スマホのバッテリーを自分で交換

最終更新日: 作者:月寅次郎

スマホ バッテリー交換

スマホのバッテリーをDIY交換しました

このページでは、それぞれの工程の作業難易度とポイント、注意点、バッテリー交換前後のログデータ、バッテリー選びのポイントなどを解説します


DIGIFORCE
交換用バッテリー

交換に使用したバッテリー
● ブランド(販売業者):DIGIFORCE
● スペック:3.8V 1850mAh 7.03Whr
● バッテリーパフォーマンス:100%(交換後)
● 費用:約1600円
(価格は、購入した当時の価格です(2021年11月)。現在では少し価格が上がっているようで、2022年3月に確認した際は2000円近くまで価格が上がっていました。現時点の実売価格は、左の画像の中に表示されています。(価格が出ない場合は、広告ブロッカーをOFFにしてみてください)

交換前のバッテリー
● ブランド:apple純正
● スペック:3.82V 1624mAh 6.21Whr
● バッテリーパフォーマンス:86%(交換前)

スマホ バッテリー交換
作業対象となるスマホは、iPhoneSE(初代)です

スマホ バッテリー交換
万一の事を考慮し、作業前にバックアップを取ります

また、バッテリーパワーが5%以下になるまで使い、電源を落とします
バッテリーが充分に充電された状態で交換作業をしても、問題が生じるわけではありませんが、万一の短絡が発生した場合や、交換後のバッテリーを廃棄・リサイクルすることまで考慮すると、バッテリーを使い切って、内部に電力エネルギーが蓄えられていない状態で作業した方が、安全でトラブル防止に繋がります

※ 「電源が自動で落ちるまでバッテリーを消費させる」と書いてあるマニュアルもあります(どちらでも良いと思います)

スマホ バッテリー交換
今回使用する交換用バッテリーには、画像のように、交換用道具とマニュアルが付属しています

バッテリーパックと両面テープのみの商品もありますが、あちらは『DIY交換用』というよりは、スマホ修理を仕事としている人用の商品です

スマホ バッテリー交換
左側にあるのが交換マニュアルです

一つの工程ごとに一枚の画像が付与されており、かなり丁寧な解説になっています
また、日本語・英語・中国語の3カ国語で書かれていますが、日本語がきちんとしており、意味の通らない変な翻訳にはなっていません(恐らく日本人の人が書いているものと思われます。ココは重要なポイントです!)

リモコン映り込みあり、要修正

スマホ バッテリー交換

マニュアルに従って…
  1. 底部のネジを2本外し、
  2. 吸盤を使ってディスプレイを数ミリ引き上げ、
  3. ピックを使って徐々に開口部を広げます。
ここまでやると、貝が口を開くように、スマホの筐体を開けることができます
この段階では、まだホームボタンケーブルが繋がった状態です。(貝柱が付いたままの貝のような感じです)
そのため、(この段階では)大きく開くことはできません

※ 固定ネジはかなり精度の高い、精密なネジが使われています
ドライバーとの嵌合も良好ですので、カムアウトする可能性は低いとは思いますが、セオリー通りに「押しながら回す」を心がけて下さい(ネジを緩める際の基本です)

ホームボタンケーブルの取り外しは…、
  1. コネクタカバーを取り外した後、
  2. ホームボタンケーブルのコネクタを、ヘラでこじって外します、
コネクタカバーもケーブルコネクタも、微小なスプリング効果で嵌っているだけですので、こじるだけで簡単に外れますが、微小部品ですので外からの力には強くありません(力任せにやらずに、優しく丁寧に作業しましょう)

スマホ バッテリー交換
ホームボタンケーブルのコネクタが外れて、「大開き」になった状態です

マニュアルでは、「水の入ったペットボトルに輪ゴムで固定」となっていますが、ディスプレイを90度まで引き上げると、繋がったままのケーブルやコネクタに負担がかかりそうでしたので、大事を取って80度くらいの開口度にしています

固定に使用しているのは、3Mのマスキングテープです。糊跡なども残らず、きれいに剥がれますので重宝しています
また、ペットボトルの中身はレギュラーコーヒーです(水ではありませんが、ディスプレイを保持できるだけの一定に重量があれば良いだけです)

スマホ バッテリー交換
2本のプラスネジを緩め、バッテリーコネクタ保護プレートを外します
(画像は取り外した状態です)

保護プレートを外すと、下からバッテリーコネクタが現れます。これをヘラで引っ掛けて取り外します

スマホ バッテリー交換
バッテリーコネクタを外した後は、念の為にコネクタ部をテープで覆いました
(万一の短絡防止のためですが、ここまでしなくても良いと思います。マニュアルにも書かれていない部分です)

