月寅次郎のサイト

包丁を洗わないとどうなるか?


水をかけただけでは汚れが取れず、刃面に付いたデンプン質や油脂分が固着していく

包丁をほとんど洗わない人は、世の中に結構います
「洗わない、拭かない、研がない」 …は、「包丁の三大あるある」です

画像のペティナイフは、側面にひどい傷が入っています
このペティナイフは、藤次郎 の「DPコバルト合金鋼割込 ペティナイフ」(120mm)でして、そこそこいい包丁なのですが、見事なまでに台無しです

家人が、「ペティナイフに付着した汚れを、鎌砥石でこそぎ落とす」という暴挙に出たために、このような姿になってしまいました
せっかくの藤次郎のペティナイフが台無しです(本当にひどいです)

包丁を洗わない

大根や葉物野菜などを切った場合は、包丁に水をかけ流すだけでも、ある程度はきれいになりますが、じゃがいもなどの芋類は、でんぷん質が刃面に張り付くため、流水だけではなかなか落ちません
付いた直後であれば、水をかけ流しながらスポンジで軽く擦ればたいてい落ちます(洗剤を付けなくても落ちます。指先を怪我しない自信があれば、指でも大丈夫です)

フルーツなどに含まれている糖分も、使用直後であれば、指でこすり洗いするだけで簡単に落ちるのですが、放置すると乾燥してしまい、糖分が刃に固着してしまうため、汚れが落ちにくくなります

また、肉類の場合は油脂分が付着するため、食器用洗剤などを使って油分を取り去る必要があります。 キッチンペーパーなどで拭うのも一つの手段です

包丁の傷

流水だけでは落ちない汚れは、使う度に刃面に付着・蓄積してゆき、厚みが増して取れにくくなります

毎回洗剤で洗う必要はありませんが、単純なこすり洗いをサボり続けると、クレンザー類を使用しなければ、汚れが落ちなくなってしまいます

冒頭1枚目の画像をよく見ると判りますが、刃の所々に、黄色っぽく変色した箇所がありますが、これは錆ではなく、汚れが堆積してこのような色になっているものです
(画像は、汚れをあらかた除去した状態で撮影しています。実際はもっと酷い状態でした)

このペティナイフはスレンレス製なのでまだ良いのですが、炭素鋼の場合は、汚れの付着が錆の進行を早め、包丁の寿命を縮めます

包丁が傷だらけに…、どうしてこうなった?

傷だらけの包丁

この包丁(ペティナイフ)は、主に父が使っていたのですが、本人は、包丁を使用した後、全く洗わずに包丁差しに戻す癖がありました

そのため、以前から「使ったら洗うように」伝えていたのですが、わたしが見ている時だけ、蛇口の水をかけ流すくらいで、言うことに全く耳を貸しません(どうやら本人の中では、「包丁に水をかける」ことで、充分「包丁を洗っている」つもりだったようです)

結局、いくら言っても効果がないので、時々わたしがチェックして、汚れていたら、随時洗剤やクリームクレンザーで洗うようにしていました(ステンレス製の包丁でも、汚れを放置するとピンホール状の腐食(孔食)が生じますので注意しましょう


ですがこの時は、数ヶ月程洗わずに使い続けたらしく、汚れが蓄積して刃面がまっ茶色になっておりました(わたしもチェックするのを忘れていました)
流石に「これは酷い」と感じ、「今度本人に直接包丁を見せて、言って聞かせないと…」と思い、証拠保全のために、敢えて汚れを落とさずにいました

そしてその後数日経って、本人に見せようと思い、ペティナイフを手にとったら、刃面が傷だらけになっていた。 …という次第です


わたしが包丁の汚れに気づき、しげしげと手に取って眺めているのを見て、本人もさすがに、「コレはマズイ!!」と思ったようです
「これだけ盛大に汚れていると、さすがに言い訳できない」と思ったのでしょう
ただ、鎌用の砥石で汚れを削り取るというのは、予想の斜め上の行動でした(台所用のクリームクレンザーを使ってくれれば、こんな事にならず、汚れが落とせたはずなのですが…)

● 後日譚
いくら口で言っても、この先も同じことの繰り返しになりそうでしたので、本人のために、ヘンケルスのセーフグリップという安い包丁を、「本人の専用包丁」として購入し、こちらを使ってもらうことにしました(高齢者にはこちらの方が使いやすいようで、本人も喜んでいます)

ちなみに、包丁が変わっても、洗わないのは相変わらずです。たとえ安い包丁でも、また同じ思いをするのは嫌なので、今度はワタシが目を光らせて、汚れが固着する前に、こっそりクリームクレンザーで清掃しています

また、この酷い有様になった「藤次郎のペティナイフ」ですが、このまま使うのも気が重かったので、砥石やコンパウンドで磨きをかけて、鏡面仕上げにして、ピカピカにしました


 ● 関連ページ1:藤次郎 DPコバルト合金鋼割込 ペティナイフを使ってみた

 ● 関連ページ2:藤次郎のDPコバルト合金鋼は、本当にV金10号なのか?

刃物記事一覧 に戻る