関孫六15000ST - おすすめ包丁ランキング・関孫六プレミア限定


第3位は、最高価格の「関孫六15000ST」がランキング

関孫六15000STは、標準小売価格が16,200円となっており、プレミアシリーズの中では最も高価な包丁です

コンポジット接合に、何のメリットが?

15000STは、コンポジット接合のブレードが目を引きますが、割り込みや三枚合わせと比較して、特段のメリットが有るというわけでなく、どちらかというと「技術のひけらかし」的な感も、無きにしもあらずです (貝印さんゴメンナサイ)

プレミアシリーズの中ではフラッグシップ的な位置づけの製品ですので、このような、他の包丁メーカーには簡単に真似のできない特殊技術を使用して、差別化をはかる必要があったのかもしれません

鋼材はコバルトスペシャルで申し分なし、VG10とは一味違う

鋼材には、武生特殊鋼材の秘蔵っ子である「コバルトスペシャル」が奢られています
V金10号がすっかりメジャーになってしまい、その影に隠れているコバルトスペシャルではありますが、コバルトスペシャルの方がグレードが高く、ステンレス系最高級鋼材です (次点はVG10)

この鋼材は、他の包丁メーカーでもあまり採用されておらず、とても希少な存在ではありますが、非常に良い刃が付きます
丁寧に研ぎ上げた時の切れ味は、炭素鋼を彷彿させるものがあり、高く評価することができます
また、むやみに硬度を追求した鋼材でなく、(研ぐことも含めて)実際に使い手のことをよく考えられた、バランスの良い硬度に仕上げられています

他メーカーですので一律な比較はできませんが、藤次郎のVG10と比較すると「かくも違うか!」という感じです
あくまでも砥石でピンピンに研ぎ上げ、性能を最大限に発揮させた時の話です。そもそも包丁をあまり研がない場合、また、簡易シャープナーなどで一時的な刃付けを行った場合は、包丁が高かろうが安かろうが、「切れ味はすべて同じ」と言って良いですし、研がずに使い続ければ、どんな高価な包丁でも「なまくら」になります

個人的には、コバルトスペシャルを使用して、2万円以下に抑えているというだけで高く評価したいところですが、同一鋼材採用で、より低価格の「関孫六10000CL」がありますので、相対的に低く評価せざるを得ません
また、「ハガネの切れ味」を持っている10000CCと比較すると、どちらを高く評価すべきか悩むところですが、価格差で比べると、こちらの方が約1.5倍となっており、コスパで考えると10000CCを押さざるを得ません

結論:関孫六15000STは、お勧めできる良い包丁(だがちょっと高い)

このような理由で、関孫六15000STは3位にランキングです

これまで、5位のダマスカスと4位の10000STについては、さんざんな言いようで、「お勧めできない」とまで言いましたが、15000STについては、充分おすすめすることができます
ただ、少々「お値段が高め」なだけなのです

尻金付きの逆三角形グリップは、好みが分かれるところかもしれませんが、高級感もあって、いい包丁です

▲ 前ページ:第4位:関孫六10000ST(オールステンレス)

▼ 次ページ:第2位:関孫六10000CC(炭素鋼のハイブリッドブレード)



「おすすめ包丁ランキング」に戻る

「包丁・ナイフ・刃物 」の目次に戻る