月寅次郎のサイト

SOTO/新富士スライドガストーチ(レビューと分解修理)

最終更新日: 作者:月寅次郎

新富士バーナー(SOTO)スライドガストーチ

新富士バーナー(SOTO)スライドガストーチ
わたしが長年愛用している、新富士バーナーの 「スライドガストーチ」です
型番は「RZ-520YL」(イエロー)で、キャップのない旧型品になります

「新富士」ではなく、「SOTOブランド」の同型品もありますが、SOTOは新富士バーナーのアウトドアブランドですので、基本的に同じ製品です

本来は「Shinfuji Burner」とプリントされたシールが貼ってありましたが、分解時にネジを外す必要があったため、剥がしてあります

新富士バーナー(SOTO)スライドガストーチ
新富士バーナー
スライドガストーチ

スライド部分を伸ばした状態
着火剤などの延焼しやすいものに火を付けるときも、これだけの長さがあれが安心して着火可能です
伸び縮み可能な「チャッカマン」だと捉えても良いでしょう

チャッカマンと異なるのは、炎のタイプがバーナー型(ターボライタータイプ)で、ガス補充も可能だということです

ターボライターの炎
SOTO
スライドガストーチ

バーナー型のため火力が強く、温度の高い青い炎が、勢いよく噴射します
そのため風にも強く、火口を下に向けても使えるのが良いところです(炎が上に向かないので、地面に置いてあるものにも火を付けやすい)

手袋をした状態でも使いやすいように、押しボタンには充分な面積があり、握った際に滑りにくいよう、ボディにはリブが設けられています

化繊などの熱に弱い手袋を装着した状態で使用する場合は、積極的に火口をスライドさせ、伸ばした状態で使いましょう(万一の延焼や、熱による生地の穴あきを防ぐことができます)

バーベキュー、焚き火、蚊取り線香を素早く着火したい場合など、キャンプやアウトドアなどの屋外での使用に、とても頼りになります(薪ストーブなどにも)

アウトドア全般と書きましたが、登山などで2500m以上に登る場合は、フリント式のライターがおすすめです
気圧の低い環境下では、圧電素子のライターは着火性能が低下します(低温が重なるとなおさらです)

耐久性、故障・不具合

このライター(ミニトーチ)は、2015年に購入し、仕事で毎日使っていたため、相当に酷使しました
用途は主に、熱収縮チューブの加熱収縮です

2020年終盤から、次第に点きが悪くなり、だましだまし使っていましたが、2021年には着火困難になってきました

このライターを使う前は、UNIFLAMEのスティック・ターボライターを使っていたのですが、こちらも酷使しすぎたせいか、底部の火力調節ノブが割れて使えなくなり、それを期にこちらのスライドガストーチに切り替えました


長年使った感想としては、「あれだけ使って、よく持った」と思います

ガス補充も幾度となく行いましたが、ガス経路の不具合は出ていません
最初は汎用のガスボンベを使っていましたが、ライター専用のガスボンベの方が、着火や炎の安定性が良いことが体感できたため、現状では東京パイプ(チルチルミチル ブランド)のライター用ガスを使用しています

着火の悪い原因についてですが、おそらく発電素子の寿命だろうと思われます(使いすぎによる劣化です。致し方ありません)

今回は、市販の使い捨てライターから発電素子の部品を取り外し、換装することにしました

分解修理手順

分解手順を示しますが、本来このような修理作業は、推奨できるものではありません
(製造メーカーに依頼するか、買い直すかどちらかにすべきです)

どうしてもやりたい場合は、自己責任において作業してください
難易度はそれほど高くありませんが、DIY力と安全管理力は、人によって大きく差があります

ちなみに、わたしはDIYスキルは、このくらいです。こちらも参考になるかな?

