ソーラー充電器

■ ソーラー充電器 (単結晶・完成品)


自作ソーラー充電器 単結晶
ソーラー充電器(単結晶タイプ)

【 仕様 】
重量:約240g
大きさ:286x123x24mm (横x縦x厚み)
出力:2.28W
充電可能な電池:エネループやエボルタなどの単3型ニッケル水素電池
(電池アダプターを使用すれば、単四型も充電可能です)

電流の逆流を防止するダイオードを、4本使用しています
耐蝕性、耐震性、防滴性を高めるため、電池ホルダーをケース内に納め、太陽電池の端子部分をシーリング処理しています。

【 充電の目安 】 単3電池を充電する場合
晴天時: 4本ならば2/3〜1日程度、2本ならば半日程度で満充電に達します
曇天時: 4本ならば2/3〜1日程度、2本ならば半日程度で1.30〜1.35Vに達します(これ以降は、日差しが強くならない限り、時間をかけてもあまり変わりません)

上記の時間は、充電池の消耗具合、季節(太陽の高さ)などにも左右されます。

単4電池を充電する場合は、単3電池の1/2〜3/5程度の充電時間が目安です。

1.46V以上  充電を停止します。これ以上充電を続けると電池の寿命を短くする可能性があります。
1.40-1.45V ほぼ満充電です、充電を停止しましょう。充分に使用可能な状態です。
1.30-1.39V 満充電までもう少しですが、使用するには充分です。
1.20-1.29V 使えないことはありませんが、使用可能な時間はそれほど長くありません。
1.10-1.19V かなり放電している状態です。使用するには充電が必要です。
1.00-1.09V 完全放電に近い状態です。


【 使用方法 】
電池ホルダーにエネループ等の充電池をセットし、ソーラーパネルに太陽光を当てて使用します。
「ON / OFF」のスイッチはありませんので、充電する際に電池をセットして使用しまう。
充電の完了・中止は、「充電の目安」を参考にして下さい。

※ よくある質問、注意事項などは、 ソーラー充電器 FAQ をご覧下さい。


目次に戻る