ブライトホルン登山1(クライン・マッターホルンへ)


ブライトホルン登山1(クライン・マッターホルンへ)

夜明け前のマッターホルン
まだ夜が明けきらぬうちに、ツェルマットのキャンプ場を抜け出し、ロープウェイの駅へと向かいます
暗がりの中、稜線の向こうにマッターホルンが顔を覗かせています

始発のロープウェイで、フーリ(Furi)、トロッケナー・シュテーク(Trockener Steg)と乗り継ぎ、山頂駅とでも言うべき、「クライン・マッターホルン」の「マッターホルン・グレーシャーパラダイス駅」(Matterhorn Glacier Paradise)まで登ります

この日は好天のせいでしょうか、ロープウェイの車内は満員に近い状態です
乗客の内訳は、観光客が2割、登山客が2割、スキー客が6割といった感じでした(遅い便になるにつれて、観光客の割合が増していくと思われます)

ロープウェイの車窓より

トロッケナー・シュテーク駅
乗車中は、高度が上がるに従って、眼下に素晴らしい景色が広がっていきます

画像は、トロッケナー・シュテーク駅を出てすぐのところで、駅舎を振り返って撮影したところです
ちょうどこの頃、朝日が差し始め、陽光を受けた山々が輝き出しました

印象的な山が3つ見えますが、右側の三角錐状の山はヴァイスホルン(4505m)
中央の山がツィナールロートホルン(4221m)、左がオーバーガーベルホルン(4063m)です

マッターホルンの東壁 こちらはマッターホルンの東壁です
この角度からのマッターホルンはあまり馴染みがありませんので、「あれがマッターホルン?」と、車内で声が上がっていました

テオドール氷河
眼下にはテオドール氷河が広がります
なめらかに垂れた氷河の末端部分を「舌」と表現することがありますが、まさに「氷河の舌」といった感じです

幾重にも入った亀裂が、氷河が動いている事を感じさせます


マッターホルンと氷河
マッターホルンの南側が見えてきました
その右奥には、ダン・ブランシュ4357mが控えています
テオドール氷河が流れてクラックが入り、アイスフォールとなってゆく様が見て取れます

朝日が横から差し込むこの時間帯は、山の陰影が美しく引き立ちます
まさにマジック・アワーです

クライン・マッターホルン
ロープウェイを何度か乗り継ぎ、クライン・マッターホルン(3883m)にある「マッターホルン・グレーシャー・パラダイス(展望台)」に到着しました
画像は、展望台から出てスキーリフトに沿ってしばらく歩き、振り返って撮影したところです

3883mのこの場所まで、1608mのツェルマットから、2275mもの標高差をロープウェイとゴンドラで一気に上がってきたことになります
シャモニーにあるエギーユ・デュ・ミディ展望台(3777m)よりも高く、富士山よりも高い場所となります

英語版Wikiを見てみると・・・
"The highest place in Europe that can be reached by aerial tramway or gondola lift, as well as by any other means of transport."
・・・とありますので、交通機関を使用してたどり着ける、ヨーロッパで最も高い場所ということになります
ちなみに、山をくり抜いて鉄道を施設したことで有名な「ユングフラウヨッホ駅」は、標高3454mです

観光で来た場合は、ここから見下ろす雄大な景色を、たっぷりと時間をかけて楽しむところですが、わたしの場合はここからようやくスタートになります

いそいそと、山登りの準備に取りかかりました
さて、楽しい登山の始まりです

クラインはドイツ語で「小さい」といった意味があり、言ってみれば「ミニマッターホルン」ということになります
おそらく北側から見た尖塔上の岩山の姿が、小さなマッターホルンを連想させるのでしょう

クライン・マッターホルンの注意書を見てみよう!

クラインマッターホルンの注意看板
補足情報として、クライン・マッターホルンの注意看板を掲載しておきましょう
ロープウェイの駅構内に掲げられていたものです
(三ヶ国語で記載されており、中央が英語表記になっています)

抄訳ですが、簡単な日本語訳を添えておきます

「マッターホルン・グレーシャー・パラダイスへお越しの皆様へ」

ご注意ください!
ここは海抜3883mです。以下の注意書きをご確認ください

・リフトの職員や注意書きの指示には、常に従ってください
・ゆっくり歩きましょう、決して急がないで!
・適切な用具の無い状態で、もしくは、現地ガイドを伴わずに氷河エリアに踏み込まないこと。ザイルを結びましょう!
・体調不良を感じたら、すぐにリフトスタッフへ連絡してください。スタッフは医療訓練を受けています
・日焼け止めを塗るのを忘れないで、サングラスを付け、頭部を覆うものを装着しましょう

ご協力ありがとうございます!

「ゆっくり歩いて!」と注意書きがあるのは、転ぶと危ないからではなく、酸素濃度が地上の6割程度しかないため、早足で歩くだけで、目まいや吐き気などの高山症状を起こしかねないからです
歩く場合は、意図的にゆっくりした歩調を取ることで、必要酸素量の不足防止に繋がり、高山病の発現を抑える事ができます
逆の言い方をすると、(充分なトレーニングや高度順化を行わずに)4000m近いこの標高で登山などの激しい運動を行うと、簡単に高山病になることが可能です



さて、登山口のクライン・マッターホルンに到着しました
次のページは、登山口から取り付き点まで、すり鉢状の氷河を渡る様子です

● 次のページ >> ブライトホルン登山2(すり鉢状の氷河を渡る)