月寅次郎のサイト

カリオストロ城のモデルは、サン・レーオでもリヒテンシュタイン城でもない(ではどこか?)

最終更新日: 作者:月寅次郎

カリオストロ城 モデル

ルパン三世カリオストロの城のモデルはどこ?(ページ3)

カリオストロ城のモデルに関して、ネット情報の殆どは「ガセ(嘘)」です
サン・レーオであるとか、リヒテンシュタイン城であるといった説は、完全に間違いです このページを読めば解ります

では、「ルパン三世 カリオストロの城」の城のモデルは、どこなのでしょうか?
それは、スイス・モントルー郊外にある、シヨン城に他なりません
「シヨン城モデル説」を唱えているのは、わたしこと月寅次郎だけのようですが、実際に城を訪れた経験を踏まえ、そう断言します

なお、シヨン城モデル説の根拠については、1ページ目で解説しています 合わせてお読み下さい
実在する地下牢対岸のローマ遺跡湖上に建つ城サヴォイア様式の城の外観、など、現地に赴いて多方面から検証しています

このページの内容は、ガセ情報の検証と解説になります(3ページ目)

警告しておきます:YouTuberの皆さん、当サイトのコンテンツを換骨脱胎し、あたかも自分の知見のように語るのは止めてください
内容をパクってコピペ記事を作るのも、恥ずかしい行為です
オリジナル記事への尊重と配慮をお願いします
「シヨン城モデル説」に関しては、当ページが元祖ですので、(同様の言及をする場合は)リンクを貼った上で、引用を明確にするなどして下さい
コピペ記事が蔓延した例
パクリに対し、警告や実費請求した例


「カリオストロ城のモデルはシヨン城(仮説)」(3ページ目) 目次
  1. カリオストロ城のモデルは、サン・レーオ…ではない

  2. サン・レーオ説は、なぜ広まってしまったのか

  3. カリオストロ城のモデルは、モン・サン=ミシェル…でもない

  4. 2つに分けられる「リヒテンシュタイン城説」

  5. リヒテンシュタイン城説が生まれた経緯

  6. まとめ - カリオストロ城のモデルは?


カリオストロ城のモデルは、サン・レーオ…ではない

サン・レーオの風景
「Fortress of San Leo(サン・レーオ砦)」 画像はWiki日本版より引用

サン・レーオは、イタリアにある砦ですが、そもそもの造りが「城」ではなく「要塞型」であるため、カリオストロ城とは外観の様式が全く異なります

画像右上の小高い岩山の頂上にあるのがサン・レーオ砦なのですが、見て判る通り、屋根の傾斜が極端に緩く、天守の四方に張り出した尖塔もありません
また、地理的に見ても、周囲には湖も、雪をかぶった高山もありません

カリオストロ城とは、似ている要素が全く見当たらないのです
これをして、カリオストロ城のモデルとするのは、どうかしてるとしか言いようがありません

サン・レーオ説は、なぜ広まってしまったのか?

サン・レーオ砦には、18世紀終盤にアレッサンドロ・ディ・カリオストロという詐欺師が投獄されていた史実があります
このカリオストロなる人物は、本名ジュゼッペ・バルサーモというのですが、稀代の詐欺師として当時世間を騒がせ、悪い意味で名を馳せてしまったため、この人名を借りてさまざまなフィクションが生まれました

モーリス・ルブラン著「アルセーヌ・ルパン」シリーズの一遍、1924年発表の「カリオストロ伯爵夫人」も、その一つです
映画「ルパン三世 カリオストロの城」のカリオストロ伯爵や、ヒロインであるクラリスの名前は、この作品の登場人物から取られています

つまり、映画に登場した「カリオストロ伯爵」の名前の由来をたどっていくと、最終的にはアレッサンドロ・ディ・カリオストロという実在した詐欺師に行き当たるのです
とはいえこれは、あくまでも人名の由来に他なりません

詐欺師カリオストロは、確かにイタリアのサン・レーオに幽閉されてはいましたが、言ってしまうとただそれだけであり、「サン・レーオ砦」と映画の「カリオストロ城」の間には、何の関連性も無いのです

