■ 神田屋と若宮みそを西日本新聞が取材、記事掲載


西日本新聞の「あなたの匿名取材班」に対し、味彩・神田屋の訪問販売の実情を説明し、調査を依頼してみた
結論から言うと、下記リンクにある通り、体裁の整った記事となった

「みそ4キロ1万円」適正? 業者は「味に自信」 訪問販売トラブル絶えず 法整備求める声も (2018年04月25日)

公共性のある新聞媒体であることもあり、この記事には販売者である「神田屋」、そして製造者である「若宮みそ(赤塚商店)」の名前は出されておらず、適切に配慮された記事となっている

さすが本職というべきであろうか、緻密な取材により、さまざまな新事実が明らかになった
ここではそれらをまとめながら、興味深い点を列挙、解説してみよう

補足:西日本新聞の記事に当サイトの掲載画像とほぼ同じもの(※1)がありますが、これは、当方が西日本新聞側に使用許諾の上、渡したものですので、どちらかがコピーや盗用をしたものではありません(念の為)
※1:西日本新聞側の画像では、屋号等が判別できないよう画像処理をされています

■ 若宮みその卸値は2,180円/4kg、販売量は500kg/1月


記事によると、若宮みその(神田屋に対する)卸値は、2,180円/4kgだった
2,180円/4kgということは、1kgあたりの金額は、545円である

販売量は500kg/1月とあるので、4キロ樽換算では125個となる

若宮みその特上米みそは、1kg640円で販売されているので、おおよそそのあたりではないかと予想していたが、当たらずとも遠からずという感じである

ここからは推測になるが、商品の品質、使用材料、製造工程からすると、「特上米みそ・1kg640円」とほとんど変わらないのではないかと思う。
卸値のほうが1kgあたり95円安くなっているが、1月に500kg、年間換算で6トンもの取引があるのだから、大量・継続販売による値引きとしては、相当ではないかと思われる


それにしても年間6トンとは、売りも売ったりである
年間売上金額にすると、おおよそ1500万円。対する仕入れ値は327万円となるので、粗利は1173万円となる

■ 新事実・契約書面でも製造元を隠蔽


記事よると、特定商取引法で定められている契約書面についても、製造業者である「若宮みそ」の表記がなかったとのことである
また、それを指摘された際の神田屋の回答はこのように報道されている

男性は「記載が必要とは知らなかった。どこのみそか聞かれたらちゃんと答えていた」と釈明した。

もちろんこれは、大嘘である

まず、神田屋は契約書面に製造業者の記載が必要であることを知りながら、意図的に表示を行わずに販売を続けている
この違反行為については、農水省より食品表示を適正に行うよう、2018年1月に指導を受けており、これを知らないというのは、嘘以外の何物でもない


次に、みその製造元について尋ねられた際の対応だが、神田屋が「聞かれたら答えていた」というのも嘘である

以前、「味彩 神田屋 一問一答」に記載したとおり、神田屋代表の保田氏は、わたしの目の前で、製造元の開示を頑として拒否した経緯がある。 にもかかわらず、「聞かれたら答えていた」というのは、呆れて物が言えない

これはもう、堂々と嘘をついていると言わざるをえない
「息をするように嘘をつく」とは、こういう事を言うのだろうか?

そもそもこれは、「知らなかった」で済ませてよい事案ではない
百歩譲って、「まっとうな商売人が本当に知らなかった」ケースであれば、以下のような返答が返ってくるはずだ
「記載が必要と聞いて驚いた。自分の不勉強と至らなさが恥ずかしい」
「早急に表示を改めると共に、今後は正確な表記を行うよう徹底します」
 ・・・普通はこういう返答になるはずだ

そう、神田屋の返答の異常な点は、自分の非を報道メディアに指摘されても、言い訳に終止し、「早急に表示を改める」とは、絶対に明言しないところだ(本当は、知っていて意図的にやっているのだから、当然といえは当然だが)

悪いことを意図的にやっている人は、往々にしてこういう行動を取るものだ
おそらくこれからも、知らぬ存ぜぬで自分の責任をかわしつつ、決して表示を改めることはしないのだろう
食品販売業者として、許しがたい悪行である

味噌は食品であり、安心、安全が最も求められる消費財である。
平気で嘘をつくような販売業者は、決して食品を販売すべきでないし、そののような業者を、消費者も行政も味噌業界も、決して許してはいけないと強く感じる次第である

■ 神田屋の言う「納得して買ってもらっている」とは詭弁でしかない

神田屋は、自らが味噌の製造業者であるかのように装って、訪問販売している
服装はこんな感じだ。
ボトムはデニムだが、使い込んだいい感じの前掛けをしており、それには「神田屋」の屋号が染め抜かれている。
上着はよくある薄手のダウンベストだが、ご丁寧に「神田屋」のロゴがプリントされている
そのような装いで味噌樽を抱えている様子を見ると、傍からは味噌蔵のご主人以外の何物でもない(ように見える)
繰り返すが、この「神田屋」という屋号は、製造者ではなく、ただ訪問販売している業者の屋号でしかなく、実にあざといと言わざるを得ない

