月寅次郎のサイト

ブルーマジック - 使った感想・鏡面仕上げ例

最終更新日: 作者:月寅次郎

ブルーマジックのインプレ、実際に使用した感想

ブルーマジックの研磨例(ペティナイフ)

このページでは・・・、
ブルーマジックを使用して仕上げた鏡面仕上げの実例や、使用した感想(レビュー)等を紹介します

 ブルーマジック - 目次

  1. ブルーマジックの基本 (ページ1)

  2. 番手・粒度・成分 (ページ2)

  3. 使用例と感想(鏡面仕上) (ページ3)

  4. 使い方上級編 (ページ4)

  5. 車のボディ磨き (ページ5)

  6. 家庭での使用 (ページ6)
ツイートボタン

ブルーマジックとは

ブルーマジック
550g

ここで言う「ブルーマジック(Blue Magic)」とは、金属パーツの研磨・艶出しに使用する「ブルーマジック メタルポリッシュクリーム」の事です
左の画像の商品です。表示されない場合は、広告ブロッカーをOFFにしてご覧ください

最近では「シンクを磨くとピカピカになる」と話題になりましたが、元々は自動車の金属パーツやトラックのメッキホイールを磨くための「カーケミカル用品」です

ライバル商品としては、海外製品ではマザーズの「マグ&アルミポリッシュ」、国内製品では「ピカール」や、ワコーズの「メタルコンパウンド」などが挙げられます

同一名称の商品で、「卵の上に座っても割れない!」というクッションがありますが、あれとは無関係です(ハニカム構造+ゲル素材の青い座布団)
他にもソウルR&Bグループ歯科用切削器具ビール醸造所など、さまざまな「ブルーマジック」がありますが、「元祖」と呼べるほどの歴史を持っているのは金属磨き用の「ブルーマジック メタルポリッシュクリーム」です(1967年から販売されており、この分野では草分け的な商品になります)

ブルーマジックを使用した感想

ブルーマジックの研磨例(ペティナイフ)

ピカール
金属磨き

3ミクロン
数多くの包丁やナイフを鏡面仕上げに加工しましたが、ブルーマジックは毎回必ず使用しています
もちろん、ブルーマジックを使う前段階で耐水ペーパーは使用しますし、最終工程ではウィルソンの超微粒子も併用しますが、これがないとさすがに困ります

研磨剤のキレが良いため、高硬度金属に対しても充分な切削力があります

ピカール金属磨き(3ミクロン)と比較すると、研磨粒子のサイズが少しだけ大きいので、その分切削効率が高い点も気に入っているポイントです
それほど大きな違いが出るわけではありませんが、傷取り力重視であればブルーマジック、そもそも下地に傷がない状態で、平滑度重視であればピカールかなと思います(あえて言うならです)

個人的には、後工程としてウィルソン超微粒子を併用することが多いですが、ブルーマジックをかけた時点で充分鏡面に仕上がっています

ウィルソンの超微粒子(濃色車用)は0.5ミクロンですので、微粒子すぎて研磨効率が低く、はっきり言ってしまうと肉眼ではあまり変化が感じ取れません(どちらかというと、ここまで粒度を挙げるのは、ただの自己満足に近いです)(あくまでも高硬度金属に施工した場合の話しです。自動車塗装面に対してはそれなりに有効に働きます)

同様の作業は、電動工具(ミニリューター)と青棒でも可能ですが、電動工具に慣れていないと、バフが暴れて波目の段々模様になったりすることがあります

その点ブルーマジックは、基本的に「手磨き」で磨きますので、回転工具特有の振動によるバフ目が付くこともなく、柔らかく繊細なタッチで磨き上げることができます
個人的には欠かせない道具の一つです

同じような金属研磨用の商品は、他社からも種々出ていますが、価格に対する研磨剤の量を考えると、コストパフォーマンスが優秀だと思います(製品重量ではなく、研磨剤重量で考えなくてはなりません。液状の製品はシャバシャバしていますので、研磨剤重量比が20%前後であることが多く、製品重量で単純比較できません)

ブルーマジックで仕上げた鏡面の例

ブルーマジックを使って、実際に鏡面に仕上げた例を紹介したいと思います

のっけから夢を壊すようで申し訳ないですが、「ブルーマジックさえ使えば、誰がやってもこんなにきれいに仕上がる!」と、安易に捉えないで下さい

とはいえ、ブルーマジックを使用する前段階の、「下地出し」さえ完璧に仕上げていれば、このような鏡面を出すことは、そんなに難しくはありません(誰にでも可能です。難しいのは下地出しの方です)

鏡面仕上げの前段階の処理(下地出し)については、こちらのページが参考になります

● 参考ページ:コンパウンドで鏡面に仕上げる
ステンレス製の包丁を磨いたケースです

● 参考ページ:オピネルナイフの鏡面下地出し
ハガネのブレードを磨いたケースです(全鋼のため刃先と同程度の硬度があり、硬くて苦労しました)

ステンレス側面材を磨く

ブルーマジックで鏡面に仕上げたペティナイフ
こちらは、藤次郎のペティナイフを鏡面に仕上げた例です
刃の部分は、武生特殊鋼材株式会社のVG10、側面材はおそらくSUS410、もしくは同系のステンレス材と思われます

VG10の刃物用鋼材の部分は、それなりの硬度がありますが、側面材は耐蝕性重視のステンレスのため、それほど硬度が高いわけでもありません

大きく傷の入った状態からスタートしましたが、快適に切削・研磨し、最終的に鏡面に仕上げることができました

具体的な作業の全行程については、藤次郎のペティナイフを鏡面仕上げに(方法・手順) のページで解説しています
実際にブルーマジックを使用する工程については、上の画像をクリックすると表示されます

