アウトドアやら登山など

登山、トレッキング、長旅など

  1. ファイントラック ツエルト2ロングを長期使用した感想

  2. 世界屈指のトレイル「オートルート」を歩く

  3. ブライトホルン(4164m)に登る
  4. 書いてる途中です(画像はあるよ)

  5. 日本一周、オートバイの旅(約10ヶ月)
  6. 書いてる途中です

  7. アメリカ横断(往復)オートバイの旅(約2ヶ月)
  8. 書いてる途中です

  9. 西表島滞在(数ヶ月 x 数回)
  10. 作業中

登山用品、アウトドアグッズなど

  1. オピネルナイフ
  2. ネット上には、「オピネルは、キャンプにぴったりのおすすめナイフ!」といった安易なコンテンツが溢れていますが、わたしはそうは思いません。キャンプの雰囲気を演出するにはいいナイフですが、伝統的な設計のままになっているため、使いこなしにコツが必要で、キャンプ初心者には全くおすすめできないと思います。このページは、オピネルの鏡面仕上げカスタム、使いこなしのコツ、オイル漬けへの警鐘など、オピネル関連の記事のまとめです

  3. 登山に使える軽量ナイフ「Kershaw Ace 1710」
  4. 個人的に登山に携行しているナイフです。非常用、及び軽調理用として使っているため、軽量さと刃の薄さをポイントにしています。通常のナイフは堅牢さも重視されるため、刃厚が3ミリ程度のものが多く、調理には不向きです。そういう意味では、こういった薄刃のナイフは逆に貴重な存在です。鋼材は決して硬度の高いものではありませんが、サバイバルやブッシュクラフトに使うわけではありませんので、全く問題ありません(逆に価格面の優位性の方がありがたいです)

  5. キャンプ・調理で活躍「ガーバー・フィレナイフ」
  6. フィレナイフは、日本ではあまり馴染みが無いため、このタイプのナイフをキャンプなどで使っている人を、ほとんど目にしません。ですが、屋外での調理という視点で考えると、様々な用途に使え、実に使い勝手が良いです(実際、これを入手してからは、オピネルをほとんど使わなくなってしまいました)
    メーカーはGERBERなのですが、その割には価格的にもこなれており、実用性も高く、本当の意味で「使えるナイフ」です


刃物記事一覧

栄養摂取

  1. VC-3000とカムカムレモン(ビタミンCの摂取)
  2. 登山の際は、チョコやキャラメル、トレイルミックスなどを持参することも多いのですが、長期縦走時などは、ビタミン補給も重要だなと考え、美味しく食べられるビタミン補給食品を比較してみました