雨樋の修理2(軒といを載せて長さを調整)


雨樋の修理2(軒といを載せて長さを調整)

端で切る、真ん中で切る? どっち?

雨どい修理(切断・長さ調整)

購入した雨樋の長さの合計は、3.6m x 4本 = 14.6m分となります
これに対し、設置する屋根の長さは約14mですので、単純計算で60cmカットする必用があります
(しかし実際には、勾配がありますので、単純に60cm切り落とすと、後で寸法が足らなくなります)

実寸で何センチ切り落とすかはひとまず置いておいて、どの部分をカットしてサイズを切り詰めるかを先に考えます
カットが可能なのは、雨樋の継ぎ目(3箇所)と、雨樋の両端(2箇所)の計5箇所です

継ぎ目が金具と重なってしまうのは、好ましくありません。継ぎ手の厚みの分だけ、雨樋の水平位置が高くなってしまうため、微妙な勾配が崩れてしまいます
また、金具が邪魔になるため、継ぎ手を嵌めて接着する作業がやりにくくなります

このような事を避けるため、軒といを地面に並べてみて、「とい」と「とい」の継ぎ目が、金具の位置に重ならないよう、おおよその切断部分を決めます

切断する部分が定まった後は、マジックでおおよその印を付けました


今回雨樋の切断には、Zライフソー(木工)を使用しています
本来これは、木工用のこぎりですが、刃ピッチが小さめで、板厚も薄めのため、塩ビ製の雨樋も楽にカットすることができました
最初から塩ビ素材を切断することが目的でのこぎりを購入する場合は、Zパイプソーなどがおすすめです

切ってから軒先のステーに載せるか?、ステーに載せた状態で切るか?

軒といを切断後に、軒先に載せるべきか?
それとも、金具に載せた状態で、現物合わせて切断するべきか?
どちらの作業が望ましいか、悩みました(勝手の解らない、素人作業のつらいところです)

結局のところ・・・
1.地面に置いた状態で、おおよその長さに切断する
2.軒先に載せ、現物合わせでマーキングを行い、一旦地面に降ろして切断する
・・・という、「2回に分けて切断する」形をとりました

あらかじめ10cm以上の余裕を持って切断したのですが、金具に載せてみると、ほぼジャストサイズに近いところまで納まっており、結果として1cmほど再カットするだけで済みました

これは、地面に置いていた時と、軒先に吊るした時では、「水平」と「斜め」の違いが生じるため、長さの違いが出てしまったためです
付けた勾配は「200分の1」と緩い傾斜ではありますが、それが何メートルともなると、結構な差が生じてしまうものだと改めて感じました

画像は、2回めのカットの状態です。直角にカットするのがベストですので、黄色いテープを貼って、刃が斜めに入らないよう、目印にしています



● 次のページ >> 雨樋の修理3(雨水を落とすための「穴開け加工」)