ソーラー充電器

低費用で作る、自作ドライボックス(湿度計付カメラ用防湿庫)


ジップロックコンテナーをドライボックスの容器に

湿度計付きのカメラ用小型ドライボックスを、DIYで作りました

カメラが一台すっぽり収まるだけの、小型ドライボックスです

自作ドライボックス(カメラ用)
ドライボックスといっても、ジップロックコンテナーに湿度計を取り付けただけなのですが、湿度計を分解して小型化し、蓋の膨らみ部分に湿度計の針を納めることで、スペース効率を追求しています

また、ギリギリまで小さなサイズの容器を使用することで、乾燥剤の能力を効率的に発揮させています
(乾燥剤の量にもよりますが、画像のように湿度13%まで乾燥させることができました)
ローコストながらも非常に高い乾燥能力をもつドライボックスに仕上がっています


自作カメラ用ドライボックス
自作カメラ用ドライボックス(蓋を開けた状態)

自作カメラ用ドライボックス
湿度計を分解して機械部分のみを取り出し、ペットボトルの蓋をケース代わりにすることで最小限のスペースで収まるようにしています
また、カメラグリップの上の部分のスペースに湿度計が収まるように配置し、レンズ部とは干渉しないようにしています

乾燥剤の量を多めに入れておくと、冒頭の画像のように湿度10%台まで下げることも可能です

制作にあたっては・・・
 ● カメラ一台が収まるだけの、ぴったりサイズの収納庫
 ● 汎用性のある材料を使用し、低コストで自作
・・・を、重視しました

内容積が極小のため、少量の乾燥剤で充分な効果を得ることができ、維持費も低コストで収まります
軽量でこのまま持ち運ぶことも可能ですので、湿度が高い季節の撮影旅行などでは、宿泊先や移動時の車内などでも、カメラを低湿度状態に維持することができ、安心です
(実際に持ち運ぶ時は、傷防止のため、カメラを薄手のマイクロファイバー布でくるんでおくと良いと思います)

収納しているカメラは、Canon PowerShot G1X Mark2です(以前はCanon PowerShot G12を使っていました)
G12もジップロックコンテナーに収めて保管していましたが、G1X Mark2にカメラを変えたことで、サイズ的に収まらなくなってしまい、新しくドライボックスを新調した次第です

自作ドライボックス 使用材料 一覧

  • ジップロックコンテナー 820ml
  • 汎用の湿度計(シンワ測定 T-3丸形)
  • FUJICOLOR カビ防止剤(シリカゲル&BCAゲル)
  • ミニサラダ(米菓)の乾燥剤(生石灰)
実際に使用した材料(自作ドライボックス)


関連ページ (主に山岳写真を撮っているので、山の画像の関連ページなどです)

世界屈指のトレイル「オートルート」を歩く
ページ下部に、お気に入りの山岳風景画像を配置しています(クリックで拡大可能)

ブライトホルン4164m 雪と氷の白い世界
標高が高い場所では、空気が薄く低湿度のため、空は抜けるように青く写ります
山の稜線と空との境(スカイライン)は、あたかも切り絵のようになります
4000m越えの世界を撮影するには、登山の技量や装備も必要ですが、「下界」では決して撮れない世界がそこにあります

画像の無断転載から和解に至った実例
当サイトの画像が無断転載された時の記録です
画像使用料として和解金を頂き、示談としました
同様の著作権違反や盗用の再発防止を目的として掲載しています

湿度計の改造、取り付け

湿度計は、シンワ測定の「T-3丸形」を使用。分解して内部を取り出し、文字盤をカットして使用しています

湿度計の外寸は、「直径71×21mm」なのですが、コンテナにカメラを収めると、余剰スペースがなさすぎて、そのままでは湿度計が入らなかったため、このような加工を行ないました

ジップロックコンテナーの蓋の膨らんでいる部分に、湿度計の針が収まるよう加工することで、より省スペースに配置することができました

改造した湿度計
小型の割には充分な視認性があり、すぐに湿度が判るので使いやすいです

湿度計の改造

湿度計の裏側の加工状況、および、蓋との接着の状態です

ペットボトルの蓋を貼り付けて、裏蓋の代用としています
こうすることでスペース的な余裕が生じ、収納時にカメラのレンズと干渉しなくなりました

開口部を設けてあるのは、庫内の空気が湿度計測板と充分に接触できるよう、空気孔としての設置です
最初にキリで穴を開け、リーマーを使って穴を適当な大きさまで広げています
ちなみに、中に見えているゼンマイ状のパーツが、湿度によって伸び縮みするバイメタル(湿度計測板)になります

