月寅次郎のサイト

キング両面砥石PB-04 - #800/6000番


キング両面砥石 PB-04

キング
トイシの王様
PB-04

キングの家庭用両面砥石
中砥面は、#800番(中身はキングデラックス#800)
仕上面は、#6000番(中身はキング S-1)

サイズはそれほど大きくないが、価格も安く、キングの定番砥石が2本も同時に手に入る
そういう意味では、コスパが良くておすすめ

「PB-04は「キングデラックス」と「キング S-1」を貼りわせて両面砥石に仕立てた製品」 …という情報は、製造元の松永砥石に直接問い合わせて確認済みですので、間違いありません

キング両面砥石 PB-04
ケースはプラ製

上の画像のように、上部カバーは砥石の吸水にちょうどよい
台座は砥石台として使えるようにできており、ガタツキが出ないよう底面にゴム板が貼られている

画像には写っていないが、薄いゴムシートが付属している
ゴムシートを砥石と台座の間に挟むと、砥石が安定し、研ぎやすさが向上する

キング両面砥石 PB-04
仕上砥面の砥泥の様子
この滑らかな砥泥の出具合は、個人的に好みです

PB-04がかなり薄くなってきたので、使い終わる前に、キング S-1を購入しました

キング両面砥石 PB-04
水切れする手前の砥泥の状態

キング両面砥石 PB-04
こちらは仕上砥の面(6000番) 中身はキング S-1
「超仕上用」という大仰が名前が付いているが、6000番が超の付くほどの番手ではなくなった現代では、普通の仕上げ用砥石と言って良い


キング両面砥石 PB-04
こちらは中砥の面(800番)、中身はキングデラックスの800番が使われている

キング両面砥石 PB-04
ケースを横から見たところ

キング両面砥石 PB-04
かなり使い込んだため、厚みがすっかり薄くなったPB-04

キング両面砥石 PB-04
8ミリ+8ミリで、合わせて16ミリのところまで使用した
まだまだ使えるのだが、ここでそれぞれの砥石を剥がし、コッパ砥石として再利用することに

キング両面砥石 PB-04
剥がす前に記念撮影
キング両面砥石 PB-04
隙間にスクレーパーを突っ込み、悪戦苦闘しながら剥がしました

キング両面砥石 PB-04
砥石の両面を剥がし、のこぎりで切れ目を入れ、割ってコッパ砥石を作りました
PB-04の仕上げ面はキングS-1で、コッパにすると和包丁の霞出しに使いやすい

キング両面砥石 PB-04
キングS-1は、ハガネ和包丁との相性が良いです

キング両面砥石 PB-04
作ったコッパ砥石で、和包丁の霞出しをしているところ

キング両面砥石 PB-04
オルファ クラフトナイフの刃を研いでいるところ


砥石 わたしの使っている砥石

わたしが使っている砥石の一覧ページです