月寅次郎のサイト

口金の鏡面仕上げ - 木屋 牛刀 DIYカスタム詳細

最終更新日: 作者:月寅次郎

口金の形を整え、鏡面に仕上げる

包丁 口金 鏡面仕上げ
この包丁の、口金のカスタムポイントは…
  • 製造時に付いた細かな傷を削り落とす
  • 角を落として指当たりを良くし、凹面をフラット化
  • 丁寧に研磨して鏡面仕上げに
 …の3点です

今回は、サンドペーパーの番手を上げる工程の、詳細画像を撮影しました
耐水ペーパーの番手を徐々に上げることにより、金属表面の平滑度が上がり、鏡面となる様子がよく分かる思います
鏡面仕上げに興味のある方は、ぜひご覧ください

● 参考ページ:関孫六 10000CLのカスタム
(この包丁は口金の形状は変更せずに、鏡面に近い状態に仕上げました)

入手時の状態

包丁 口金
初期状態(右側)

角の部分にグラインダーが当たった傷が見て取れます
口金表面にも筋状の傷が目立ちます

包丁 口金
初期状態(左側)

こちら側は大きなキズはありませんが、「22 1」という刻印が入っています
一体口金のため、よくある「逆アール付きの凹面」になっています

この部分は、滑らかなアールを付け直して、指あたりを良くしたいところです

ミニルーターで大まかに切削、整形

包丁 傷取り
プロクソンのミニルーターに軸付き回転砥石を装着し、大まかに形状を整えます

数字の刻印も、削り取りました
ゴリゴリと削ったおかげで、当たり傷も盛大に付きました

包丁 口金 カスタム
アタッチメントを当たりの柔らかい「ゴム砥石」に変更し、傷目を細かくしていきます

棒ヤスリで細かな形を整える

包丁 削る
棒ヤスリに持ち替えて、さらに細かく整形します

電動工具は、とにかく早く削りたい場合には良いですが、自分の思い描いた形に通りに削るのは、技術が必要です

棒ヤスリを使うことで、効率は落ちますが、左右均等でより整った形に揃えることができました

目標とする形状は、「凹面をフラットに整え、角を落として丸みを帯びた形状に」というものですが、おおよそそこまで持っていけたと思います

この後は、サンドペーパーを使って傷目を細かくし、鏡面まで持っていきます

サンドペーパーで段階的に研ぎ目を細かく、最期は鏡面へ

包丁 傷取り
#240番耐水ペーパーでの仕上げ

今回は、棒ヤスリの研ぎ傷の深さを考慮し、240番からスタートすることにしました
どの番手からスタートするかは、磨く対象の状態次第です

研ぎ傷の目が、いくらか細かくなりました

この段階で深い傷を見逃すと、後でやり直しになってしまいます
研ぐ角度を変更して研ぎ直し、前段階の研ぎ傷が取れているのをよく確認し、次の番手に進みます

包丁 傷取り
#400番耐水ペーパーで仕上げた状態です

ギラギラしていた研ぎ目が薄くなり、かなり傷が薄くなってきました

包丁 研磨
#800耐水ペーパーで仕上げた状態です

磨く面積が比較的小さめのため、比較的短い時間で次の番手に進むことができています

繰り返しになりますが、研ぐ方向を変えて繰り返し研ぐことと、ライティングを工夫して光に反射させ、研ぎ目の状態を確認しながら作業をすすめる事は重要です

包丁 研磨
#1500番耐水ペーパーで仕上げた状態です

金属の光沢感が、徐々に出てきました
なかなかいい感じです

この調子で行けば、かなりきれいに仕上がりそうです

包丁 鏡面
#2000番耐水ペーパーで仕上げた状態です

ペーパーと金属硬度の相性が良かったのでしょう
2000番まで上げたところで、かなり鏡面に近い状態まで持っていくことができました

包丁 鏡面仕上げ
#3000番サンドペーパーで仕上げた状態です

ここまで行くと、「ほぼ鏡面」と言って良いでしょう
すでに充分きれいな状態ですが、この後ブルーマジックで細かな磨きキズを取って、鏡面仕上げの完成となりました

普段は、3000番のサンドペーパーはあまり使っていません
3000番になると、乾式のサンドペーパーになるため、水研ぎができず、目が詰まりやすいからです

そのため、2000番まで耐水ペーパーを使い、その後はホルツのラビングコンパウンドで磨き、さらにブルーマジックで鏡面に仕上げることが多いです

漆の塗装面など、研磨対象が柔らかい場合は、さらにウィルソンの超微粒子を使って、ダメ押しをすることも多いです

完成時の状態

包丁 カスタム 口金
口金を鏡面に仕上げた後は、漆を塗布して仕上げました
(上の画像の金色に光っている部分が、漆のかかっている部分です)