ジップロックコンテナーとの接着は、グルーガン(ホットメルト)を使用しました
接着が完了してもカチカチに硬化せず、ある程度の弾力性を持ちますので、開閉時の蓋の捻れにも追従するのが良いところです

具体的な加工手順は・・・

1.湿度計のケースと風防、裏蓋を取り外す
2.文字盤を金鋏でカットし、サイズを小さくする
3.針の先端を切断して短くする
4.ペットボトルの蓋に穴を開け、文字盤の裏側に接着(湿度計測板と接触しないよう注意)
5.ホットメルト(グルーガン)で、ジップロックコンテナーと一体化

 ・・・と、このような感じです
湿度計のケース分解は、それほど難しくありませんでした。(小さなドライバーでこじ開ければ、パッカンと外れます)

最初から、より小さなサイズの湿度計を使用しておれば、文字盤や針を大幅にカットする必要もなかったと思いますが、実際に入れてみないことにはサイズ感覚が掴みにくかった部分もあり、仕方なかったかなと思います

ドライボックスに使えそうな、さまざまな湿度計

ハクバ
湿度計
直径70mm
適正湿度域を青色表示
クレセル
精密温湿度計
48x28mm
シンワ測定
小型湿度計
直径48mm

ドライボックスの吸湿テスト

カメラを収納した状態で乾燥剤を入れ、ドライボックスの吸湿テストを実施しました

結果から言いますと、おおよそ1時間以内に、防カビ効果の生じる湿度60%に達し、2時間で安全圏内である55%以下に達しました

5時間以上経過すると、湿度の変化が穏やかになり、それ以上はあまり吸湿しなくなります
最終的には45%前後で落ち着くことが多いですが、庫内の空気量が少なく、乾燥剤の量が多ければ、30%近くまで湿度が落ちることもあります

個人的には、55%以下を「安全湿度」と見なしており、この域に近づいてきたら乾燥剤の替え時と捉えています

吸湿テストの詳細(時間経過とともに庫内が乾燥)

実際に庫内が乾燥していく様子をテストし、その様子を記録してみました

使用した乾燥剤
  • フジカラー カビ防止剤:1包(ほぼ新品)
  • 生石灰乾燥剤:小型2包(約一ヶ月ほど使用済のもの)
ドライボックスの乾燥テスト(開始時)
テスト開始時点:気温25度、湿度77%  時間経過が判るように時計を置いています

時計にも湿度表示がありますが、ドライボックスの湿度計とさほど誤差は無いようで、時計の湿度表示は77%、(開放時の)ドライボックスの湿度計は76%を指していました
(蓋を閉めた後、撮影するわずかの間に74%まで下がってしまいました。ここでは74%をスタート時の庫内湿度としています)
ちなみに、画像の置き時計の湿度計は電気式で、計測用素子の電気抵抗を元に湿度を数値化しています
自作ドライボックスの湿度計はバイメタル式ですので、作動に電気を必要としないタイプです

ドライボックスの乾燥テスト(湿度60%に低下)
湿度74%からスタート、43分経過時点で60%まで乾燥させることができました

ドライボックスの乾燥テスト(6時間経過)
6時間ほど経過すると、湿度が50%以下になり、湿度の低下率も緩やかになってきました
最終的に、10時間後に46%まで低下し、これ以上はほとんど下がらなくなりました

実際のところ、カビを防止するには湿度を60%以下にしておけば良いわけですし、安全マージンを考えても55%以下に保っていれば充分だと思います

どうしても庫内湿度をカリカリに下げたい場合ば別ですが、むやみやたらと乾燥剤を増量しても維持コストがかかるだけですので、光学機器のカビ防止という観点からは、この実験時の乾燥能力(乾燥剤使用量)で充分ではないかと思います
ちなみに、冒頭の画像(庫内湿度13%の状態)は、生石灰乾燥剤を4袋使用して撮影しています(この実験時の倍量です)

自作ドライボックスの乾燥実験 (湿度変化 一覧表)
経過時間庫内湿度備考
開始時点74%吸湿テスト開始
15分66%-
30分62%-
43分60%最低防カビ湿度
1時間58%-
2時間54%安全湿度
4時間51%-
6時間49%安定推移
8時間48%-
10時間46%これ以上はあまり下がらない