そもそも、映画「カリオストロの城」においては、カリオストロ伯爵は城主であり、幽閉する側の敵役です
間違っても幽閉される方ではありません

このように、史実も含めて事実を紐解いていくと、サン・レーオ砦がカリオストロ城のモデルではないことは明白で、短絡的な勘違いによって生まれたガセ情報であることが判ります

しかしながら、日本版Wikipediaの「ルパン三世 カリオストロの城」のページ(「補足・その他」の項目)には、カリオストロ城のモデルはサン・レーオであると、堂々と記載されているのです
それだけでなく、サン・レーオのページにも同様の記載が見られます

これらの文章を鵜呑みにする人が後を絶たず、わたしのように明確な否定派もあまり現れなかったことから、結果としてサン・レーオ説が広まってしまったようです
当ページの影響力が大きければ、これらの記載はそのうち削除されるかもしれませんが、2021年の時点では、いまだ修正されていません(上記リンク先を参照)

ちなみに、根拠となる出典のソースリンクを辿ってみても、該当ページが削除されており、確認することができません
ソースページのタイトルは「死ぬまでに行きたい世界の名城」となっており、旅行会社がツアー企画の宣伝にでも使いそうなコンテンツとなっています

少なくとも、アニメ雑誌による「監督インタビュー」や、「製作こぼれ話」からのソースではありません。まったくもって信憑性に乏しいものがあります

他のサン・レーオ説を唱えているネット上のページも、根拠を明らかにしておらず、ウィキページをそのまま鵜呑みにして書いているようです
「嘘を嘘と見抜けないようでは(インターネットを使うのは)難しい」というのは、蓋し名言ですが、見抜けなかった方が多いようで悲しくもあります

カリオストロ城のモデルは、モン・サン=ミシェル…でもない

L'Abbaye du Mont-Saint-Michel, vue du ciel.JPG
Mont Saint-Michel 画像はWikiより引用

モン・サン・ミシェルはフランスの修道院で、世界遺産にも登録されており、世界的に有名です

干潟の岩山の上に建物が存在するため、外観イメージからカリオストロ城を連想させるものがあり、「見た目が似ているから」という理由で、カリオストロ城のモデルとして推挙するページが多いようです

しかしながら、似ている点はそれだけしかありません
逆によく見てみると、似つかない点も数多くあることが判ります

まず、カリオストロ城は「海上の城」ではなく、「湖上の城」であるということ
さらに、モン・サン・ミッシェルはドーバー海峡の南方、フランス国土の大西洋上に位置するため、映画に見られるような、ドイツやイタリア文化の影響も乏しいものがあります
東ゴート帝国の勢力圏外でもあり、地理的にも考えにくいです

また、海抜0メートルに位置するため標高が低く、映画のような牧草地のある高山地域とは、まったく趣が異なります

建物様式から見ても、ゴシック調のモン・サンミシェルはカリオストロ城との共通点が薄く、修道院であるがゆえに、中世西洋城に必須の「張り出し櫓」や、クロスボウ用の「十字射眼」、「出し狭間」などの戦闘・防御構造が無く、建築物としては全くタイプが異なることが判ります

そもそもモン・サン=ミシェルは城ではないのですから、無理もありません
これをしてカリオストロ城のモデルと主張するのは、稚拙と言うより他ありません

2つに分けられる「リヒテンシュタイン城説」

リヒテンシュタイン(城)説は、主に2つに分けられます

1.リヒテンシュタイン公国の城主の城である、ファドゥーツ城だというものと、
2.ドイツのリヒテンシュタイン城であるという説です

まずは、それぞれの城の外観から確認してみましょう
リヒテンシュタイン公国にある、ファドゥーツ城がこちらです

Liechtenstein Schloss Vaduz.jpg
Vaduz Castle: the landmark of Vaduz, the capital of Liechtenstein 画像はWikipediaより引用

