Tully's coffee キリマンジャロブレンド - 月寅次郎のコーヒーレビュー

最終更新日: 作者:月寅次郎

Tully's coffee キリマンジャロブレンド

同ブランドの姉妹品

Tully's coffee BLACK(ブラック)

コーヒー豆の詳細

  • 分類:レギュラーコーヒー(粉)
  • 内容量:80g
  • 実売価格:494円(2024年01月調査・税込)
  • 豆(原産地):タンザニア、ブラジル他
  • 製造所:伊藤園 静岡相良工場(注1)
  • 販売者:伊藤園
  • 挽き方:中細挽き
  • 豆種:アラビカ種100%
  • コピー:果実のような酸味とキレのあるクリアな味わい
  • 10gあたり実売価格:約61.7円
購入履歴:2023年05月 534円(税込)80g 約66.8円/10g
購入店及び、価格調査の場所:地元ドラッグストア

※ 2023年05月に購入した時は税込534円でしたが、翌年の2024年1月に同店舗で価格調査したところ、494円に値下げされていました(40円の値下げ)

注1:
パッケージには「+HI」という製造所固有記号しか記載がなく、製造会社、製造所共に不明だったが、消費者庁の「製造所固有記号制度届出データベース」で調査したところ判明した。

「HI」、「伊藤園」で検索すると、「静岡県牧之原市女神21」という住所がヒットする。
この住所に所在があるのは、伊藤園 静岡相良工場なので、この工場で製造していると思われる。

正式には、Tully's coffee BARRISTA'S ROAST キリマンジャロブレンド

総評

  • 豆クオリティはしっかり
  • 奇をてらったところはなく、悪く言うと個性に乏しい
  • 厚みのある、まったり系コーヒーとは正反対
  • 繊細な部分を愉しむコーヒー
  • グラム単価が高く、コスパが良くない
  • 高すぎるので、キーコーヒーDOORS+キリマンを飲みたいところ

Tully's coffee キリマンジャロブレンド

Tully's coffee キリマンジャロブレンドの印象

クオリティはしっかり

高いだけあって、よく吟味された豆が使用されているのだろう、豆のクオリティはしっかりしている。

バランスも取れており、実にコーヒーらしいコーヒーで、奇をてらったところがない
それが悪い方に出ると、個性が感じられず、あまりに普通に感じられてしまう。

良いコーヒーなのだけれども、前知識なしに安物のカップに入れて出されたら、たいして味わいもせずにゴクゴク飲んでしまうかもしれない。

そのくらい個性に乏しい。だがこれは褒め言葉だと受け取って欲しい。
「優れた日本酒は、水のように喉を通る」というが、コーヒーにもそれを似たようなところがある。

キリマンジャロらしい酸味とキレ感

パッケージの能書きには「果実のような酸味」とある。

実際に味わってみると、それは爽やかであり軽やかでもある。
舌の両脇をホロホロとくすぐるような感触はない。

そういう意味では、キリマンジャロらしさを感じさせる酸味だ。

キレのあるクリアな味わい」とも書かれているが、これも頷けるところ。

スターバックスの登場以降、まったりした厚みを持つコーヒーのトレンドができてしまい、このようなキレ感を伴ってスーッと喉を通るコーヒーは、脇に追いやられてしまった感がある。

パンチに欠けると受け止める人もいるかもしれないが、これはこれで、コーヒーとしての繊細な味わいというもので、好意的に受け止めたい。

スターバックスとの対比

それにしても、スターバックス ハウスブレンドとは見事に対照的である。

スターバックスは、その適度な『個性』が、『どこか特別な感じ』となる形で良い印象を与えている。
たまに飲む特別なコーヒーとして、実に分かりやすいのだ。
(毎日飲み続けると、また評価も変わってくるが…)

一方、こちらのタリーズコーヒーは、まさに日々飲むための真っ当なコーヒーとして仕上げられている。

演出感のあるコーヒーは、毎日飲んでいると次第に飽きてきたり、辟易してくることもあるので、個人的にはスターバックスよりもタリーズの方を評価したいところだ。

ちなみに現時点で、過度な演出感に辟易したコーヒーというと、UCC ゴールドスペシャルプレミアム チョコレートムードの名が挙がる。

2023年6月7日開封、6月13日完飲

高くてびっくり、驚きの価格

市販コーヒーとしては、内容量の極めて少ない部類に入る。なんと80g入りパックだ。
一方価格は高く、実売で500円に迫る価格となっている。

これは10g換算にすると61.8円となり、一般的なバリュー価格帯の280gパック換算にすると、単純計算で1730円の価格となる。

Tully's coffee キリマンジャロブレンド

追記(再飲、同年7月23日~7月30日)

苦味が良質で心地よい

ほのかな酸味も感じられるので、苦味一辺倒でないのが良いところ。
喉を通した口の後に、わずかに渋みのようなものが感じられるものの、決して悪い感触ではない。
飲んでいて「いいコーヒーだな」とは思うものの、いかんせん価格が高い
なにしろ、グラム単価でトアルコトラジャを超えている。

個人的な好みもあるけれども、コストパフォーマンスを考慮した場合、これよりも「キーコーヒーDOORS+ キリマンジャロブレンド」に手が伸びてしまう。
(もちろんトアルコトラジャでも良い。どちらも良質の酸味を楽しめるコーヒーだ)

Tully's coffee キリマンジャロブレンド

このコーヒーから想起されるイメージ

● イメージ1
無農薬有機野菜使用を標榜する自然派高級レストランにて…、
「素材の旨味が生きてるから、このまま何も付けずに食べてみて!」…と、シェフに言われ、
言われる通りに食べてみたのはよいものの、

「どうしよう、味がしねえ!」
「何て応えたらいいんだ?」
…と、口を動かしながら頭の中で考えてる人。

● イメージ2
一時期話題となった『水信玄餅

月寅次郎のコーヒーレビュー に戻る

月寅次郎のレシピ に戻る