど硬度の高い鋼材を使用していることが多く、条件によっては、なかなか削れなかったりします。また、逆に柔らかめの鋼材の場合は、研磨粒子が深く食い込んでしまって、かえって傷になりやすいこともあります


鏡面仕上げにおいて重要なのは、『根気と忍耐力』だと思います
決して簡単に終わるものではありませんので、必ず休憩を入れながら、できれば複数日に分けて作業しましょう
そうすることで、作業が丁寧になり、結果としてきれいな鏡面に仕上ります
包丁が一本しかない場合は、日数をかけて作業することが難しくなります。100均の包丁でも構いませんので、代替的に使用できる包丁を用意することをおすすめします




 ● 関連ページ1:オピネルの鏡面仕上げ

 ● 関連ページ2:藤次郎 DPコバルト合金鋼割込 ペティナイフを使ってみた

 ● 関連ページ3:藤次郎のDPコバルト合金鋼は、本当にV金10号なのか?

刃物記事一覧 に戻る