峰磨きとアゴ磨き - 和包丁のカスタム(薄刃包丁)


峰とアゴの内側も鏡面化

鏡面仕上げ・薄刃包丁
細かい部分を丁寧に鏡面に仕上げることで、包丁のグレードが一段と上がります

前ページでは、「平」の研磨を取り上げましたが、このページではアゴの内側と峰を磨いて鏡面に仕上げます


アゴからマチにかけての面を研磨

錆を落とす

まずは、アゴ内側の面取りした部分の慣らします
指が直接当たる部分ですので、握り心地やフィット感に影響します。ここは入念に処理したいポイントです

和包丁のアゴの面取り(処理前)
入手時、錆取り前の状態は、このような感じでした
錆が深く入っていて、かなりガタガタです

和包丁のアゴの面取り(錆取り後)
耐水サンドペーパーを使用して、おおまかに錆を取った後の状態です

ここまでサビを落とせば指当たりも良くなり、充分使用できますが、、まだグラインダーで削った溝跡が盛大に残っています。また、角も立っており、「荒く削って面取りしました」という感じです

とはいっても、この部分の面取りを施していな包丁も普通にありますし、むしろ面を取っている方が珍しい方でしょう。わざわざ手のかかる面取り作業を施しているだけでも素晴らしいと思います

ただ、面を取っているから良い包丁、高級な包丁、・・・というわけではありません。和包丁にも製造する地方によってマチの有る無しがあるように、この包丁の刃付けを施した方の「流儀」であり、「ひとつの形」なのです

ミニルーターとゴム砥石で、グラインダー跡を消す

和包丁のアゴの面取り(鏡面化)
ゴム砥石と電動工具(プロクソンのミニルーター)を使って研磨し、グラインダーの跡を除去しました
コンパウンドを掛けていませんので、鏡面と言うほどではありませんが、充分ピカピカになっています
ゴム砥石は、#120番、#320番、#600番というように番手を徐々に上げて使用しています

SK11
軸付ゴム砥石

#120
SK11
軸付ゴム砥石

#320
SK11
軸付ゴム砥石

#600

ゴム砥石は、必ず品質の確かなものを使って下さい(軸径も要確認です!)
以前、モノタロウのプライベートブランド品を使用したことがありますが、ゴムの量が多いのか砥材の量が少ないのか、研磨効率が非常に悪く、閉口した覚えがあります(サンドペーパーも切れが今ひとつでした)
なお、言うまでもありませんが、メーカー知名度のない中華品は「地雷」だと思って下さい

上記に挙げているSK11は、兵庫県三木市(播州三木打刃物で有名な金物の町)の工具メーカーで、品質もしっかりしており、安心して使用可能です

他メーカーとしては、プロクソン純正のゴム砥石は、品質は高いですが価格も高いです。TRUSCO(トラスコ) やリューター(日本精密機械工作)も、品質は確かですが、「5本入り」などのパックで販売されていることが多く、趣味の個人用途としては本数が多いのが残念なところです

鏡面に磨く

鏡面仕上げ・薄刃包丁
この後は、ミニルーターをそのまま使い、赤棒相当のサイザー46でバフがけして目を細くした後、ブルーマジックウィルソン超微粒子で仕上げています

光陽社
サイザー46

ブルーマジック
メタルポリッシュクリーム

ウィルソン
超微粒子
コンパウンド


柄を分離した状態で、刃体だけにして研磨していますので、柄に近い根本の部分まできっちり磨き上げることができました

マチの切れ込んだ部分は磨きにくい箇所ですが、手を抜かずに磨き込んでいます
アゴ内側の面取り部分も、ゴム砥石を当てた時とは異なった、てらてらした光沢を乗せることができました
細かい部分に手を抜かずにきっちりと仕上げると、数段上のグレードの包丁のようになってきます
この包丁は、物自体はとても良いもので本職向けの商品でもあるため、元々のグレード自体はかなり高いものではあり、元々のグレードに戻ったというべきかもしれません

峰も同様に仕上げる

包丁の峰を磨く
峰の部分も丁寧に磨いて仕上げました

作業的には、アゴの部分とほぼ同様の磨き方をしています

包丁の峰は、上の方を持って握り込むと手に当たる部分ですし、常に目に入るところでもあります
峰の角を丁寧に丸め、磨き上げると、庖丁の高級感がぐっと上がります
(安物の洋包丁は、プレスで抜いた跡が残っていたり、バリ取りがいい加減だったりと、差の出やすい部分です)