月寅次郎のサイト

ブルーマジック - Blue Magic

最終更新日: 作者:月寅次郎

ブルーマジック メタルポリッシュクリーム

ブルーマジック

このページでは・・・、
ブルーマジックの使い方、研磨剤の粒度(番手)、成分、販売店(買える店)、使い方などの基本情報から、
塗装面には使えるのか、最適な布の選び方、「コンパウンド鳴き」、ガセ情報の真偽(研磨剤なしは本当か?)、鏡面仕上げの実例など、専門的でマニアックな見地まで、幅広く解説します

ツイートボタン

 ブルーマジック - 目次

  1. ブルーマジックの基本 (ページ1)

  2. 番手・粒度・成分 (ページ2)

  3. 使用例と感想(鏡面仕上) (ページ3)

  4. 使い方上級編 (ページ4)

  5. 車のボディ磨き (ページ5)

  6. 家庭での使用 (ページ6)
使い方に関しては、基本編と上級編に分けていますが、初心者の方でも「ウエスの選択」と「コンパウンド鳴き」は、ご一読をおすすめします

ブルーマジックとは

ここで言う「ブルーマジック(Blue Magic)」とは、金属パーツの研磨・艶出しに使用する「ブルーマジック メタルポリッシュクリーム」の事です
(以下「ブルーマジック」と略)

ブルーマジックは、金属全般の研磨、艶出しに有効です
ラベルには、「クローム(クロムメッキのこと)、アルミニウム、マグネシウムホイールに」と書かれていますが、それ以外にもステンレスや炭素鋼(ハガネ)など、広く金属表面の研磨に使用可能です
金属以外の使用の可否については、塗装面はOKか?、及び、使用NGパーツの項目をご覧ください

最近では「シンクを磨くとピカピカになる」と話題になりましたが、元々は自動車の金属パーツやトラックのメッキホイールを磨くための「カーケミカル用品」です

ライバル商品としては、海外製品ではマザーズの「マグ&アルミポリッシュ」、国内製品では「ピカール」や、ワコーズの「メタルコンパウンド」などが挙げられます

ブルーマジック」という商品名で、「卵の上に座っても割れない!」というクッションがありますが、あれとは無関係です(ハニカム構造+ゲル素材の青い座布団)

他にもソウルR&Bグループ歯科用切削器具ビール醸造所など、世の中にはさまざまな「ブルーマジック」がありますが、最も歴史があり、名が通っているのは、金属磨き用の「ブルーマジック メタルポリッシュクリーム」になります(1967年から販売されており、この分野では草分け的な商品になります)

ブルーマジックの基本的な使い方

ブルーマジック
ブルーマジックの基本的な使い方
  1. 使う前に、一度よく撹拌します
  2. 柔らかいウエス(布)に、ブルーマジックを適量付け、磨きます
  3. 必要に応じて布を交換し、ブルーマジックを塗布しなおして研磨します
  4. 磨き終わったら、布を新しいものに交換し、きれいに拭き上げて完了です

ブルーマジックの分離と撹拌

ブルーマジックは、静状態で長時間保管しておくと、比重の違いによって自然に分離します(下の画像の状態)
撹拌(練り込み)をすると、上の画像のように、粘度の高いエマルジョンのような均質の液体に戻ります

ブルーマジック(分離した状態)
上の画像は分離した状態です(撹拌が必要)
しっかり撹拌することで、研磨粒子が均一に分散し直します

液体コンパウンド製品は、「使用前によく振って下さい」と注意書きがありますが、あれと同じ事です
ブルーマジックは、やや柔らかめの「半練り」製品ですが、だからといって研磨粒子が下に沈まないとは限りません。底の方までよくかき混ぜてから使用することを推奨します


分離したからといって成分が劣化しているとか、そういうことはありません。混ぜれば元の状態に戻ります
分離していなければ、混ぜずにそのまま使っても構いません

ブルーマジックの塗布量

付け過ぎは、よくありません

磨いている際に、ヌルヌル滑る感じがするようでしたら、明らかに「付けすぎ」です
付けすぎると、研磨粒子がウエスに馴染んでくるまで磨けません
研磨粒子が布の上で動いている状態では、ワークに全く食い込まず、研磨にならないのです

加減が判らない場合は、「最初はごく少量」から試してみて下さい
明らかに少なすぎる」と思われるくらいの量から初めてみて、そこから徐々に、ブルーマジックを付ける量を増やしていきます

ある一定量を超えると、「ヌルヌルして磨けてない。付けすぎだ」というのが感覚で判ります
その一連の流れの中で、最適な塗布量の幅が、経験から判ってきます

「少なすぎ」と「付けすぎ」の2つの状態を、意図的に体感することで、無駄にならずに磨きやすい、ベストな塗布量が分かってきます

ブルーマジックをウエスに取り、ウエス上で広げてから使うのが基本です

ワーク(研磨対象)にブルーマジックを直接付け、布で塗り広げようとすると、布の一箇所にブルーマジックが「どちゃっ」と付きがちで、あまりおすすめできません
(局所的に「付けすぎ」となり、ウエスへの馴染みが悪いというのもありますが、磨きムラにつながる場合もあります)
どのような「布」を選ぶかについては、コンパウンドに最適なウエス の項目をご覧ください

磨き終わりをどう判断するか

「磨き終わり」をどう判断するかですが、目視で判りにくい場合は、耳で判断します

コンパウンド鳴きを、一つの判断基準すると良いでしょう
キュッキュッと鳴るようになったら、平滑度がかなり上がっている証拠です

ブルーマジックはどこで買える?

