月寅次郎のサイト

生クリーム・ラムレーズン - 誰でも簡単デザート・食べすぎ注意


生クリーム・ラムレーズン

マルセイバターサンドの中身を、思う存分好きなだけ食べる」というのを一度やってみたく、さまざまな試行錯誤の末にレシピ化しました

持ち寄りパーティなどに持って行くと、よく「作り方を教えて!」と言われることもあり、備忘録も兼ねてここに書き留めています

簡単に言うと、レーズンを湯通しして、生クリームとラム酒に漬けるだけです
(テクニックも製菓用の器具も必要ありません。誰にでもできる簡単レシピです)

マルセイ
バターサンド

結果としての出来上がりは、マルセイバターサンドのものとは、少し違っているかもしれませんが、さほど気にすることはありません
下の解説の「おすすめの、おいしい食べ方」で試してみると、どうかすると、こちらの方がおいしんじゃないかとも思えるからです
決して2つを食べ比べてみたわけではありません。かなり手前味噌にもなっていると思います。
ただ、できたてのラム酒の香りの立った状態のものを食べてしまうと、かなり病みつきになるのは確かです(作りたてというのは、それだけ美味しいのです

ご注意下さい
ダイエット中の方、体脂肪率を管理している方など、カロリー制限をしている方はくれぐれもお気をつけ下さい
一度食べだすと、意志の力で止めることが困難な、「悪魔の食べ物」です

なお、今回紹介する分量で作った場合、できあがりの総カロリーは、約1300kcalです
(実際は、レーズンを湯通しする際に、若干糖分が抜けますので、計算よりも少なくなっているはずです)
 なあに、一度に食べなければいいだけの話ですよ

ツイートボタン

生クリーム・ラムレーズンのレシピ

生クリーム・ラムレーズンの材料

  • レーズン 150g
  • マイヤーズラム 20cc
  • 生クリーム  200g(1パック全部)
ラム酒は、20cc程度で丁度良い塩梅になると思いますが、お好みで量を加減してください
(しっかりラムを効かせたい方は、やや多めに。お子様と食べる際はやや控えめに)

生クリーム・ラムレーズン レシピ

生クリーム・ラムレーズンの作り方


1.レーズンの下処理

 レーズンを計量(レーズン同士がくっついている場合は、バラバラにほぐしておく)
 鍋にお湯を張り、レーズンを投入する
 軽くかき混ぜ、レーズン表面の糖分や油分を落とす
 洗い終わったらざるに上げ、湯切りをする
 キッチンペーパーを使ってレーズンを優しく揉み、さらに水分を吸い取る

生クリーム・ラムレーズン 作り方
上の画像は、湯通し後のレーズンをキッチンタオルの上に広げ、水分を飛ばしているところです

2.材料を合わせる

 清潔な保存容器(容量:500ml以上)を用意し、レーズンとラム、生クリームを入れる
 容器の蓋をよく締め、軽くゆすって混ぜる

生クリーム・ラムレーズン 作り方

3.漬ける
 生クリーム漬けにしたレーズンを冷蔵庫に入れ、冷暗所で保管します

 1.6~12時間経過したら、スプーン等でよく混ぜ、
 2.おおよそ1日経ったら、さらにもう一度かき混ぜ
 3.さらに寝かせて、だいたい2日経ったら完成です

生クリーム・ラムレーズン
漬けたばかりの状態は、このような感じです
寝かせているうちに、レーズンが水分を吸って膨らんでいきます

生クリーム・ラムレーズンをおいしく作るポイント・コツ

レーズンの湯通しのポイント

雪印
生クリーム


レーズン
250g

レーズンの湯通しを省略してもできないことはありませんが、とても下品な甘さになります
食べた時に必ず後悔しますので、湯通しの工程は省略しないことをおすすめします

また、湯に浸す時間が長すぎるとレーズンが水分を吸ってしまいます。湯洗いは短時間(60秒以内)にして、手際よく水を切りましょう

湯通しした後で、色が白濁し、水分が浸みこんでグズグズした感触になったレーズンが見つかることがあります
レーズンに割れや痛みのあることが原因ですので、見つけたら取り除きましょう(このような割れたレーズンは、まったく膨らみません)

