雨樋修理に使用した工具・役に立った道具


雨樋修理に使用した工具・役に立った道具

主な作業道具
  • 脚立
  • ラチェットドライバー
  • のこぎり
  • キリ(下穴開け用)
脚立

のこぎり(ライフソー)

ドライバーと下穴用キリ



マキタの充電式電動ドライバーなどが有れば、作業効率が上がって楽できますが、持っていないので、使い慣れた手動のラチェットドライバーで作業しました

道具という程ではないが、役に立った物
  • 蚊取り線香
  • ポケット付きの前掛け
  • マッキーノック
  • サイクルキャップ
蚊取り線香

前掛けエプロン

サイクルキャップ




【 蚊取り線香 】 昔ながらの蚊取り線香は、夏季の屋外作業の強い味方です
蚊に刺されたからといって、痒くなる程度なのでどうということはないのですが、複数匹でまとわりつかれると、作業への集中力が削がれてしまいます
脚立の上に乗って作業している時などは、安全面から見ても問題ですので、作業前に蚊取り線香を点けておくのは必須でした
上手と下手の両方に設置しておくと、風向きが変わった場合でも安定して蚊遣りの効果を得ることができました

昔からある商品ですが、電気のない場所でも使用できる蚊取り線香は、とても便利で役に立ちます

【 ポケット付きの前掛け 】 おしゃれなカフェなので、店員さんがよく使っているような、ポケット付きの前掛けです
本職の方は、「腰袋」と呼ばれる道具を装着するための作業用ベルトを付けて高所に上がりますが、わざわざ買うほどではないため、手元にあったポケット付き前掛けで代用しました

実際の作業では、前掛けのポケットに、木ネジや固定金具、ドライバーなどを入れて作業にあたりました
両手をフリーにできますので高所での作業が安定し、脚立を使う時の必須アイテムとなっておりました

あくまでも代用品ですし、専門品には一日の長があると思いますが、わざわざ買うほどではない場合は、このような日常に使える品を流用するのも良いと思います

この前掛けは、元々キャンプ用として購入したものです
キャンプの際は、スマホやヘッデン(懐中電灯)、ライター、鍵類、手袋など、身につけておきたいものが多く、衣類のポケットがパンパンになりがちなため、スマートに収納可能な、この前掛けが役に立ちました
【 サイクルキャップ 】 額の汗どめになる、「つば」が短いので壁に近い状態で向き合った時にじゃまにならない、半メッシュで通気性良好、速乾性、汗抜けも良い、などなど、作業用の頭部衣類として非常に優秀でありました
元々この上からヘルメットを被るようにできており、ヘルメット下の汗止めとしても使えます

今回の修理は南西側での作業だったのですが、昼前になると屋根を超えて陽が登り、直射日光がもろに目に入るようになります
そういう時は、つばを前にして深めにかぶり、陽を避けることで快適に作業することができました

手ぬぐいを頭に巻くというのはよくあるパターンですが、いちいち後ろで結ばなくても、さくっと被るだけで済むというのはやはり便利です。使用後も洗濯機でザブザブ洗えて楽でした

ちなみにこのサイクルキャップは、ツールド下関というサイクルイベントの参加景品です
ちゃんとしたメーカー品を買うと、そこそこ値段がするのですが、こういう「参加賞の景品」や、「自転車雑誌の販促用オマケ」の方が、いい具合にペラペラで、汗抜けも通気性も良好で、(色やデザインは別として)好きだったりします
自転車雑誌のオマケのサイクルキャップは、わざわざ雑誌を買わなくても、ヤフオクなどでは数百円で入手可能です



● 最初のページに戻る >> 雨樋の修理(業者に頼まず自分でDIY)