オピネルのブレード取り外し


刃、及びブレード面を保護する


マスキングテープを刃の部分とブレード表面を貼りつけます
作業時の怪我を防止するとともに、ブレードに工具等が接触した場合に傷を防止します

もっと言うと、テープで保護する前の時点で、『刃引き』を行っておくとよいでしょう

セーフティリングリングを外す

オピネルのセーフティリングを外す セーフティリングの正式名称は「ヴィロブロック」というそうです
いわゆるロックリングですね。回転させることでブレードをロックさせる、金属製の円筒形パーツです
ブレードをロックした状態で、むりやりブレードを引き上げることでリングを外している人もいるようですが、わたしの旧タイプオピネルは、そもそもブレード収納時ロックのための切り欠きがないので、そんなやり方はできません(できたとしても、そんな無茶苦茶なやりかたはやりませんが…)

セーフティリングの中央の膨らんだ部分にマイナスドライバーを差し込み、やさしくリングを押し上げて外しました

カシメピンの頭を落とす

オピネルのカシメピンの頭を削り落とす
セーフティリングを外すと、ブレードを固定しているカシメピンが現れます
ピンのお尻の部分をヤスリで削り落とし、ピンを抜く準備をします
このピンは、そんなに硬い素材ではありません(軟鉄ではないかと思います)
わざわざダイヤモンドヤスリで削り落としている方もおられるようですが、ごく普通の平ヤスリで、容易に切削可能です

カシメピンを抜く

オピネルのカシメピンを抜く
本来ならば『打ち抜きポンチ』を使用するところですが、持っていなかったので、ほぼ同径のトルクスビットで打ち込んでみました

ピンの長さと比べると、ビットの寸法が短いので、最後までピンを打ち抜くのには無理があります
ですが、ある程度ピンの頭を出すことができれば、抜くことは十分可能だろうと考えました

また、どうしても抜けないようであれば、その時点で打ち抜きポンチを購入しようという算段にしてました(どうにもならないときは、ドリルで揉むという手もあります。ピンを自分で作り直す必要はありますが…)

最終的には、半分ほどピンを打ち出した後、バイスプライヤーを使ってピンを抜きました
プライヤーでもできるでしょうが、バイスプライヤーは、こういう時安定して作業できるので重宝します

補記:このように、工具を、用途以外の使用法で使うのは、はっきり言っておすすめしません
作業性が悪いだけでなく、工具が壊れたり痛んだりしやすいからです
今回は、下記のように素材間の硬度差を考慮し、この程度なら問題ないであろうと判断した上で自己責任でやっております。こういった作業や工具、素材に詳しくない方は、きちんと適正な工具を使用して下さい
  • カシメピン:熱処理無しの圧延軟鉄(もともとカシメるために作られているので柔らかい)
  • トルクスビット:鍛造のクロームモリブデン鋼(まあ硬いよね)
  • ハンマー:ヘッドが柔らかい銅製のもの(叩かれる方を痛めないための、やさしいハンマー)

ブレードの取り外し完了

オピネルナイフのブレード取り外し
ブレードを取り外しが完了しました