まな板が反る!?


家人にプレゼントしたまな板が、いつの間にか反っていました。数ヶ月に購入してプレゼントしたばかりだと言うのに…。

買い直すことも考えましたが、間違った使い方が原因で、再び同じ様に反ってしまってはもったいないと思います
というわけで、まな板が反ってしまう原因と、反ってしまった場合の修整方法について、まな板を製造しているメーカーに伺って、正確な情報を教えてもらいました

まな板が反ってしまう原因


熱による反り

一般的に販売されている白い樹脂製のまな板は、ポリエチレン製であることが多く、樹脂であるがゆえに熱可塑性という特性を持ちます
これは、熱を加えると柔らかくなり、冷えると固くなるというものです

このため、立てかけて置いた状態で熱を加えると、柔らかくなって曲がってしまい、そのまま冷えると曲がった状態で固まってしまいます

家庭でよくあるケースとしては、食洗機のラックに斜めに立てかけて入れ、温水洗浄するケースが該当します
※ まな板の熱変形は、局所加熱よりも長時間加熱のほうが、影響が大きいです
金属板を例に取ると、片面のみに熱を加えた場合、熱を加えた面が膨張して伸びてしまうため、反りが生じる場合があります
一方、樹脂製のまな板の場合、熱膨張性は金属ほど顕著ではないため、このような局所加熱による反りの影響は低いと考えて差し支えありません
むしろ、長時間加熱することでまな板全体に熱がまわってしまうと、全体的な強度が低下してしまい、曲がりやすくなります

置き方による反り


斜めに立てかけて置いておくと、徐々にではあるものの、自重によって曲がっていきます
熱を加えたときほど顕著ではありませんが、常温の状態でも、時間をかけることで反っていきます

※エラストマー製のまな板は、樹脂とゴムの特性を併せ持ちますが、エラストマーも熱可塑性も持っていますので、反りに関しては、ポリエチレン製のまな板と同様に考えて良いでしょう

反ったまな板を平らにする方法


  1. 反ったまな板を、平らな場所に置く
  2. 熱湯をかけ、まな板を温める(柔らかくなるとともに自重で徐々に平らになっていく)
  3. そのまま常温になるまで放置する

これは、まな板の熱可塑性を逆手に取った方法です
ある程度の量の熱湯が必要だと思いますので、火傷に気をつけて行ってください

また、この作業を流しで行う場合には、排管のプラ素材を痛めないよう気をつけて行ってください
シンクの配管部分等に使用されている塩化ビニールは62~72℃で軟化してしまうため、この作業を流しで行う場合には、少し温度を落として作業したり、熱湯がそのまま排管に流れ出ないにするなどの配慮が必要です

まな板の反り具合や厚みによって、必要なお湯の量も様々だと思います。また、冬季などで室温が低い場合などは、まな板の温度が充分に上がらず、反りが戻りにくい場合もありえます。その時その時の状況によって、適切に判断して作業しましょう

まな板の耐熱温度について

樹脂製まな板における耐熱温度とは、その温度を超えると素材本来の固さを保てなくなり、柔らかくなってしまう温度として設定されており、まな板の素材自体が変質してしまうとか、いきなり溶けだすとか、そういった意味ではありません

また、また板の固さと耐熱温度は相関関係にあり、耐熱温度の高いまな板は固く、耐熱温度の低いまな板は、柔らかくなる傾向にあります(同一メーカーで、厚みも同一の場合)

ただ、耐熱温度の設定値については、まな板製造メーカーによってまちまちであり、業界で統一して定められた基準があるわけではないので、耐熱温度の高低をまな板の硬度だと捉えて一律に比較することはできません


反ったまな板にしない使い方・まとめ


  • 収納時は垂直に立てる、もしくは平らな場所に置く
  • 斜めに立てかけたり、シンクに渡し置きしたままで放置しない
  • 熱湯消毒する場合は平らな場所で行う、冷えて硬度がでるまで、そのまま放置
  • 食洗機のラックに立てかけて温水洗浄すると、耐熱温度が高い製品でも反りが出やすい
  • どうしても食洗機にかけたい場合は、まな板が平らになるように置いて洗浄する
  • 耐熱温度がやたらと高いまな板は、反りを直すときにも高い温度が必要なので、修正しにくい


これらの情報は、複数のまな板製造メーカーに伺って、いろいろと教えていただいた内容をもとにしております(メーカーの皆様、ありがとうございます)
今回のケースでは、まな板が反ってしまったのは、どうやら置き方が悪かったことが原因と言えそうです(実際、立てかける置き方をしているのを何度も見かけました)

また、これまで、まな板の耐熱温度は高い方が良いのだろうと考えていましたが、耐熱温度はやや低めのほうが、まな板としては柔らかく、包丁の歯当たりや刃持ちも良いため、結果として使いやすいということもわかりました

柔らかい分だけ、反りやすくもなりますが、「ポリエチレン製のまな板は、樹脂なので熱可塑性を持つ」ということを理解して、正しく使用したいと思います