ステンレス系の刃物鋼材を磨く

ブルーマジックの研磨例
こちらも、同じステンレス刃物です(オピネルのフィレナイフ)、鋼材は「12C27」と思われます
「合わせ」や「割り込み」ではなく、一枚物の刃物です
側面材が使用されていないため、全体的にそこそこの硬度がありましたが、高い切削力を誇るブルーマジックのおかげで、きれいな映り込みを出すことができました

ブルーマジックで磨いたナイフ

こちらのフィレナイフは、作業解説ページは未作成ですが、完成画像はこちらのギャラリーページで見ることができます → オピネルフィレナイフのカスタム
鏡面に仕上がったカスタム後の状態と、作業前の使い古した傷だらけの状態の両方を掲載しています

焼入れした炭素鋼(ハガネ)を研磨する

ブルーマジックの研磨例(炭素鋼)
こちらは、炭素鋼のオピネルを鏡面仕上げにした例です

刀身すべてがハガネでできており、いうならば「本焼き」の刃物です
サビの貫入跡の除去に非常に手こずりましたが、硬度の高い鋼材であるため、一旦表面が仕上がると、非常にキレのある輝きを出すことができます
スレンレス系のやや黄色みがかった輝きとは異なり、まさに「白銀の輝き」といった塩梅です

この刃は、HRC硬度で60近い硬度が出ていると思います
このレベルの高度になると、溶融アルミナ(ホワイトアランダム)でないと切削効率が悪く、なかなか作業が進みません
実際、アルミニウムシリケートを使用したコンパウンドでは、ほとんど研磨できませんでした

ブルーマジックは、このような高硬度の鋼材に対しても、安定した研磨力を発揮しますので安心して使えます

具体的な作業の全行程の様子は、オピネル 鏡面仕上げのページで解説しています
実際にブルーマジックを使用する段階の作業工程については、上の画像をクリックすると表示されます
アルミニウムシリケートとの研磨比較画像なども合わせて掲載しています(研磨に使った紙にどれだけ金属粉が付着しているかで、おおよその研磨力が判ります)

和包丁の平を磨く

ブルーマジックで和包丁の平を磨く

こちらは和包丁(薄刃包丁)の平を磨く際に使用しています(画像は磨く前の状態)

ブルーマジックの研磨例(和包丁)
最終的には、このように美しく仕上がりました
(切刃の部分は砥石を当てていますので、鏡面ではありません)
薄刃の和包丁 カスタム全行程 はこちらで解説しています
ブルーマジックを使用する工程については、上の画像をクリックすると表示されます

他の刃物への使用例

ブルーマジックの研磨例(ペティナイフ)
当サイトには未掲載ですが、他にも多数の刃物に使用しています

これは、貝印のペティナイフ「関孫六 4000CL」です
どちらかというと安価な部類に入るペティナイフですが、刃が鋼(ハガネ)のため、切れ味が良く愛用しています
側面はステンレス材になっており、ハガネの切れ味と錆にくさが両立しているという、ありがたい刃物です
いわゆる理器材を使用した刃物で、炭素鋼複合材(クラッド材)に分類されます

アゴの内側にバリが出ていたので、それを取ろうと作業しているうちに、ついつい磨き込んでしまい、最終的に鏡面にしてしまいました

このペティナイフを使った感想などは、こちらのページで解説しています

ブルーマジックの研磨例(パーリングナイフ)
これはビクトリノックスのペティナイフを鏡面に仕上げた例です(研磨工程に関しては当サイト未掲載)

片面のみを鏡面にしています

このナイフは、薄く細身で、鋼材の硬度も中程度です
価格も安価ですが実に使い勝手が良く、家庭のキッチンで実際に役立つ一押しナイフです

このナイフを使った感想、活用の仕方などはこちらのページで解説しています

サンドペーパーの選び方 については、左記のページをご覧ください
有名どころのNCA(ノリタケ)、三共理化学、コバックス等について解説しています

当サイトの人気ページ

包丁おすすめ おすすめの包丁 (外観より切れ味重視でランキング)
関孫六プレミアシリーズの包丁を、包丁マニア目線でおすすめ順にランキングしてみました

外観よりも切れ味重視でランキングしたために、包丁販売業者が推す「おすすめ包丁」とは、真逆のランキングになっています


ダマスカス包丁 ダマスカス包丁について(本当におすすめ?)
ダマスカスは、人気で売れ筋の包丁ですが、本当にそれだけの価値があるのでしょうか?
見栄えがするためメディアなどでもよく取り上げられますが、あれは側面に装飾用鋼材をあしらっただけの包丁です
「切刃にVG10を使った三枚合わせの包丁と、一緒じゃないか!(しかも高い)」と言いたくなってしまいましたので、ダマスカス包丁の真実を暴くことにいたしました

登山用ナイフのおすすめは?(日帰り、テント泊、アルパイン)
登山用のナイフについて、まじめに考えてみました
日本一周の旅で使用したのは、ビクトリノックスのソルジャーでした(10ヶ月半連続使用)、アメリカ横断時はBackのミニナイフ(約2ヶ月半)、その後オピネルNo.10を使うようになり、登山やキャンプに最適のナイフを探すようになりました
現在登山時に携行しているナイフは、カーショーAce1710です。オートルートや大雪山、後立山縦走などで使用しましたが、25gの軽さは重量軽減に貢献しています
このページでは、Ace1710以外で「私ならこれを買う」というナイフを挙げてみました
総テント宿泊回数600回超の経験を踏まえて選びました。見た目やインスタ映えよりも、用途毎に合った実用性と価格を重視しています(本当に山が好きな方は参考にしてみてください)

次のページ
ブルーマジック(ページ4) に進む