ヘラを使って、バッテリー固定用両面テープの端をこじって引き出し、左右に切り分けたのち、指でつまんで引き出します
付属しているプラスチック製のヘラを使っても良いですが、ここでは竹製の割り箸を削って作った自作のヘラで作業しています(適度にしなって使いやすいため)

スマホ バッテリー交換
両面テープの端を、摘む程度まで引き出すことができました

恐らくここが最も難しい(もしくは失敗に繋がりやすい)ポイントだと思います

白い両面テープをしっかり指で摘めるところまで引き出す部分は、慎重に作業したいところです
力任せに引っ張ると切れてしますし、幅いっぱいにつまめない場合もあります。
わたしの場合、両端は繋がっているものの、両面テープの中央に穴が空いた状態で、ようやく摘むことができました。そのままテープを切らないように、ゆっくりと引き出してはつまみ直し、テープ全体を掴むことができるまでは気が抜けません

一旦テープをしっかり摘むことができれば、後はそれほど難しくありません(テープが変質・固着している場合などはこの限りではありません)

テープを引っ張るとテープが伸び、伸び切った部分は粘着力が失われて、徐々に引き出されてきます(3Mのコマンドタブと似たような機能を持った両面テープです)

スマホ バッテリー交換
付属のマニュアルでは、底部方向に引っ張って外すとありましたが、ある程度引き出されたら、画像のように側面に回して引っ張ったほうが楽に引き出せます

テープを引っ張る角度は、もう少し底部よりの方が外れやすいと思います

弱い力で引っ張りながら、テープを引く方向をいろいろと変えて試してみると、最も引き出しやすい角度が実感できると思います(実際にやってみて下さい。やれば判ります)

スマホ バッテリー交換
左側のテープを外すことができました

右側に残ったテープも、同じように、つまんで引っ張って外します

スマホ バッテリー交換
左右2本の両面テープが外れたら、バッテリーを取り外すことができます

ここまでくれば一安心です
後は、新しいバッテリーに両面テープを貼り付け、分解と逆の手順で組み上げていくだけです

スマホ バッテリー交換
新旧バッテリーの比較です

右側が、スマホから取り外したアップル純正バッテリー
左側が、これから取り付ける新しい互換バッテリーです

、要トリミング
スマホ バッテリー交換
こちらは、新旧バッテリーの裏面です
交換用の互換バッテリーだけあって、縦横、厚みなどは、同じサイズのようです


スマホ バッテリー交換
こちらは、取り外した部品です

外した部品を順番に置いておくための、番号付きマグネットーシートが付属していますので、これに順序よく並べて置いておきます
まさに、至れり尽くせりですね

1番と2番が、底面固定用ネジ(星型x2本)
3番が、ホームボタンコネクタカバー
4番と5番が、バッテリコネクタ保護プレートの固定ネジ(プラスx2本)
Aが、バッテリコネクタ保護プレートです

6~16番とB~Dは、今回使用しません(ディスプレイ全体を取り外さずに、貝のように半分開いた状態で作業可能なため、取り外すネジやコネクタ類が少ない数で済んでいます)

シートの上の白い紐状のものは、取り外したバッテリー固定用両面テープです

マグネットシートの上に各パーツを置いているため、磁力のおかげでパーツが勝手に転がっていくようなことはありません
とはいえ、それほど強い固定力でもありませんので、万一の事を考慮し、(画像のように)お皿の上にシートを乗せています

スマホ バッテリー交換
両面テープの保護シートを片方外し、両面テープをバッテリーに貼り付けます

スマホ バッテリー交換
反対側の保護シートも取り外し、バッテリーをスマホの筐体に収め、優しく押して密着・固定させます(上の画像の状態です)

その後、バッテリーコネクタを押し込んで接続し、コネクタ保護プレートを取り付けます
スマホ バッテリー交換
ホームボタンケーブルを取り付けて、コネクタカバーをはめ込みます
スマホ バッテリー交換
底部の星型ネジを2本締め込めば、バッテリー交換作業は終了です
スマホ バッテリー交換
電源を入れてみたところ、無事に再起動することができました

基本的にはネジによる固定と、スナップ状のコネクタの脱着、後はコマンドタブ状の両面テープの取り外しだけで、はんだ付けなどの作業は不要ですので、極端に難易度が高いものではありません

ただ、細かい作業になりますので、老眼が進んでいる方は、近距離に焦点を合わせた老眼鏡、もしくはルーペなどが必要となるでしょう

スマホ バッテリー交換
こちらは、今回の作業で唯一失敗したポイントです

両面テープの保護フィルムを剥がす際、フィルムの裏側がテープに貼り付いてしまいました

スマホ バッテリー交換

こうなってしまうと、どうにもなりません。無理に剥がそうとしてもテープが伸びるだけで、剥がれて欲しい方のフィルムは剥がれてくれません

ここまでくると、両面テープ本来の機能が失われ、再利用ができなくなります

幸いなことに、今回使用したDIGIFORCEのバッテリー交換キットには、両面テープが2セット入っていましたので、この失敗したテープは廃棄し、予備のテープを利用することで事なきを得ました(助かりました!)

