コンパウンドで鏡面仕上げ


粗目のラビングコンパウンドで研磨


ホルツのラビングコンパウンドで研磨します
コンパウンドで鏡面仕上げ
このコンパウンドは、車の塗装面用なのですが、使い勝手が良いので多用しています

粒子サイズが大きめなので、コンパウンドとしては切削力が高めです
大きめの傷を目立たなくするのに有効で、細目コンパウンドの前段階として使っています

50ミクロンという粒子サイズは、粒度としてはかなり大きめです
メッシュ換算すると#320番相当の番手となり、かなり粗いのです
ですが、この手のコンパウンドは磨き込んでいくにつれて粒子の角が取れ、素材の表面にやさしく当たるようになるので、実際の番手以上の状態に仕上げることができます

オピネルナイフの鏡面仕上げ

この時点で、そこそこの映り込みが出ています
通常であれば、このあと粗目から、細目のコンパウンドを経て、極細目で仕上げて終了となりますが
ブレード表面をしげしげと眺めていると、さまざまなアラが見えてきました…。