関孫六10000CL - おすすめ包丁ランキング・関孫六プレミア限定


第1位は、高コスパの「関孫六10000CL」がランキング

ランキング1位は、「関孫六10000CL」となりました

まずはこれまでのランキングを振り返ってみましょう
ダマスカス は、包丁の本質よりも外観を重視しており、はなから除外で最下位
オールステンレスの10000ST は、家庭用としてはいささか疑問が残りますので4位
切れ味は優れているものの、コスパ的にイマイチな 150000ST は3位
切れ味最強なものの、炭素鋼ということもあり、使う人を選ぶだろうという理由で、 10000CC が2位となりました

高級包丁の中では、高いコストパフォーマンスを誇る

最終的に残ったのは10000CLです。関孫六プレミアシリーズの中では、広く万人におすすめできる高い価値を持った包丁です
切刃鋼材を考えると、コストパフォーマンスが高く、見た目もスタイリッシュで、穴が見当たりません
口金とグリップの形状も、実によく考えられており、グリップ全体を握っても、前の方を握っても、どちらも適正な握り心地になるように作られています

ヘンケルスに代表される西洋の包丁は、グリップ中央が太くなっているものが多く、柄の中央を握った状態に最適化されているため、前の方を握ろうとすると、最も膨らんだ部分が小指の位置にきてしまい、いささか汎用性に欠けるきらいがあります

ハンドル材は、白木にニスを塗っただけのようにも見えますが、実は積層強化木となっており、継ぎ目が口金部分のみであることも相まって、高い耐久性と美しい美観を有しています


炭素鋼に迫る切れ味を、ステンレス系鋼材で出している

鋼材は、15000STと同様に、コバルトスペシャルを採用しており、炭素鋼を彷彿とさせる切れ味を実現しています。一方で価格は低く抑えられており、関孫六プレミアムシリーズの中では、最もコスパが高いと言って良いでしょう

このコバルトスペシャルという鋼材ですが、高番手の砥石を使って精緻な刃付けに仕上げても、刃のかかりが良好なところは、炭素鋼の刃物を思わせるできの良さです
「切れ味を考えると炭素鋼(ハガネ)を使いたいけど、錆びやすいから我慢してステンレスの包丁を使っている」という方には、この包丁を試して欲しいものです

砥石へのかかりも良いので、研ぎにくいステンレス鋼材に辟易した経験をお持ちの方でも、問題なく刃付け可能です。研いだ感触も炭素鋼と似通っており、パリッとした良質のカエリが出ます

硬度もいい塩梅で、高品質な炭素鋼と同程度の硬度が出ています。あまり硬度を追い求めると、硬すぎて研ぎにくく、また、靱性が低くなるので刃欠けが出やすいですが、10000CLは、申し分のない絶妙の硬度設定になっています

硬度至上主義の方は、(関孫六ではありませんが)ツヴィリングのツインセルマックスでも買っておきましょう。鋼材はZDP-189ですので、刃欠けした場合の修正が大変でしょうが、金属製の包丁としては最高クラスの硬度が出ています(価格も非常に高価です)

さらに硬い包丁がお好みであれば、京セラのセラミック包丁もよいでしょう
ここまでくると、普通の砥石では研ぐことすらできません。硬すぎて、不用意に衝撃を加えると、折れてしまうくらいの硬度です

硬度を高くすればその分靱性が悪くなり、ポッキリ逝ってしまう可能性も高くなります
また、刃付けや刃の修正など、研ぐのに時間と手間がかかるようになります。趣味としては面白いですが、そんなことを楽しめるのは刃物マニアぐらいのものです。実用性を考えると疑問を抱かざるを得ません
そう、包丁は、硬ければ良いというものではないのです。


関孫六10000CLは、個人的に愛用している包丁の一つです、実際の使用感については、「関孫六10000CLを使ってみた」にて詳しく解説していますので、合わせてご覧ください

▼ 次ページ:包丁の選び方(砥石で研ぐ場合と簡易シャープナーで研ぐ場合)

▲ 前ページ:第2位:関孫六10000CC(炭素鋼のハイブリッドブレード)



「おすすめ包丁ランキング」に戻る

「包丁・ナイフ・刃物 」の目次に戻る