ブルーマジック
ブルーマジックは、amazon等の通販サイトで購入可能です

実店舗で購入する場合は、オートバックスなどの自動車用品店で販売されています
(どちらかというと、マニアックな商品です。自動車用品店なら、どこでも確実に取り扱っているというわけではありません)
また、実店舗の場合は、店頭在庫があるかどうかは、個別に確認するしかありません

工具専門店の「ストレート」や「アストロプロダクツ」などでも取り扱われており、店舗に行けば置いてあることが多いです(自動車用品店よりも置いてある可能性が高いです)

一方、ホームセンター等ではあまり取り扱いがありません

※ 補足 「ストレート」というのは、ブルーマジックの販売会社の一つです
(通販サイトによっては、なぜか商品名が「ストレート」となっている場合がありますが、あれは単なる入力ミスです)

なお、ブルーマジックのことを、ストレートの製品であるかのように説明しているサイトもありますが、これは完全に間違いです
(ストレート社が独自にブルーマジックを製造しているわけではありません。輸入元でも代理店でもありません。数ある販売会社の一つでしかありません)

使用上の注意

気化成分の吸引と、乳幼児の誤飲に注意!

気化した成分は、なるだけ吸い込まないようにしましょう(アンモニアが含有されています。決してよい臭いではありません、はっきり言って臭いです)
屋内で作業する場合は、気化した成分が室内にこもりがちです。換気に配慮して作業しましょう

注意喚起表示として、
CAUTION! READ SIDE PANEL. HARMFUL OR FATAL IF SWALLOWED. と、ラベル下部に書かれています

日本語にすると、
「注意! 説明書きを読みましょう。誤飲すると致命的に有害です。」となります
保管する際は、子供の手の届かないところに置きましょう

※ ブルーマジックは臭気が強いですが、ニオイが強烈なおかげで、子供の誤飲防止につながっている部分もあります
シャバシャバした極細目の液体コンパウンドは、ツンとくる溶剤系の匂いが殆どしないものもあります(ウィルソンの超微粒子などは、このタイプです)
これはこれで、気をつけたいところです

サンドペーパーの選び方 については、左記のページをご覧ください
有名どころのNCA(ノリタケ)、三共理化学、コバックス等について解説しています

当ページの内容には、わたしが長年ブルーマジックを使用して得た情報が、多数含まれています
キュレーションサイトのライターの皆様、当ページの内容を換骨奪胎してページを作らないでください
最近安易に内容をパクる人が多いので、先に釘を刺しておきます。YouTuberや個人ブロガーの皆様も同様です

某ゲーム系ユーチューバーの方には警告を行いました。パクリに対して使用料を請求し、費用を回収した実例

当サイトの人気ページ

包丁おすすめ おすすめの包丁 (外観より切れ味重視でランキング)
関孫六プレミアシリーズの包丁を、包丁マニア目線でおすすめ順にランキングしてみました

外観よりも切れ味重視でランキングしたために、包丁販売業者が推す「おすすめ包丁」とは、真逆のランキングになっています


ダマスカス包丁 ダマスカス包丁について(本当におすすめ?)
ダマスカスは、人気で売れ筋の包丁ですが、本当にそれだけの価値があるのでしょうか?
見栄えがするためメディアなどでもよく取り上げられますが、あれは側面に装飾用鋼材をあしらっただけの包丁です
「切刃にVG10を使った三枚合わせの包丁と、一緒じゃないか!(しかも高い)」と言いたくなってしまいましたので、ダマスカス包丁の真実を暴くことにいたしました

登山用ナイフのおすすめは?(日帰り、テント泊、アルパイン)
登山用のナイフについて、まじめに考えてみました
日本一周の旅で使用したのは、ビクトリノックスのソルジャーでした(10ヶ月半連続使用)、アメリカ横断時はBackのミニナイフ(約2ヶ月半)、その後オピネルNo.10を使うようになり、登山やキャンプに最適のナイフを探すようになりました
現在登山時に携行しているナイフは、カーショーAce1710です。オートルートや大雪山、後立山縦走などで使用しましたが、25gの軽さは重量軽減に貢献しています
このページでは、Ace1710以外で「私ならこれを買う」というナイフを挙げてみました
総テント宿泊回数600回超の経験を踏まえて選びました。見た目やインスタ映えよりも、用途毎に合った実用性と価格を重視しています(本当に山が好きな方は参考にしてみてください)

次のページ
ブルーマジック(ページ2) に進む