月寅次郎のサイト

PCケースを開ける

最終更新日: 作者:月寅次郎

PCケース 開ける
PCケース(筐体)の開け方手順について解説します

メモリ増設やSSDへの換装、CPU交換やヒートシンクの清掃など、さまざまな作業でPCケースを開けることがあります

個人的に何度もPCケースを開けていますが、たまに「あれ、どのボルトを緩めるんだっけ?」となることがあるので、備忘録としてここに記載します

作業対象となるパソコン

デスクトップパソコン
今回の作業対象となるPC(デスクトップパソコン)
「Lenovo 76981JJ」です

そこそこ古いマシンでCPUはCore i3-550ですし、メモリも4Gしか積んでいないのですが、HDDをSSDに換装してあるため、サクサク動いて快適です

PCケースを開ける

PC パネル
CPUクーラーの交換作業、開始です

画像の中央左寄りの開口部(パンチングメタルになっている部分)が、このパソコンの給気口です
ここにCPUにファンが設置されており、ファンの下にあるCPUヒートシンクへ向けて、空気を送っています

PCケース 開ける
背面のネジを3箇所取り外します(画像白丸で囲んだネジ)

他にもネジは多数ありますが、側面パネルを固定しているネジを外すだけで充分です

PCケース 開ける
取っ手に指をかけて手前にスライドさせると、側面パネルを取り外せます

PCケース 開ける
側面パネルが外れました

メモリーの増設やHDDをSSDに交換するなど、大抵の場合はこの側面パネルを外すだけで作業可能です

PC マザーボード
今回は、CPUクーラーを交換するため、CPUクーラーとヒートシンク取り外しました

良い機会なので、マザーボード(基盤)に付いていたホコリも、軽くブローして清掃しています

組み立てと作動テスト

PCケース 開ける
組み立てる際は、分解時と逆の手順で組み立てていきます

CPUクーラー
パソコンを起動してみました

CPUクーラー(電動ファン)が回転し、送風が作動していることを目視で物理的に確認します

CPU 温度
「HWmonitor」を使用して、パソコンの状態をチェックしてみましょう

HWmonitorのダウンロード はこちら

CPU温度(※1)、CPUコア温度、SSD温度、CPUクーラー回転数、すべて正常な範囲内で安定稼働しています

※1:CPU温度について
ここで表示されている「CPU温度」は、(このパソコンの場合)CPUクーラー吸気口の温度センサーで計測された温度が表示されています
そういう意味では、「CPU温度」というよりも、「吸気温度」というべきでしょう
実際この項目には、室温とほとんど変わらない温度が表示されており、CPUに負荷を連続してかけても、数度ほどしか上昇しません
吸気温度の高低によって、CPUの冷却能力に大きな差異が出ます。そういう意味では「吸気温度(室温)」も重要な要素となり得ます

実際のCPUが何度なのかについては、CPUコア温度で見るべきです
画像では「intel Core i3 550」の項目の、「Temperatures」の2つの温度です(コア毎にそれぞれの温度が表示されています)

吸気温度とCPUコア温度の差が極端に大きくなく、ファンの回転数も充分に低ければ、ヒートシンクによる放熱がしっかりなされていると判断することができます

逆に、ファン回転数が高くなっているにもかかわらず、吸気温度とCPU温度の乖離が大きいようであれば、放熱が妨げられていることを疑う必要があり、ホコリ等が詰まっていないか確認して、清掃等を行ないます

パソコンに関連する、他のページ

CPUクーラーの交換
CPUクーラーを交換するついでに、ヒートシンク清掃・CPUグリス塗り直しを実施したところ、超静音パソコンに仕上がりました

CPUグリスの塗り直し
粘性の落ちた古いCPUグリスの再利用は禁忌です。きれいに除去して新しいグリスを使いましょう。グリスの介在影響を極力少なくするのがポイントです(厚塗りしない)

椅子(チェア)のガスシリンダー交換方法
これまでネットで紹介された方法では、なかなか抜けません。その理由は?

DIYのページに戻る