この格好で、自分が味噌を作っているかのようなセールストークを行っているのだ。多数の高齢者が騙されてしまうのも、無理もないであろう

さらに、それが明らかにならないよう、食品表示ラベルと契約書面の双方に、製造元の情報を一切記載していない
それだけではなく、農水省や保健所等の行政機関より指導を受けても、表示違反を改善することなく、販売を継続している

これはもう、意図的に「自らが製造業者であるように消費者に誤認させている」と言うことができよう

神田屋はしきりに、「お客様に納得して買ってもらっている」と強調しているが、まさに詭弁でしかない
「納得して」ではなく、「誤認させて(騙して)」と言わざるを得ない

本当に「納得してもらっている」と主張したいのであれば、最低でも、継続購入のお得意様に対し、これまでの「製造者の表記違反」をきちんと説明し、自らが製造者でないことを明らかにしたうえで、表記不備の状態で販売したことをお詫びすべきであろう
そして、食品表示ラベルと契約書面に製造業者を明示し、販売時に「この味噌は福岡県宮若市の若宮みそが製造しています」と説明すべきであろう


意図的に消費者の誤認を誘発し、表示違反であることを知りながら、指導を受けても改善を行わずに販売を継続するというのは、まさに「消費者を騙している」事に他ならない
どこが、「納得して買ってもらっている」のだろうか?

平気で嘘を繰り返しついたり、事実を隠蔽したり、消費者の誤認を意図的に誘発させる行為をおこなったりする食品販売業者は信用することができないし、わたしの感覚から言わせてもらうと、神田屋の商売は「判断力や認知力の低下している人を狙い撃ちした悪行であり、悪いこと知った上で、意図的にやっている」としか思えない


■ 若宮みそ(製造元)について


「販売業者のために特別の工程で造り」とあるが、「材料も特別に仕入れ…」とは語っていないところに注目したい
材料が違っており、通常販売商品と異なっているのであれば、産地を挙げるなどして、強くかつ明確に主張するはずである
その点について何も語らないということは、要は、材料は同じなのだ

「(販売業者のための)特別の工程」というのも、どこまで信用してよいものだろうか?

「麹蓋を使用する」というのは、通常販売の若宮みそでも行われており、若宮みそのホームページでもしきりに強調されていることなので、「販売業者のための特別の工程」とは言えないだろう

他になにか、味噌の製造における「特別工程」があるかと調べてみたのだが、一般的には「長期熟成」や、「冬季低温時の加温なし、自然温度での仕込み(年一回のみ)」あたりである

神田屋に卸す味噌を、通常商品よりも長く熟成していたのだとすれば、「特別」ということもできるだろうが、神田屋から購入した味噌は、熟成が浅く、間違っても長期熟成とは言えるものではなかったことを、事実として断言しておこう
(むしろ、熟成は購入後に進んだことを強く感じた)

「冬季低温時の加温なし、自然温度での仕込み」については、まず無理だろう


だいたい、「特別な工程」というのは何がどう特別なのだろうか?
本当に神田屋のために特別な工程経て製造しているのであれば、「通常のものより3ヶ月間長く熟成させています」とか、「加温せずに天然醸造で作っています。加温を行わないと発酵速度が遅くなるので大量に生産できません。ですがその分おいしい味噌に仕上がります」…というように、明確に答えるのではないだろうか?
神田屋の味噌は「ありえないほど高額」とまで言われたが

を、かを明かさないというのが妙におかしい

この製造工程が異なるというのは、・・・でわたしが尋ねたときも同じような回答で、どこが異なるかについては言及がなかった

神田屋は「味噌の製造業者はどこか?」とわたしに尋ねられた時に、「答えられない」と言っていた。 都合の悪いことには、誰も口をつぐんでしまう
もしも正確に答えれば、自分の首を締めてしまうからだ

「販売業者のために特別の工程で造り…」という何気ない一言に、若宮みその商売に対する姿勢が見え隠れするように思えて他ならない


平気で嘘をついたり商品について隠し事をする業者は、信頼できない
当然、そういった信頼できない販売者からは、食品を買ってはいけない

悪行に加担するのはどういうことなのかをしっかり自覚すべきであろう 盗品を、それと知りながら買い受けるのは法律に違反する(盗品等関与罪) 若宮みそは、宮若市のふるさと納税対象になっていたり、糸さんに取り上げられたりして、地元のみそ業者としてこれでよいのだろうか? 商売人としての良識があるのであれば、悪行に関わった場合、それを知ってか知らずかを問わず、速やかに発表し、お詫びをするのが普通だと思うのだが、 そういうことをしないというのであれば、「取引は止める」という言葉も、どこまで信用してよいのかわからない   いるようだが

■ 補足説明


西日本新聞の記事では、食品表示ラベルの表記、および、「手造り」の表示については、当方とは見解が異なっており、「特に問題はない」とされているが、これは当方とは見解が異なっている

改めてこれについて論じてみたいが、長くなりそうなので後日ゆっくりまとめてみたいと思う


悪質な味噌の訪問販売、目次に戻る