月寅次郎のサイト

ミニルーター - PROXXON(プロクソン)

最終更新日: 作者:月寅次郎

プロクソンのミニルーターは、DIYカスタムに便利です

ミニルーター

プロクソンのミニルーターは、月寅次郎のナイフ・包丁のカスタムにおいて、無くてはならない道具の一つです

仕事としてナイフ製作に携わる場合は、据付型のグラインダーベルトサンダーボール盤など、各種の大型基材が必要になりますが、個人DIYレベルであれば、このミニルーターを活用することで、作業の幅が広がり、切削、研磨の効率も上がります

このページでは、ミニルーターの使用事例を紹介し、実際にどのように使っているかを紹介したいと思います

なぜ、プロクソンなのか?

個人的には、プロクソンというメーカーにさほどこだわりがあるわけではありまえん
正直言うと、(使ったことはありませんが)リョービマキタのミニルーターも遜色ないレベルに達していると思います(充分使えます)

なぜプロクソンを使っているかと言うと、そこには2つ理由があり、まず…
ミニルーターといえば、プロクソン」という定評があるから、そしてさらに
製品の外装色が上品で、ダサくない」だからです

プロクソンの製品は、深緑色とマスタードカラーを組み合わせた、特徴的なツートンカラーとなっており、電動工具としては珍しく品のある外装色となっています

「No.28400」はトルクがあってタフです

PROXXON
ミニルーター
No.28400
50W/550g

No.28525
35W/260g

No.26800
15W/160g
わたしが使っているのは、「No.28400」というモデルです
消費電力50Wの、強力タイプのミニルーターという位置づけです

購入したのは2005年あたりだと思いますので、かなり長いこと使っていますが、一度も不具合やトラブルも無く使えています
(左の画像の商品です、実売価格が表示されない場合は広告ブロッカーをOFFにしてみてください)

● ミニルーターの選び方

消費電力が少ないとその分モーターサイズが小さくなり、トルクも弱くなってしまいます(重量は軽くなります)

個人的には、この頑丈でトルクフルな「No.28400」が好きですが、ガラス彫刻など、パワー(トルク)がそれほど必要なく、軽さが優先される場合はMo.28525(35W/260g)、もしくは更に軽量なNo.26800(15W/160g)でも良いかとは思います

ただはっきり言ってしまうと、重量があって消費電力の大きなモデルの方が、余裕を持って作られているので、耐久性があって壊れにくいです

どちらか迷った場合は、トルクが豊富でパワー的にも余裕のある、消費電力の大きなモデルを選ぶと良いと思います

そちらの方が、使用可能なドリルチャック径の幅も広がります。また、定格使用時間は各モデルとも15分に設定されており、基本的に同じです

660ccの軽自動車よりも、排気量の大きな乗用車の方がパワーやトルクが豊富で、急坂や高速道路でも安定して走ることができますが、それと同じことです
トルクに余裕があると、研磨する際に強い力で押し付けても、回転スピードが微動だにしません(トルクが低いと、速度が落ちたり止まったりします)

ミニルータ(プロクソン)の使用事例

プロクソンのミニルーターを、月寅次郎がどのように使っているかの紹介です

画像をタップすると、該当するDIY作業のページにジャンプします
他の画像も同様ですが、ページが重複するものについてはリンクを貼っていないものもあります

古い包丁の修理(錆取り・研磨)

ミニルーター
回転砥石で赤錆をゴリゴリと磨き落としている様子

ミニルーター
ディスク型サンドペーパーのアタッチメントを取り付け、包丁の柄を形状を整えているところ

ミソノ製牛刀のカスタム

ミニルーター
回転砥石で包丁の口金形状を修正している様子

ミニルーター
ゴム砥石を使い、前段階で付いた傷目を細かくしているところ

ミニルーター
グラインダーが噛み込んだ跡を、回転砥石で修正・修復している様子

オピネルナイフの鏡面仕上げ

ミニルーター
オピネルナイフのブレードを鏡面仕上げにする工程で、プロクソンのミニルーターを使用した様子です
ここでは赤棒を使用しています

このブレードは一枚ものの炭素鋼ですので、側面も刃物鋼の硬度が出ており、手作業ではらちが明かないため、電動工具を持ち出す羽目になりました(最初から使用すべきだったと思います)

炭素鋼はステンレスのような耐食性がありませんので、孔食(黒いピンホール状の錆で生じた穴)も深く入っており、ミニルーターが無しで、手作業のみできれいに仕上げることのはかなり無理がありました

ミニルーター
この赤棒だと、この程度の目の粗さに仕上がります
若干波模様が付いていますが、「電動工具あるある」です
(「手磨き」だと、こうなりません)

回転する物体は、重量バランスの偏りによって振動が発生します
振動による「ぶれ」で、ワークへの当たり具合が変わり、波模様が出る場合があります
電動工具特有の、難しいところです

ミニルーター
白棒に変更し、さらに目を細く

ミニルーター
青棒でここまで仕上げました
このあと、更に「手磨き」することで、美しい光沢を引き出します

同様の作業は、藤次郎のペティナイフでも行っています
こちらは、焼入れした炭素鋼ではなく、硬度よりも耐食性を重視したステンレス材が側面に使われていますので、硬度的にも磨きやすい素材でした
硬度が高くない分、研磨粒子が深く食い込むことは、考慮する必要があります

藤次郎製ペティナイフの鏡面仕上げ

ミニルーター
赤棒で研磨します
周囲に飛び散っているのは、バフの屑です

ミニルーター
白棒にバトンタッチ

ミニルーター
青棒でさらに仕上げます

電動工具でここまでの状態に仕上げておけば、この後の手磨きの作業も、圧倒的に楽になります
すべてを手磨きでやろうとすると、時間も労力もかかります

和包丁の鏡面仕上げ

ミニルーター
これは、和包丁のアゴの内側、カーブした部分です

一般的な包丁は、この部分の仕上げが適当で、グラインダーをかけた跡が盛大に残っています

伝統工芸職人の手作業を標榜する、手打ち鍛造の和包丁でも、この部分をきれいに仕上げているのは、ほとんど見かけません

逆に言うと、このアゴの内側を丁寧に仕上げるのは、わたしのカスタムのポイントの一つでもあります

手作業のみで仕上げるのは大変なので、いつもミニルーターで8割方まで仕上げ、残り2割程度を手磨きで整えています

ミニルーター以外に必要なのは、ドリル

このように、ミニルーターにさまざまなアタッチメントを取り付けることで、かなりの作業をこなすことが可能です

逆に言うと、それ以外の作業は手作業で行うことがほとんどです

どうしても無いと困るのは、ハンドドリルくらいでしょうか?

予算と作業スペースに余裕が有る方は、穴の垂直度が確実に出せるボール盤が良いと思います
わたしの場合はそこまでの必要性を感じないので、ハンドドリルでこなしています

ドリル
真鍮のL型金具を削って外径を細くし、オピネルナイフの「ピン」を自作しているところ
包丁をカスタムするため、カシメピンにドリルで穴を開け、ハンドルを取り外している様子

ドリル


おすすめの包丁(外観より切れ味重視でランキング)

家庭用のおすすめ包丁(安い価格で、最良の切れ味を)

ダマスカス包丁について(本当におすすめ?)

包丁のトップページ に戻る