スマホ バッテリー交換
こちらは、失敗して使えなくなったテープを引っ張ってみたところです

画像のように、びよ~んと伸びるのです

縮んでいる状態だと、かなり強力な粘着固定力を持つのですが、引っ張って伸ばすと、きれいに剥がれてくれるという面白い特性を持っています

バッテリー交換前後の比較

ログデータを取得

互換バッテリーの選び方

信頼できる互換バッテリーを選ぶポイントは、下記の3点です
  1. バッテリー容量の大きな製品は避ける

  2. 交換マニュアルが付属しており、なおかつ分かりやすい

  3. ブランド・会社自体が信用に足るか確認する

※ 作業用工具を所持していない人の場合は、付属工具がどれだけ充実しており、なおかつ低品質でないということもポイントとなります

バッテリー容量の大きな製品は避ける

通常、バッテリー容量は大きい方が望ましいものです
にも関わらず、なぜバッテリー容量の大きな製品は避けた方が良いのでしょうか?

改めて解説してみましょう

まず、スマートフォンに使われているバッテリーは、リチウムイオンバッテリーです(Li-ion電池)
細かく分けるとリチウムイオンバッテリーにもさまざまな種類があるのですが、スマホの場合は正極にコバルト酸リチウムを使用したコバルト系のタイプになります(形状はラミネート型)

これはバッテリーサイズが同じであれば、(よほどの技術革新がない限り)原則として容量もほぼ同じになります

ですので、同一スマホの交換用バッテリーであれば、バッテリー容量も同じであることが普通なのです

ですがここで、バッテリー容量を大きくする裏技があります

一つは、安全面を軽視することです
具体的に言うと、保護回路のプロテクションを緩く設計し、過充電設定電圧をほんの少し引き上げてやるだけで、相対的にたくさんの電気を蓄えることが可能になります

ただこれは例えで言うと、充分膨らんだ風船に対し、さらに息を吹き込むようなもので、危険極まりなく、発火や爆発の可能性も高まるため、消費者の安全を犠牲にしていると言わざるを得ません

安全性と充電可能回数(サイクル寿命)を高めようとすると、どうしてもバッテリー容量を(余裕を持って)低めに設定せざるを得ません
純正バッテリーの方が互換バッテリーよりも容量が低く設定されているのは、こういった安全性重視の姿勢で設計されているからです

逆に、やたらとバッテリー容量の大きな製品は、「安全性が低く、製品寿命も短い」と考えて間違いありません
また、もっと酷い場合は、単なる虚偽表示の場合もあります

交換マニュアルが付属しており、なおかつ分かりやすい

バッテリーに交換マニュアルが付属しており、手順が分かりやすく解説されているというのは重要なポイントです

バッテリー自体はまっとうな製品であったとしても、ユーザー側で交換作業ができなければ意味がありません

また、誤った作業でスマホ自体を破損してしまっては、元も子もありません

マニュアルの優劣は、製品を購入して実際に読んでみなければわかりませんが、下記にポイントを挙げておきます

交換手順マニュアルのポイント
  1. 日本人が文章を書いており、機械翻訳でないか(文意が明瞭か)
  2. 多数の画像を使い、各作業を細かく分けて、説明しているか
  3. 失敗しやすいポイントの明示、失敗した場合の対処の説明があるか
1番の「日本人が書いた文章」は非常に重要です。他国語で書かれたものを機械翻訳した文章は、意味が取れずに作業不能となる場合があります
日本語ネイティブの方が文章を作成(もしくは翻訳)したものであれば、(個々人の技量によって優劣はありますが、)おおよそは大丈夫と言ってよいでしょう

2番については、どこまで細かく説明しているかと言っても良いでしょう
一つの作業につき、一つの画像を付与して説明していれば、おおよそ合格点です

3番について具体的に挙げてみましょう。
DIGIFORCEのマニュアルでは、両面テープを剥がしている最中に、途中で切れてしまった場合の解説があります
具体的には、「ディスプレイを本体から分離し、ヘラを使ってバッテリーを剥がし取る」という手順です
このような、「よくある失敗パターン」の対処まで記載があるようでしたら、充実したマニュアルといえるでしょう

