和包丁(薄刃)を何十年も使っています


堺の和包丁 鋼材は青紙二号


包丁を大切に扱う人にこそ使って欲しい、和包丁
  • 何度も研いで、柄も替えて 使い続けて数十年
  • 我が家で一番切れ味の良い包丁
  • 大根の桂むきをしていると、薄刃包丁の凄さを、ひしひしと感じます

薄刃包丁

堺の薄刃包丁

90年台半ばに川越の刃物屋さんで購入した、薄刃包丁です

表面に刃物屋さんの屋号である、「まちかん」の銘が入っていますが、裏面を見ると、水野鍛錬所の源昭忠本鍛錬であることが判ります
主に母が使用しており、砥ぐのはわたしの役目です
一度、朴の柄が駄目になってしまったことがあり、柄の交換をしたこともあります(「まちかん」さんではなく、地元の刃物屋さんで交換をしたそうです)

わたしの腕が悪いため、鎬筋の角が出ておらず、丸まっているのは実に恥ずかしいところです

業者さんが付けた傷?

刃面を見ると、結構深くグラインダー跡が残っています
鎬筋(包丁)

購入時に付いていたものではないと思うのですが、いつの間にこうなったのかは、経緯がよく判りません

業者さんが鎬筋をあげようとして、グラインダーを深く当ててしまったのでしょうか?
刃先近辺は、特に大きく凹んでいてエクボ状になっており、少々砥石を当てたくらいでは取り去ることができません(これでもある程度は修正しております)

研ぎ屋さんがやったのか、柄の交換をする際に、刃物屋さんがやらかしたのかは判りませんが、ちょっと仕事が粗いですね

とはいえ、薄刃包丁は面で研いでいきますから、使用に伴って刃が減り、鎬筋が上がっていくと共に、傷が浅くなっていくことと思います
無理に傷を除去しようとすると、いたずらに刃が減ることになりかねませんので、普段の包丁研ぎで、自然に消えるのを待ちたいと思います

数十年使い続けていますので、購入時に比較すると、刃の幅が小さくなってきましたし、刃面にもたくさんの傷が入っていますが、まだまた大切に使っていきたいと思います




和包丁の裏すき
以前は、和包丁の構造と研ぎ方をきちんと理解せず、適当に砥いでいたため、その頃の名残で、裏押しがいくぶん広めになってしまいました(申し訳ない…)

源昭忠本鍛錬(水野鍛錬所) データ


  • 購入店:川越まちかん 購入年1992年頃
  • 刃渡り165mm5寸5分、峰厚3.5mm、重量182g 刃幅38.5mm
  • 鋼材:青紙2号 側金:軟鉄、仕立て:霞
刃物記事一覧 に戻る