おいしさの秘密は・・・
● 生クリームに含まれている乳清の旨味を、レーズンに染み込ませて瑞々しくさせる
● 生クリームの乳脂肪分を凝縮させ、半生バターのような状態にさせる
 ・・・の2点です(このレシピのキモです)

ですので・・・
● 湯洗いは短時間、水切りはすばやくして、レーズンになるだけ水分を吸い込ませない
● レーズンに付着した水分はよく拭き取る、広げて水分を飛ばす(乾燥させる)
 ・・・の2点は、必ず守って作るようにして下さい

漬けこみ中、かき混ぜのポイント

マイヤーズ
ラム酒
700ml

漬けこみ中の「かき混ぜ」についてですが、レーズンの表面を傷つけないよう、やさしく混ぜてあげてください(レーズンの表面に傷ができると、充分に膨らみません)

2回目は、忘れてしまっても影響は少ないですが、1回目の「かき混ぜ」は重要です
一度も混ぜずに寝かせておくと、レーズンが充分に水分を吸い込めなくなるため、きちんと仕上がりません

レーズンは生クリームの水分を吸って膨らんでいくのですが、吸い込めるのは周囲の水分のみです
そのため、混ぜずに放置しておくと、上層の生クリームは液状のまま残ってしまい、底に沈んだレーズンは、膨らみかけの状態のままで塊状になって固着します

混ぜる目的は、この二層に分離した状態を、混ぜることによって均質化させ、レーズンの周囲に液状の生クリームをまとわせるためです

生クリーム・ラムレーズン
マイヤーズ
ラム酒
200ml

できあがりの状態は、このような感じです

レーズンは、生クリームの水分を吸収してふっくらと瑞々しくなり
生クリームは濃厚に凝縮され、バターに似た感じとなり、色もベージュ色に変化します
ラム酒の香りも、ツンと尖っていたところが、柔らかくまろやかになってきます

上手に混ぜれば、1日後には画像のような仕上りになりますが、あくまでも見た目がそうなるだけです(味については、また別なのです)

食べたくなるのを我慢して、最低2日は待ちましょう
(レーズンの風味が生クリームに移り、味が馴染み、奥行きのあるまろやかな感じになります

おすすめの、おいしい食べ方

生クリーム・ラムレーズン

オリーブウッド
カッティングボード


ヴーヴ・クリコ
● 薄切りにしたバゲットに、こんもりと盛り付けてカナッペに
● クラッカーやリッツに乗せて…
 (ナビスコよりも、ルヴァンがおいしいです)
● 直接スプーンでパクパクと…
● ワインやシャンパンに合わせて

マルセイバターサンドのように、クッキーで挟んでも良いかと思いますが、バゲットやクラッカーなど、甘みの無いものを合わせた方が、このレシピには合っていると思います

極薄に切ったバゲットに贅沢に盛って、口に放り込み、最後はワインかシャンパンで流し込むのが一番です

見た目を素敵に演出したい場合は、オリーブウッドのカッティングボードの上にきれいに並べてサーブすると良いでしょう
モエ・エ・シャンドン、もしくはヴーヴ・クリコなど、素敵なシャンパンと供に提供すれば、もう言う事がありません

わたしはそれほど見た目にこだわっていないので、よくシートまな板の上に乗せて出していますが、これだとどうしても見栄えがいまひとつです
いつかオリーブ製のおしゃれなカッティングボードを買ってやろうと、そう考えています

生クリーム・ラムレーズン
バゲット(フランスパン)に載せて食べる際は、パンをなるだけ薄く切りましょう!