ライター分解修理
底部にある火力調整つまみを取り外します

ライター分解修理
側面2箇所のプラスネジを外します

ライター分解修理
シールに隠れている長いネジと、ガス注入穴横のネジを外します

ライター分解修理
ボディ上面を外します
※ この画像は組立時に撮影したものを流用しています。もともと装着されていた圧電素子は黒色のものでした

真鍮製の板状の部品(圧電素子に斜めに嵌っているパーツ)は、ガスのバルブを開く機能を果たしています
組立時に戸惑わないよう、どのように取り付けられているのか、よく観察しておきましょう


ライター分解修理
押しボタン(着火の際に押下する部分)を外します

ライター分解修理
ボディ下面を取り外し、内部パーツを取り出します

ライター分解修理
反対側の面です

黒色チューブはガス配管で、オレンジ線は電気の配線です
黒色で短く、接続先の無いチューブは、インシュレーター(緩衝材)として、圧電素子の底部を保護しています
3本とも溝に嵌める形で固定されていますが、オレンジの線だけを溝から外し、さらに圧電素子との接続も外します

ライター分解修理
接続を外せば、圧電素子は簡単に抜けます(嵌っているだけです)
こちらが、取り外した圧電素子です

長さはおおよそ3.5cm
同じサイズの圧電素子が見つかると良いのですが・・・

ライター分解修理
同形状の圧電素子を探して回りましたが、最終的に「使い捨てタイプの100円ライター」を買ってきました
ライター内部に圧電素子が透けて見えますが、サイズ的に同じように見えます
おそらく流用可能でしょう

この100円ライターはチルチルミチル製です。圧電素子のパーツも、ある程度信頼性の高いパーツを使用していると思われます

圧電素子を電子部品販売店から調達する方法もありますが、そうすると送料込みで1000円近くになります
今回は、より費用のかからない方法を選択しました

ライター分解修理
100円ライターを分解し、内部の圧電素子を取り出します

口金部分は薄い金属ですので、先の細いラジオペンチを使って口金を広げれば、押しボタンを外す事ができ、その下に収められている圧電素子も取り出せます

ライター分解修理
黒色の方が、新富士(SOTO)に組み込まれていた、古い圧電素子
白色の方が、100円ライターから取り出した、新しい圧電素子です

押しボタン形状の違いはありますが、全長と横幅がほぼ同じなため、流用できそうです

ライター分解修理
導線を接続します
新しい圧電素子の方が、ほんの少しだけケーブル外経が太いようで、接続用の透明チューブになかなか入っていきません。皮膜の先端を少し剥くことで、なんとか挿入することができました

この状態で圧電素子を押し、火花テストを試みましたが、指先にビリビリと電圧が感じられます
新品の圧電素子だけあって、かなり高めの電圧が出ているもようです

当初は「万全を期してハンダ付けしようかな?」と考えていましたが、「これだけの電圧が出ていれば必要ない」と判断しました

ライター分解修理
新しい圧電素子をセットし、導線を溝に嵌めます

あとは、分解時と逆の手順で組み立てていきます(組み立て手順は省略します)

着火テストを行い、修理完了

ターボライターの炎
東京パイプ
高純度ライターガス

着火性能が極めて良くなり、ライターとして完全に復活しました

バリバリに着火します
これが、本来の性能というものですね

今回は、ダメ元で圧電素子を交換するか、新品の製品を買い直すか、どちらにするか迷いましたが、修理(部品交換)に踏み切って成功でした

圧電素子は、ある程度の耐久性はありますが、決して永久に使用できるものではありません
使用頻度が高いと、徐々に発生可能な電圧が低くなっていきます

今回のガストーチの場合でも、圧電素子交換前の状態だと、火花が飛ぶのは視認できるのですが、着火には至らないことが多く、火花の弱さを感じました

ツイートボタン

改造(モディファイ)

新富士バーナー スライドガストーチ
底部に小型のナスカン(カラビナ)を取り付けています

仕事で毎日使っていた時期は、机横のフックにぶら下げていました

新富士バーナー スライドガストーチ
SOTO
スライドガスマッチ

カラビナはライターに直接取り付けるのでなく、手製の「リング」を一段かませています
(リングを一段入れることで、ぶら下げた際のライターの向きを90度ずらすことができます)

カラビナのくびれた部分にも、同様の「リング」を入れてありますが、こちらは、カラビナの小端側が常にライター側に来るようにとの意図で付けたものです
(細い銅線をぐるぐる巻いて、その上からハンダ付けを行い、線の末端がバラけないようにしています)

これを付けることで、カラビナがぐるぐる回らなくなり、とても使いやすくなっています