外観を見る限り、カリオストロ城とは似ても似つきません
「カリオストロ城のモデルはファドゥーツ城」を信じて現地に行かれた方は、さぞがっかりされたことでしょう

次に、ドイツにあるリヒテンシュタイン城を見てみましょう

Schloss Lichtenstein 04-2010.jpg
Lichtenstein Castle in Baden-Wurttemberg, Germany 画像は英語版Wikiより引用

こちらは崖の上の見晴らしの良い場所に建ってはいますが、「湖上の城」というわけでもなく、城の様式もゴシック調が感じられます

同じ城でも、防衛型城塞というよりは、貴族の居住用という要素の強い建築物です

観光に訪れるには良いかもしれませんが、これをもってカリオストロ城のモデルとするのは、いろいろと無理があることが判ります

地理的なロケーション、城としての建築様式、歴史的な背景など、様々な観点から調べてみても、これら2つの城からは、どこにもカリオストロ城に似た要素を見つけることができません
何を持ってモデルの根拠としているのか、こちらが逆に尋ねたいくらいです

リヒテンシュタイン城説が生まれた経緯

なぜこのようなガセ情報が生まれてしまったのか、改めて解説してみましょう

映画では、「カリオストロ公国は人口3500、世界最小の国連加盟国」というルパンのセリフがあり、そこから似たようなヨーロッパの小国である「リヒテンシュタイン公国」が連想・想起され、「カリオストロ公国のモデルは、リヒテンシュタイン公国」とする説が生まれました

この段階では、「公国のモデルは、どこ?」という、国の推測であったはずなのですが、話を読み飛ばして「カリオストロ城のモデルは、リヒテンシュタインの城」と早合点する人が続出し、結果として、リヒテンシュタイン公国に存在する「ファドゥーツ城」をそれだと解釈する人が現れました
ファドゥーツ城は、リヒテンシュタイン家のファドゥーツ伯爵の居城であり、リヒテンシュタイン公国で有名な城の筆頭に挙げられます

ここでさらに話をややこしくしたのが、別の場所(ドイツ)に「リヒテンシュタイン城」なるお城が存在したということです

整理しますと…
1.「カリオストロ公国のモデルは、リヒテンシュタイン公国」 という国の話が、どこかで…
2.「カリオストロ城のモデルは、リヒテンシュタイン公国の城」 と、城の話になり変わり、さらに…
3.「カリオストロ城のモデルは、『リヒテンシュタイン城』」 と、なってしまいました

リヒテンシュタイン公国にある城」と、「リヒテンシュタイン城」では、全く別の建築物を指すことになるのですが、これを混同した人がいたため、2通りの解釈が生まれてしまったのです

つまるところ、勘違いと早合点によって、伝言ゲームさながらに文意が変わり、2つのガセ情報が生まれてしまいました

このように「ファドゥーツ城説」も「リヒテンシュタイン城説」も、どちらも根拠のない勘違いによるものです
城のロケーションや様式、文化的背景など、カリオストロ城との共通点を見つける方が難しいくらいです

ちなみにリヒテンシュタイン公国の人口は、約38000人であり、世界でも指折りの小国となっています
さらには、モナコの人口は約39000、パラオが18000人、ツバルは11600人、バチカンが800人となっており、現実にカリオストロ公国が存在するとすれば、バチカンの次に人口の少ない「世界で2番目に人口の少ない国」になります

ツイートボタン

まとめ - カリオストロ城のモデルは?

改めて整理してみましょう

カリオストロ城のモデルについて、4つの説を検証して参りましたが、どれも信憑性に乏しいものでした
イタリアのサン・レーオ砦、フランスのモン・サン・ミシェル、リヒテンシュタイン公国のファドゥーツ城、ドイツのリヒテンシュタイン城、どれも根拠に乏しいガセ情報(もしくは単なる勘違い)と言わざるを得ません

外観や地理的なロケーション、文化的歴史的背景などを鑑みるに、スイスのシヨン城がカリオストロ城のモデルに最も近いと言えるでしょう

カリオストロ城のモデルはシヨン城であるという根拠は、1ページ目で説明しましたので、当ページからアクセスされた方は、1ページ目にお目通し頂ければと思います(地下牢やローマ遺跡についても言及しています)

2ページ目に戻る