キッチンナイフのページ

ビクトリノックス ペティーナイフ ビクトリノックス スイスクラシック ペティーナイフ
上の画像に写っている、細身のペティナイフを使用した感想をまとめてみました(キッチンで役に立つ使い方や、切れ味テストなど)
よろしければご覧ください

低価格のキッチンナイフですが、きちんと研げば、フランスパンを薄切りにすることも難しいことではありません

さらにひと手間かけて、おいしさをアップさせる

フルール ド セル

オレンジピール
カナッペにする場合は、パンやクラッカーにバターを薄く塗ってから盛り付けると、よりコクが出ます

また、少量の塩を振りかけるのもいいでしょう。甘さがより引き立って、乙な感じになります

こういう場合の塩使いは、結晶の大きさがポイントです
さらさらした精製塩を使うと、ただしょっぱくなるだけですので、舌の上でゆっくり溶けるような、結晶が大きめの塩を使いましょう

少量でもしっかりと存在感が感じられ、アクセントとしてよく働き、甘みを引き立てます
フルール・ド・セル(塩の花)を使えとまでは申しませんが、「ちょっといい塩」を使うと良いのです

おしゃれに仕上げたい場合は、細かく刻んだオレンジピールやピスタチオ、スライスアーモンドなどを天に盛ると、見た目も華やかになり、素晴らしいデザートになると思います

食べるときはこっそりと、作るときも気を付けて

ラストロ
キーパー
500ml



タニタ
キッチンスケール

食べるときは、できるだけこっそりと食べましょう

美味しいデザートは、食べる人を幸せにしますが、よくよく周囲に配慮しないと、
なんで一人だけ、おいしいもの食べてるのよ」と、いらぬ怨恨を買ってしまいます

作っている時にも、同様に注意が必要です
家族や兄弟、同居人に見つかった場合は…
これは、ぬか床です」と、真顔で言ってごまかしましょう
(漬けこみ期間中は、容器に「ぬか床・触るな」と書いたシールを貼っておくと、うまくやり過ごせます)

「中身はおいしいデザートだ」と知られてしまうと、後々危険です
厳重に隠しておかないと、プルプルレーズンに仕上がる前に、全量食べられてしまうことすらあるのです

たとえ家族の間柄でも、「あたしのプリン食ったの誰?」という怒号とともに、戦争が勃発することは、よくあります
このデザート(生クリーム・ラムレーズン)には、そういった火種になりかねない美味しさが含まれています

「自分で食べる用」ではなく、「人にあげるために作る」という場合も同様に、出来上がるまではヒミツにしておいた方が良いです

漬かり具合を確かめるべく、味見をしているうちに、量が大幅に少なくなってしまうことがあったりするのです(実話です)
万一そうなってしまった場合は、思い切って全量食べて、速やかに証拠を隠滅しましょう
無かったことにすればよいのです。完全犯罪成立です。(出来上がるまではヒミツにしておけば、何の問題もありません)

なあに、もう一度最初から、作ればいいだけです
今のは練習、次が本番…」と、爽やかに自分に言い聞かせれば、罪悪感も生まれません

なにはともあれ、作るときは、くれぐれもお気をつけて

ちなみに、プリンの作り方はこちらです

補足
ここでは、「デザート」という位置づけで紹介していますが、「生クリームラムレーズン」は、「ワインのおつまみ」としても、素晴らしいものがあります(高級ウイスキーあたりも、良く合うと思います)

ブリー・ド・モー(もしくは、フォロマジェ・ダフィノア)などの白カビチーズと、この「生クリームラムレーズン」、あとは付け合わせのバゲットがあれば、ワインがひと際美味しくいただけるというものです

最初はチーズで合わせておき、次第に酔いが回ってきて、身体が糖分を欲しがるようになった頃に頂くと、「締めのデザート効果」で極上の美味しさが味わえます(より一層、おいしくいただけます)

レシピ一覧に戻る