【 補足 】
今回の実験は、あくまでも一例であり、庫内容量や、投入する乾燥剤の量と種類、吸湿余力などによって、湿度の低下スピードや最終的に安定する湿度は変化します

乾燥剤を新品に入れ替えたタイミングで、このような計測を行なってデータ取りをしておくと、その後の乾燥剤の劣化状態を判断する指標にすることができ、維持管理の目安になります

ご自分で防湿庫やドライボックスをお持ちの方は、一度試してみると良いでしょう

ちなみに、庫内の湿度が十分に安定した状態で、室温(庫内の温度)を上下に変動させると、湿度の針も連動して動きます
これは、乾燥剤による水分の吸着によるものではなく、相対湿度の変化によるものです

気温が高くなると飽和水蒸気量が高くなるため、「空気中に蓄えられる水分量」が増し、相対的に湿度が下がります
このように庫内の絶対的な水分量(絶対湿度)には変化がなくても、気温の上下動によって湿度計の針も変動します。湿度の状態を観察する場合は、このような要素も加味してモニタリングすると良いと思います


乾燥剤はシリカゲル?それとも生石灰?

一般的によく使用される乾燥剤は、シリカゲル、もしくは生石灰です

カメラのドライボックス用途としては、シリカゲルの方が多用されているようですが、生石灰がダメかと言うと、そうでもありません
実際ハクバのキングドライは、乾燥剤として酸化カルシウムが使用されています(「生石灰」のことです)

正直、シリカゲルでも生石灰でも、どちらでも良いと思います
ただ、乾燥剤としての性能を最大限に発揮させるためには、それぞれの特性を把握する必要があります

それでは、シリカゲルと生石灰の特性について解説してみましょう


生石灰

生石灰(酸化カルシウム)は、水分を吸収すると化学反応を起こし、水酸化カルシウムとなります。この化学反応を乾燥剤として利用されています
こちらはシリカゲルと異なり、一旦吸湿した後は、乾燥剤としての再利用ができません(いくら干しても吸湿能力は回復しません)

乾燥剤(生石灰)
生石灰乾燥剤、右側はフジカラーのカビ防止剤

使用前は(袋の上から触ってみると)小さな粒状のザクザクした触感であることが判りますが、吸湿すると粉状にほぐれて、袋がパフパフした触感に変わります(この際、袋も若干膨らみます)

注意:空気中の水分を吸収する場合は、反応が穏やかなので問題ありませんが、水そのものと混ぜ合わせると急激に発熱しますので注意が必要です
そもそもカメラを水に濡らすこと自体が禁忌ですが、万一濡れてしまった場合は、可能な限り水分を拭き取るなどして、石灰の入った袋に水分が直接触れないようにするなどの配慮が必要です

煎餅やおかき、海苔などの吸湿しやすい食品には、乾燥剤として石灰が封入されていることが多いです。パッケージ開封直後は吸湿余力が充分残っていますので、ドライボックスの乾燥剤として転用することも可能です
海苔は、特に吸湿を嫌うので、かなり大型の生石灰乾燥剤が使われています。が、しかし、海苔と乾燥剤が直接接触するような形で封入されていることが多く、再利用する際カメラと一緒にするのは少々ためらわれるところです(海苔の小片が乾燥剤の袋に付着している場合があります。味付き海苔の場合は、糖分やでんぷん質が袋表面に付着している可能性も否定できません)

「ミニサラダ」などの米菓の場合ですと、煎餅が小袋に入れられており、乾燥剤と食品が直に接触していませんので転用もしやすいと思います(わたしも実際に使用しています。これだとわざわざお金を出して「乾燥剤」を購入する必要がありません)
ただ、ミニサラダの場合は年間を通して乾燥剤を入れているわけではないようで、梅雨時などの湿度が高い時期以外は、乾燥剤が入っていないことがあります

シリカゲル

シリカゲルは、多孔質構造を生かした乾燥剤です
ミクロレベルでの表面積の豊かさを利用して水分を吸着させていますので、一旦湿気を吸った状態になっても、天日に当てたり、電子レンジで水分を飛ばして湿気を再放出させることで、再利用することが可能です
見た目で吸湿余力がわかるように、塩化コバルトを添加した粒を混ぜていることが多いです
青色は吸湿余力が充分有り、ピンク色の場合は吸湿水分が飽和状態に近くなっており、吸湿余力がほとんど残っていないことを示します

