ヘッドライト黄ばみ取り剤の正体 - 液体コンパウンドとの違い


ヘッドライトの黄ばみ取り

このページは、ヘッドライトの黄ばみ取り(くすみ除去)の解説(1ページ目)です

ヘッドライトクリーナーの成分や、研磨粒子の粒度(番手)などを、液体コンパウンドとの比較しながら解説しています

次ページ以降では、簡単に済ませる方法から、手間をかけて丁寧に平滑度を上げるやり方まで、「なぜそうするべきなのか?」も含めて解説しています
作業の意図を理解したうえで、劣化の度合いに応じた最善の方法を選択してみてください

 ヘッドライトの黄ばみ取り剤のすべて - 目次

  1. ヘッドライト用黄ばみ取り剤の正体現在のページ

    「専用クリーナー」と「液体コンパウンド」は、何が違う?(成分比較)

    液体コンパウンドで充分なのに、なぜ「専用クリーナー」が販売されているのか?

  2. ヘッドライト専用クリーナーの弱点と限界 ページ2

    専用品以外で、代用可能なコンパウンド

    深く削ってきれいに仕上げる - 3段階磨き

    多段階研磨を安く済ませる方法、セット品のコンパウンド

    より大きな研磨力が必要な場合は?

  3. ブルーマジックとピカールはヘッドライト磨きに使えるか? ページ3

    コーティング剤の同梱は決め手になりえるか?

    ネットにはびこるレンズ磨きのガセ情報(と悪い磨き方)

    ヘッドライト黄ばみ取り剤の「まとめ」

当ページには、「5分でできる、誰でもカンタン、ヘッドライト磨き~!」といった感じの、お手軽さを強調したコンテンツは一切ありません(洗車マニアの方や、専門的に追求したい人向けに執筆しています)

また、カーショップ系ブログにありがちなパターンの、ページの最後で「やっぱりプロに任せるのが一番、だから、うちのお店に来てね!」といった商売上の勧誘もありません

ただ単に、研磨が好きな人が執筆しています

ヘッドライト用黄ばみ取り剤の正体

ヘッドライト用黄ばみ取り剤の正体

「ヘッドライトの黄ばみ取りクリーナー」は、実質的に0.7~1ミクロンのアルミナ研磨剤を使用した液体コンパウンドです

この番手(粒度)の研磨粒子ですと、ヘッドライトカバーのポリカーボネート樹脂を研磨しても、傷が付きません
厳密に言うと0.1~0.3ミクロンの削り傷が付いているのですが、肉眼ではツルピカの平坦面にしか見えないのです

金属を磨く場合は、3~5ミクロンの粒度で鏡面に仕上がりますが、ポリカーボネートはいわゆるプラスチックです
プラスチックの中では硬度の高い方ですが、金属と比較すると柔らかく、磨いたときに研磨粒子が深めに噛み込みます
このため、プラスチックの仕上げ磨き用としては、0.7~1ミクロンの小さな研磨粒子の方が傷になりにくく、都合が良いのです

このように、ヘッドライトの黄ばみ取り用クリーナーは、黄変・劣化した表面層を研磨剤で削り取ることで、ヘッドライトカバーをきれいにしています

ヘッドライトクリーナーの研磨剤サイズ一覧表
メーカー 商品名 研磨粒子サイズ
SOFT99 LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュ 1ミクロン
ウィルソン ヘッドライトクリア 0.7ミクロン
リンレイ ReBirth ヘッドライト磨きクリーナー 0.7ミクロン
シュアラスター ゼロリバイブ 非公開
オカモト産業 ヘッドライトくすみ取り 非公開
独自に調査したものです。無断転載を禁止します

ヘッドライト 黄ばみ取り 専用クリーナー 主要製品一覧 -1-

SOFT99
ヘッドライトリフレッシュ
ウィルソン
ヘッドライトクリア
リンレイ
ReBirth ヘッドライト磨き







「専用クリーナー」と「液体コンパウンド」は、何が違う?(成分比較)

専用の黄ばみ取り剤(くすみ取り)と、液体コンパウンドの成分比較をしてみましょう
いくつかの製品を例にとり、それぞれの成分を調べてみました

はたして本当に、ヘッドライト黄ばみ取り剤の中身は、液体コンパウンドと同じなのでしょうか?

