■ 製造元の「若宮みそ(赤塚商店)」に事情を聞いた


若宮みそは、神田屋の悪行を知りながら味噌を卸していたのか?

製造元が判明したところで、疑問が生じた

はたして、製造者であり商品納入元である若宮みそは、神田屋がこのような商売をしていることを知っているのだろうか?

知りながら販売していた場合、神田屋の商売の片棒を担いでいるようなものである
商行為としての違法性があるわけではないが、倫理的には褒められたものではない

知らずに販売していた場合、消費者を騙すために自社商品を利用されたとも言えるので、若宮みそも騙されていたと言うこともできる
まっとうな商売人であるならば、激怒するとともに、即刻神田屋との取引停止してしかるべきであろう

一体どちらなのだろう? 若宮みそに事情を聞いてみた

■ 若宮みそ(赤塚商店)は知っていた!

結論から言うと、若宮みそは知っていた!

若宮みそは、神田屋がありえないような高い価格で、みそを訪問販売していること知りながらも、商品納入を続けていた
もちろん、神田屋の味噌が、「若宮みそに神田屋のラベルを貼っただけの商品」であることも知っていた
知った上で神田屋に味噌を卸していたのである
「最初は知らなかった」とは言っていたものの、知り得た後も販売を継続したというのは、商売人としては倫理的に問題のある行為ではないだろうか?

さらに質問を続けてみた…

質問:「今回、自社商品が悪徳業者に利用されている旨の報告を、外部から受けたわけだが、改めて神田屋の取引を即時停止するつもりはないのか?」
これに対する回答は、「即時停止するつもりはない」・・・とのことだった


若宮みそ の代表者も良心の呵責は感じているようであり、こちらの質問に対しては、非常に歯切れ悪い応答であった
だからといって、商品供給を停止するつもりはなく、これからも、神田屋のための商品を製造するとのことである

こんなことだから、悪質な味噌の訪問販売は、いつまでたっても無くならないのだ!


■ 赤塚商店の若宮みそ 540〜640円/1kg



■ 神田屋の味噌 9880円/4kg



次ページ 実食!訪問販売の味噌はうまいのか?



悪質な味噌の訪問販売、目次に戻る