オピネルのカスタム - OPINEL Customize

最終更新日: 著者:月寅次郎
オピネル カスタム opinel custom


90年代初頭に購入した、古いオピネルをカスタムしました
以前、ブレードを 鏡面に仕上たものです。今回はハンドルのカスタマイジングとなります

オピネルのオリジナル形状は変更せず、木の質感を活かし、表面仕上の美しさにこだわりました

作業自体は、こちらのフィレナイフのカスタムとほぼ同様です (使用した漆の色は異なります)


オピネルのカスタムについて

オピネル カスタム opinel custom
オピネルは、それ自体が完成された美しいフォルムを持っています

オリジナルに対するリスペクトを払い、見た目の「オピネルらしさ」を残した方が、上品で美しい仕上がりになります

オピネルのオリジナリティを残しながら、「特別」で「唯一無二」な感じをいかに出すか、
木材が内包する美しさをどう表現するか、それがオピネルのカスタムの鍵だと思います

カスタムの方向性

木口は違いの出やすい部分ですが、ここに手をかけてしっかり磨き込むことで、市販品では出せない質感を醸し出せます
今回のカスタムでは、柄尻の部分を中心に丁寧に面取りを行い、エッジ部分が滑らかになるように仕上げました

「遠目ではカスタム感があまり感じられないものの、手に取ってよく見ると、工芸品のような美麗な仕上がりになっている」 …という感じを目指しました

オピネル カスタム opinel custom
虎斑と木目の両方が、きれいに浮きあがる右側面(拡大)

オピネル カスタム opinel custom
柄尻の部分には、虎斑が線状に出ています 光の角度によって現れます

ノーマル状態では木口の仕上げが粗いため、このような模様も目立ちませんが、磨き込んで平滑度を上げ、漆を浸透させると、模様の美しさが引き立ってきます

【柄尻の加工について】
取って付けたような金属製のエンドキャップは、(品よく仕上げたものを除き)基本的にブサイクだと思います
あれが格好良いというのがよく判りません。多量のクロムアクセサリーをジャラつかせ、女子にドン引きされている、タンクトップ好きの日焼けサロン常連男性みたいです(スミマセン、あくまでも個人の感想です)


オピネル カスタム opinel custom
同じ右側面です。見る角度を少し変えるだけで、木肌の表情が大きく変わることが判ります

正直言うと、このオピネルはありきたりなブナ材ですので、それほど大きな期待はしていませんでした
ブナは銘木というわけでもなく、比重も低く、価格も安い木材です

ですが、いざ施工してみると、なかなか美しい仕上がりが得られました。ブナの斑が効果的に働き、虎斑や縮杢のような効果を見せてくれました
磨きを入れるにしたがって、年輪も浮き上がってきて、虎斑と木目のダブルの効果で魅力的な表情を見せています

オピネル カスタム opinel custom
ピンノット(葉節)が、黒い点となって現れている下面
これはこれで、いい表情を醸し出しています
このオピネルは、ピンノット(葉節)やガムポケット(樹脂痕)があり、決して良質の個体とは言えないのですが、カスタム後は、それらがバール(瘤)のような効果を醸し出し、良い意味での個性となって現れました

この角度から見ると、全体のフォルムはそのままに、角を丸めて滑らかに仕上げた感じがよく判ります

光の角度によって大きく表情を変える様子は、静止画像では伝わりにくい部分です。下の動画でご覧ください



漆の塗装について

オピネル カスタム opinel custom
今回は「透明色」の漆を使い、木目を生かした明るめの色に仕上げました
使っているのは、いつものカシュー漆ですが、色が異なります

薄い色を使用したことで、柔らかなブナ材の雰囲気はそのままに、グロッシーな質感を引き出すことができました
光の角度を合わせると、杢(斑)が金色に輝き、美しい表情が出ます

ノーマルのオピネルと同じような色調を目指しましたが、思い描いた通りの色の濃さになったと思います
オピネル フィレナイフの方は、より色の濃い「透(スキ)色」を使用しています)

漆の色の選択

「透色」は、漆らしい感じに仕上がりますが、光の透過率が低いため、厚めに塗ると反射光の美しさが引き立ちにくい場合があります。今回は、変化に富んだきらめき感を演出するため、「透明色」を選択しました

ちなみに、透明色よりもさらに色の薄い「本透明」という色もあります
(色の薄い順に並べると、「本透明 < 透明 < 透(スキ)」となります)

あまり色味を薄くしすぎると、「ウレタンクリア」を吹いたような、味のない仕上がりになる場合もあります
どの色がベストかは、なかなか一概に言えないところがあり、実際に合わせてみないと判りません
使用する木材の種類や、塗膜の厚みにも左右されます

最終仕上がりイメージを事前に把握したい場合は、テストピースに塗ってみるしかありません
予想外の結果になることも多いです

個人的には「これは期待できそうだ」と自信を持って臨んだにも関わらず、美しさの引き立たない残念な仕上がりになったり、逆に予想外に良い仕上がりになったケースもあります