スマホのバッテリー交換作業に習熟しており、独力で作業が可能な方の場合は、この限りではありません

が、「誰にでもわかりやすいマニュアルを作る」というのは、手間と費用と経験が必要であり、決して簡単な作業ではありません

「きちんとしたマニュアルが付属しており、交換手順が誰にでも分かる」ということは、それだけで一定の評価に値します

会社の信用度を(簡単に)確認する

以下の4ポイントを確認すれば、信用に足る業者かどうか一定の判断をすることが可能です

ポイント1:公式サイトが存在する

ポイント2:会社の所在が国内に確認できる

ポイント3:きちんと事務所がある(マンションの一室ではない)

ポイント4:日本語が通じる、日本語が不自然でない

ポイント5:まともな企業・会社組織として、不自然な点はないか
それでは、今回わたしが使用した『DIGIFORCE』を対象として、この4ポイントを確認してみましょう

ポイント1:公式サイトの存在
DIGIFORCE 会社概要

ポイント2:会社の所在
上記の会社概要を見ると、「奈良県奈良市富雄元町2丁目7-25 SSKビル205号」とあり、国内に事務所の存在が確認できます

ポイント3:きちんと事務所がある(マンションの一室ではない)
上記住所を確認したところ、SSKビルは8階建てのマンションで、3~8階が住居用、1~2階は事務所用のスペースであることが判りました。Googleストリートビューで見ると判ります

住居用の階に事務所を構えている場合、少し不信感を抱くところですが、事務所スペースに会社所在地がありますので、この点もクリアです

ポイント4:日本語が不自然でないか?
この点も問題ありません(クリアです)
酷いメーカーになると、明らかに日本語がおかしい状態のままで、amazonで販売していたりします
『言葉としておかしい』ということすら気づかない(わからない)メーカーは、最初から避けた方が無難です
製品に問題なければ良いですが、不良品に当たった場合など、交換や補償等で言葉が通じなくて要領を得ず、困ったことになる場合があります

ポイント5:まともな企業・会社組織として、不自然な点はないか
わたしが見たところ、この点にはいくつかあります

会社概要の役員のところが「リーダーズ」という表記となっており、4名の表記があり、それぞれCEO、COO、CSO、CMOとなっている
わざわざ横文字使わなくても良いだろうにと思う。自分を必要以上に大きく見せたい場合にこの様な手法がよく使われる

会社の代表電話番号と、カスタマーサポートに表示されている電話番号が同じ(取引先と顧客との電話を分離していない。それほどの規模でしかない)

主な取引銀行が「関西みらい銀行トミオ支店」となっており、地銀(地方銀行)である

『奈良県公安委員会 第641160000742号』という表記があるが、これが何の番号かの表示がない
古物商許可証番号であることは、分かる人にはわかるものだが、

日本語が不自然でおかしい例:「IBESTWIN」

バッテリーは電流を四つ方向にわけるなデザインを採用しての電流を有効に使用する上に安全性も保つします。
出品者としては弊社の商品は各お客様の生活に良い体験をもたらすことが望みます。

またはご使用中は何の不明問題がございましたら…

これは本当にそう書かれています。日本人であれば、逆にこのような文章を作ること自体が難しいです

IBESTWINは、公式サイト無し、会社の所在、国内事務所の存在も確認できず、と、全項目でクリアできていません
対応機種は「苹果手机」になっている有様です。苹果手机とはiPhoneのことですが、これではどのiPhoneに対応可能かすら判りません


https://www.amazon.co.jp/dp/B08GX76VXK/

保証内容を確認する

万一不良品に当たった場合、どのような基準で無償交換が可能か、きちんと記載がある製品を選ぶことは重要です

工業品である以上、不良品ゼロはありえません。それはメーカー側もよく理解しています。
この件については、消費者側の理解が不足していることの方が多いです

仮に不良率0.1%であった場合、1万個販売すると10件の不良が発生します(不具合・製品不良は必ず起こり得るのです)

この万一の不具合が発生した場合、製造販売側としてどう対処するかを明記していることが重要なポイントです

整理すると、下記2点が重要になります
  1. 不具合発生時は、どのような対応(補償)がなされるか?
  2. 『不具合』の認定要件を明確にしているか?
この2点を、商品販売ページに記載していないメーカー(業者)は、正直購入を見送るべきです


月寅次郎のDIYページに戻る