ソーラー充電器

ハイパワーなソーラー充電器は、市販されていない?


「単3型2本を、半日で充電可能な性能が必要」と、一旦結論を出してみましたが、それでは そのようなソーラー充電器は、売ってないものかと、いろいろと探してみました。

「安物ではなくて、しっかりしたメーカーなら、そのくらいの製品は作っているのではないか?」
「おそらく、ソーラーパネルの大きいハイパワーな製品も売っているだろう」
・・・と、思いましたが
売っているのは、パネル面積が携帯電話サイズ程度のものがほとんどで
ハイパワーな製品は見あたりませんでした。

自動車用バッテリーのソーラー充電器であれは、そこそこ大型の製品もあるのですが、これは12Vバッテリーの自然放電を抑止するために設計されているので、エネループなどを充電するのには、電圧が高すぎて使えません。

この時、「実用的な時間で満充電となるような、ハイパワーなソーラー充電器が市販されていないのは、どうしてだろう?」
・・・と、思ったものですが、これは、自作ソーラー充電器を作るために、パーツを選定しているうちに、自ずと判ってきました。

ハイパワーな製品を作ろうとすると、自動的にソーラーパネル面積の大きな製品にならざるを得ず、購入するのをためらうような、サイズが大きくて高価格帯の製品になってしまうから。 ・・・なのです。
消費者からすると、「これなら、乾電池をたくさん買った方が、安いし楽だ。」 ・・・ということなのです。


【 補記 】
昨今のエコ指向の高まりによってでしょうか?ハイパワーな製品もちらほらと見かけるようになってきました。
ただ、ソーラーパネル面積が大きい分だけ、製品価格に転嫁されてしまうのは如何ともしがたいようで、1万数千円程度するようです。


目次に戻る | 次ページ → 自作ソーラー充電器を造ることに・・・