オピネル カスタム opinel custom
右側面は、左面に比べると斑の出方がいくぶん小さめですが、縮み杢のような風合いも出ており、これはこれで美しいです

オピネル カスタム opinel custom
あえて杢や斑が反射しない角度で撮影してみました
金色に輝いていた斑の部分が、濃い茶色に変化します

美しい仕上がりの秘訣

オピネル カスタム opinel custom
ただ単に漆を塗布するだけでは、このような美しい仕上がりは得られにくいものです

下処理(下地の仕上げ)を入念に行い、木の表面の平滑度を上げることが重要です
とはいえ、ブナは柔らかい木材ですので、サンドペーパーの粒子が木部に食い込みやすく、普通に研磨をかけるだけでは、表面が粗くなりがちです

ポイントは、薄めた漆を浸透させ、木材表面が硬化した状態で研磨を施し、表面平滑度を上げることです(さらにそれを、ひたすら繰り返します)
もちろん、塗る前の段階で丁寧にペーパーをかけ、事前に平滑度を引き上げておく事は言うまでもありません(硬化後の研磨作業が楽になるため)

漆が浸透し、表面が硬化した状態で研磨をかけることで、普通に磨いただけでは出せない表面平滑度を出すことができます 磨きすぎて木の地肌が出てしまうと、やりなおしになる場合がありますが、ぎりぎりまで攻める心持ちは必用です

下地のでき具合は、仕上がりの美しさに直結します(塗膜表面の平滑度など、後でどうにでもなるのです。ただ、下地はそうはいきません)

今回のハンドルカスタムでは、下地が出てからは3度塗ったのみですが、その前工程の下地を整えるための塗装と研磨は、約10回ほど施工しています

オピネル カスタム opinel custom
カスタム前(漆塗り前)の状態がこちらです。ブレードのみ鏡面に仕上げています
ノーマルの状態は、表面仕上が量産品レベルですので、光沢の乗りが悪くマットな質感になっています

オピネルの弱点を克服

オピネル カスタム opinel custom
純正のオピネルは、木口の処理が粗く、いかにも「量産品」といった仕上がりになっています
上の画像は、研磨と塗装を施す前の木口面です。ガサガサの質感で目の粗い状態です

オピネル カスタム opinel custom
導管が埋まり、ツルピカに仕上がった木口面
斜めに走っている黄色い細い線は、ブナの「斑」です
ここまできれいに表面を仕上げなくても、表面に漆が充分浸透し、漆が乗るようになれば、一定の防水性は得られます

小口部分やリングの内側、ハンドル溝内部も塗装を施しましたので、ハンドル全体が防水仕様になりました

「オピネル濡らすと、刃が出なくなる問題」を克服することができ、ハンドル全体を、遠慮なくザブザブ洗えるようになりました

これまで、キャンプなどではあまりオピネルを持参せず、実用性を重んじてもっぱらガーバーのフィレナイフを使うことが多かったですが、今回のカスタムで水濡れ対策が完璧になりましたので、これからは積極的に使いたいと考えています

このページでは、カスタム後の画像を主に掲載しています

具体的なカスタム手順については、解説がなおざりになっており、申し訳なく思います

時間のある時に更新しようと、思ってはいるのですが、…ハイ、そのうちガンバリマス

さまざまなオピネルのカスタムについて(個人的に)思うこと

派手な削り込みを入れ、形状を大幅に変更し、原型を留めなくすると、ヤンキーの改造スクーターのように、傍目からはダサく見える、みっともないカスタムになってしまいます
「敢えてそうしたいのだ」と言われると、返す言葉もありませんが、過ぎたるは及ばざるが如しです

「下手なカスタム、やらぬが良し」なのです。整形しすぎて顔が変になっている落ち目タレントのようなもので、一旦そうなると、もう元には戻せません

私見ですが、本当にそう思います。下手にモディファイをかけるくらいなら、オリジナル状態のままできれいに使った方が、よぽど格好が良いものです(少なくとも下品になりません)

カラー塗装などで木質感を消してしまうのもどうかと思います
木材が内包している美しさが消失してしまうからです
木質感があってこそのオピネルです。木の暖かみを消してしまうと、オピネルの良さは半減してしまいます

焦がし加工も流行っているようですが、あれは、腕とセンスが必用です
一歩間違えると、「単に汚いだけのオピネル」のできあがりです
加工直後は自己満足もあるので、それなりに見られるものですが、数年経ってくると「やらなきゃ良かった」となるのではないでしょうか?

オピネルのまとめ

オピネル オピネルのまとめページ
当サイトにおける、オピネル解説ページの全インデックスです

オピネルの扱い方、手入れ、カスタム事例、分解手順などなど、最も突っ込んて掘り下げた内容になっていると思います

 包丁・ナイフ・刃物のメインページ に戻る