ヘッドライト黄ばみ取り剤と液体コンパウンドの成分比較
メーカー 商品名 成分
BlueMagic ヘッドライト
レンズ磨き
 石油系溶剤、研磨剤、界面活性剤、アンモニア
リンレイ ReBirth
ヘッドライト磨き
 石油系溶剤、研磨剤、シリコーン、カルナバ蝋
リンレイ 超極細コンパウンドWAX  石油系溶剤、研磨剤、シリコーン、天然蝋、合成蝋
SOFT99 超ミクロンコンパウンド  石油系溶剤、研磨材、シリコーン、界面活性剤
Holts 液体コンパウンド極細  石油系溶剤、研磨材

赤色がヘッドライト黄ばみ取り剤、 緑色が液体コンパウンドです
こうやって比較してみると、基本成分はほぼ同じだということが判ります

共通する点 - 基本機能

基本成分は同一で、「石油系溶剤」と「研磨剤」です

研磨剤は、劣化した表面層を削り落とすために含有されています

石油系溶剤はいわゆるベース剤です。 研磨剤は超微粒子の粉末ですので、そのままだと大気中に舞いやすく非常に使いづらいため、液体の溶剤に分散させて製品化されています

必ずしも共通しない点 - 副次機能

シリコーン(ろう)は、製品によって含有の有無がまちまちです
これらは艶出し剤として入れられており、研磨で生じた微細な傷を埋めることで光の乱反射を抑え、光沢感を増す効果があります

ホルツの液体コンパウンドは、ノーシリコン、ノーワックスとなっていますが、これは研磨に特化したコンセプトの製品であるためです(製品の機能に「艶出し」を含めていないだけ)

艶出し成分を入れるか入れないかは、その商品のコンセプト次第です
艶出しやコーティングに、別の製品を使って欲しい場合もありますし、製品によっては、艶出し剤を「別剤」として、同一製品に同梱している場合もあります

界面活性剤は、製品を乳液化させて、伸びのある液体にするために入れられており、製品の使いやすさを向上させています

※ アンモニアに関しては、ブルーマジックのアイデンティティみたいなものですので、あまり気にする必要はありません(誤解を恐れずに言ってしまうと、ブルーマジックの伝統のためだけに入っています)

結論 - 中身は「ほぼ同じ」

このように、ヘッドライトの黄ばみ除去クリーナーと液体コンパウンドは、成分比較すると「ほぼ同じ製品」です

異なる点があるとすれば、ヘッドライト専用磨き剤は、粒度(平均粒径)が0.7~1ミクロンにほぼ統一されていることに対し、
液体コンパウンドは0.5~3ミクロンと、製品によって粒子サイズに幅があることくらいです

ヘッドライト 黄ばみ取り 専用クリーナー 主要製品一覧 -2-

シュアラスター
ゼロリバイブ
オカモト産業
ヘッドライトくすみ取り
ブルーマジック
ヘッドライトレンズ磨き

液体コンパウンドで充分なのに、なぜ「専用クリーナー」が販売されているのか?

そうした方が売れるから

液体コンパウンドでもヘッドライトカバーはきれいになるのに、どうして専用クリーナーが発売されているかというと、そちらの方が「売り上げが上がるから」です

「ヘッドライト専用」と商品パッケージに一言書き添えるだけで、「専用品だから特殊な洗浄成分が含まれているに違いない」とか、「汎用製品では実現不可能な、キレイな仕上がりになるはずだ」と、勝手に勘違いしてくれる人が、こぞって買ってくれるからです

最適な粒度(粒子サイズ)を提供するため

さらに言うと、粒度の合っていない液体コンパウンドを使用して、充分な効果が得られなかったり、傷が付いたりするのを防ぐためでもあります

0.5ミクロン以下の液体コンパウンドでは、研磨能力に不足が出ますし、逆に粒子が大きすぎると、傷がついてしまいます
液体コンパウンドであればどれでもよいわけではありませんので、専用品を作ることで、ユーザーの誤った使い方を避けているわけです

商売的な観点からすると、コンパウンドを流用するよりも、コンパウンドとヘッドライト黄ばみ取り剤の両方を、(一人のユーザーに)別々に買ってもらった方が売上が上がって儲かります

一社がそれを狙って「専用商品」を発売すると、他社はシェアを奪われるのを黙って見ているわけにもいかないので、すぐさま追従して同様の製品を発売します
こうしてカーケア用品各社は、コンパウンドとヘッドライト黄ばみ取り剤の両方をラインナップすることになるわけです

このページでは、ヘッドライトクリーナーの成分と粒度(番手)を明らかにしました
研磨剤の組成とサイズが明らかになれば、長所と弱点も明らかになります

それでは、専用クリーナーには、どのような弱点があるのでしょうか?
それは次のページ、「ヘッドライト専用クリーナーの弱点と限界」で解説いたします


無断転載やコンテンツのパクリを禁止します 画像パクリを見つけて通知・示談にした例