ハンドルの板材と口金をまとめて塗装することで、板材と口金の隙間が完全に埋まり、水分の侵入を完全に遮断することができました

指あたりも滑らかになり、流麗な美しい仕上げとなっています

「売り物」としてこのようなカスタムを施すと、価格が跳ね上がって採算が取れなくなるため、個人によるDIYカスタムでなければできない、贅沢なカスタムです

鏡面仕上げのポイント

磨く方向を変える、光に反射させて研ぎ傷の状態を確認する

まず、サンドペーパーで縦方向に研磨し、縦に研ぎ目を付けます

次に、同じ番手で横研ぎに変更し、縦の傷が取れ、横向きの研ぎ傷が揃うまで研磨します

この工程を何度か繰り返し、要所要所で光にかざしながら確認すると、この番手の粗さより深い傷が残っているかどうかが判ります

深い傷をすべて磨き落とし、「使っている番手の研ぎ目」しか付かなくなったら、次の番手に上げることができます

次の番手に上げる前は、研磨粒子の角が丸まってヘロヘロになったペーパーを使い、優しく優しく研ぎ上げます
同じ番手のペーパーでも、切れの良い新品の状態と、使い込んでヘロヘロになったペーパーとでは、食い込みの鋭さが全く違います
番手を上げる直前は、切れ込まない「へたったペーパー」を使うと、上の番手が繋がりやすくなります

同じ番手でも、三段階に分けて研磨する

何も考えずに力を込め、ザクザク・ゴリゴリと磨くだけでは、きれいな鏡面に仕上がりにくく、どこかの段階で深い研ぎ傷が残りやすいものです

同じ1500番手のペーパーであったとしても
1.前の番手(ここでは800番)の傷を消す段階 2.1500番の研ぎ目を均一に付け、確実な「1500番の研ぎ目」に仕上げる 3.次の番手(ここでは2000番)に繋げるため、1500番で引き出せる最も細かい目に仕上げてフィニッシュする
・・・というように3段階に分け、今の「磨き」は、1~3のどの段階の処理に相当するのかを意識しながら作業に当たることが重要です

簡単に言うと、「前段階の砥ぎ目を確実に取り去り、次の番手に進む」というだけなのですが、曇りのない美しい鏡面に仕上げられるかどうかは、結局のところ、どこまで細かく繊細に作業できるかにかかっています
(経験が少なくて自信のない場合は、番手を上げる際に大きく飛ばさずに、番手を小さく上げていけば、比較的失敗しにくくなります)

サンドペーパーの番手を、完全には信用しない

サンドペーパーの番手は、あくまでも「おおよその平均値」でしかありません

ミクロン単位で完全に同じ粒径で揃っていることはまずありません
ある程度のばらつきがあり、「一定の範囲内で、ばらつきがあまり出ないように揃えている」という感じです

安物や100均など、低品質サンドペーパーは特に注意が必要です
このページに登場している耐水ペーパーは、モモタロウの製品です
「ケレン」に使うは良いですが、研磨に使う場合には、より品質の確かなものを使用したほうが良いでしょう

以前モモタロウのサンドペーパーを大量書いしたため、まだ余っているので仕方なく使っていますが、キレが今一つで、紙との密着度や紙の柔軟さも今ひとつです
たまに「なんでこんな大きめの傷が入る?」といったようなこともあります
そのため、ペーパーを最初に使う際は、ゴリゴリ当てずに圧を柔らかくかけ、ある程度ペーパーがこなれてから圧をかけて研磨するようにしています

サンドペーパーの選び方 については、左記のページをご覧ください
有名どころのNCR(ノリタケ)、三共理化学、コバックス等について解説しています

次の番手に移る目安


次の番手に移るのは、見極めが重要なポイントですが、ここは「何分磨いたら次のステップへ進む」というようなものではありません

次の番手に上げて良いか否かは、「磨いた時間」ではなく、自分の目で研ぎ目を確認して判断する必要があります
ネット上には「2時間磨いたら鏡面にできる!」といった安易な記事が溢れていますが、ああいういい加減な記事はすべて無視した方が懸命です
あれは、「わたしは、何も判っていません」と自ら白状しているようなもので、いわば、アクセスを集めることが目的の『釣り記事』です

作業対象の硬度と、初期状態の傷の深さ如何で、作業時間は大幅に変わるものです
1時間で終わるものもあれば、20時間磨いても終わらない場合もあるのです

カスタム作業、工程毎の解説ページ一覧


日本橋木屋の牛刀 DIYカスタム

日本橋木屋の牛刀 包丁の解説


おすすめの包丁(外観より切れ味重視でランキング)

家庭用のおすすめ包丁(安い価格で、最良の切れ味を)

ダマスカス包丁について(本当におすすめ?)

包丁のトップページ に戻る