シリカゲルの利点は、前述のように繰り返し使用できる、万一袋が破れてもカメラが汚れない、水分と接触しても生石灰のように発熱しない、ということです

フジカラーカビ防止剤

乾燥剤としてはシリカゲルが使用されていますが、防カビ成分としてアルファブロム・シンナムアルデヒド(BCAゲル)が添加されています
内容量は5包で、期間は1年とのこと
メーカーもフジカラーですから安心して使えます。値段も安く、単に乾燥剤を入れておくよりも安心できます
なにより乾燥剤の吸湿力が低下している場合でも、防カビ成分の効果は変わらないというところが良いと思います
乾燥剤だけでもカビを防ぐには充分ですが、防カビ成分を併用することで、ダブルの効果が期待でき、愛用のカメラを大事に保管したい場合に有効です

フジカラー カビ防止剤
フジカラー カビ防止剤

フジカラー カビ防止剤
フジカラー カビ防止剤

未使用の乾燥剤の保管

未使用の乾燥剤は、厚手のポリ袋等に入れ、空気を抜いて封をし、さらに密閉可能な箱に保管しておくと良いでしょうフリージングバックやジップロック(袋)に入れておくのも良いと思います

重要なことは、大気中に放置しておかないということです。空気中の水分を吸収し、せっかくの吸湿能力がすべて失われてしいますので、密閉して保管しましょう
乾燥剤とカビ防止剤


防湿庫・ドライボックスのサイズ選び

ドライボックスの場合

ドライボックスの場合は、基本的に密閉容器に 防湿庫のサイズは、大きい方が多数のカメラを収納することができますので、安直に考えると(価格と収納スペース的な要素を無視すれば)サイズが大きな方が良いと言えます
後からレンズを買い足した場合にも、「庫内に入らなくて、一回りサイズの大きな製品を書い直す羽目になった」 …となりません

可能であれば、カメラにぴったり合わせようとすると、以外に難しいです

今回収納予定のカメラは、Canon PowerShot G1X Mark2でして、外寸サイズは・・・
「116.3mm x 74.0mm x 66.2mm」となっています

一方、実際に使用した「ジップロックコンテナ 820ml」は、公式サイズが・・・
「156mm x 117mm x 83mm」です
サイズだけを一律に比較すると、かなり余裕があるように思えますが、ここで注意が必要です

両方とも「製品外寸サイズ」ですので、コンテナの方にある程度の余裕を持たせていないと、カメラが収納できない可能性があるのです
タッパーやラストロウェアなど、食品保管庫をカメラのドライボックスとして流用する場合は、選定時に同様の配慮が必要です

実際のところ、今回使用したジップロックコンテナ820mlは、PowerShot G1X Mark2が、ちょうど収まるサイズで、縦と横はそれぞれ1センチ弱、高さ方向には、5ミリ程度の余裕しかありません
これ以上小さければ、カメラは入っても、乾燥剤を入れるスペースに苦慮したのではないかと思います
自作カメラ用ドライボックス、サイズ比較
カメラを収納した状態での余剰スペースが判るように撮影してみました(横方向)
左側の隙間に、フジカラーの防カビ剤を入れています

自作カメラ用ドライボックス、サイズ比較
同様に、縦方向での余剰スペースです
右側に少しスペースがありますが、この部分に生石灰の乾燥剤を配置しておくと、カメラの収まりがとても良くなって安定します(このカメラサイズの場合です)

自作カメラ用ドライボックス、サイズ比較
高さ的には、かなりギリギリのサイズで収まっています(言い方を変えると「ぴったりサイズ」とも言えます)
画像では、湿度計の針が70%を指していますが、これはカメラを出し入れした直後で、まだ湿度が下がっていない状態で撮影したためです


カメラ保管用の防湿庫は、カメラアクセサリーメーカーから専用品も販売されています
カメラを数台以上所有しており、レンズを何本も使い分けているような方は、市販の防湿庫を使用した方が使い勝手が良いと思いますが、小型のミラーレス一眼や高級コンデジを一台のみという場合は、今回のような自作ドライボックスでも充分です

ちなみに最も簡単なのは、乾燥剤を入れたジップロック・イージージッパーの袋に、カメラを収納しておくことです(少し空気を抜いておくと更に良い)

こうなると、もはや「ドライボックス」ですらなく「ドライパック」となりますが、箱ではなく袋であるというメリットを生かし、中の空気を抜いた状態で封をすれば、乾燥剤をより効果的に使用することができますので、これはこれで非常に効果的ではないかと思います